浜木綿子の若い頃は宝塚!デビューからの出演映画ドラマ舞台を画像で!


長らく、火曜サスペンスなどの2時間ドラマで主演を務め、お茶の間で人気を博した、浜木綿子(はま ゆうこ)さんですが、実は、若い頃は宝塚歌劇団の娘役トップスターでした。今回は、そんな浜さんの、デビューからの出演作品を画像を交えてご紹介します。

Sponsored Link

年齢は?出身は?身長は?血液型は?本名は?芸名の由来は?

浜さんは、1935年10月31日生まれ、
東京市目黒区緑が丘のご出身、

身長157センチ、

血液型はB型、

学歴は、
大阪府豊中市梅花中学校・高等学校
⇒宝塚音楽学校

本名は、「香川阿都子(かがわ あつこ)」で、愛称は「アツコ」

ちなみに、芸名の由来は、植物の「浜木綿(ハマユウ)」から取られたそうです。(中華料理店「浜木綿」とは無関係)


浜木綿(ハマユウ)

宝塚歌劇団娘役トップスター

浜さんは、1953年に、「宝塚歌劇団」に入団されると(40期生)、「恋人よ我に帰れ」「青い珊瑚礁」などで人気を博し、娘役トップスターとして活躍。


宝塚時代の浜さん。

その後、入団7年目の時、劇作家の菊田一夫さんに、

東宝の舞台に出て欲しい

と、スカウトされると、

当初は、まだ、宝塚をやめたくない気持ちがあり、迷われるも、最終的には、菊田さんの熱心なスカウトに根負けされ、

1959年「がしんたれ」
1960年「がめつい奴」

と、菊田さん原作の舞台に、異例の外部出演。翌年の1961年には、宝塚歌劇団を退団されたのでした。


浜さんと菊田一夫さん。

2時間ドラマの女王

以降、浜さんは、舞台女優として活躍されると、

1962年には、早くも、舞台「悲しき道具」「文化庁芸術祭奨励賞」

1973年にも、舞台「湯葉」「ゴールデン・アロー賞演劇部門賞」ほか、数々の賞を受賞され、女優としての地位を確立されています。

また、その一方で、浜さんは、テレビドラマでも活躍され、特に、1980年代から2000年代前半には、「女保険調査員」シリーズ、「女監察医・室生亜季子」シリーズ、「おふくろ」シリーズなどの2時間ドラマで、主演を務め、お茶の間の人気者となられました。


「監察医 室生亜季子 ~瀬戸内竹原殺人行~」より。(左から)岩本多代さん、浜さん、田村亮さん。

出演作品(映画)

それでは、ここで、浜さんの主な出演作品をご紹介しましょう。

映画では、

1957年「美貌の都」
1967年「ゴー!ゴー!若大将」
1968年「社長繁盛記」
     「続・社長繁盛記」
1970年「遊侠列伝」
1971年「新座頭市・破れ!唐人剣」
1972年「博奕打ち外伝」
     「子連れ狼 死に風に向う乳母車」


「美貌の都」より。浜さんと司葉子さん。


「ゴー!ゴー!若大将」より。浜さん(左)と星由里子さん(右)。

1973年「まむしの兄弟 刑務所暮し四年半」t>
     「スプーン一杯の幸せ」
1976年「喜劇 百点満点」
1977年「トラック野郎・男一匹桃次郎」
1979年「悪魔が来りて笛を吹く」
1980年「五番町夕霧楼」


「五番町夕霧楼」より。

出演作品(テレビドラマ)

テレビドラマでは、

1965年 NHK大河ドラマ「太閤記」
     「炎の青春」
1969年「鞍馬天狗」
     「鬼平犯科帳」
1970年「大坂城の女」
     「芝櫻」
1972年「赤ひげ」
1973年「ぶらり信兵衛 道場破り」
     「唖侍鬼一法眼」


「唖侍鬼一法眼」より。

1974年「破れ傘刀舟 悪人狩り 」
     「座頭市物語」
     「伝七捕物帳」
1975年「夢二慕情」
1976年「ベルサイユのトラック姐ちゃん」
1977年「桃太郎侍」
     「新・座頭市」
     「たんぽぽ 第4シリーズ」
     「家族」
     「横溝正史シリーズ『獄門島』」


夢二慕情より。竹脇無我さんと浜さん。

1978年「横溝正史シリーズ『迷路荘の惨劇』」
     「吉宗評判記 暴れん坊将軍」
1979年「高木彬光シリーズ 白昼の死角」
     「日本巌窟王」
     「半七捕物帳」
     「欽ちゃんドラマ・Oh!階段家族!!」
     「かあさんの鈴」
     「女たちの忠臣蔵」


「日本巌窟王」より。


「かあさんの鈴」より。山本學さんと浜さん。

1980年「水戸黄門 第10部」
     「おふくろの青春」
     「松本清張の駆ける男」
1981年「松本清張の強き蟻」
1983年「母も娘も」
     「火曜サスペンス劇場『偽りの未亡人』」
     「女たちの大坂城」
1984年「火曜サスペンス劇場『行きずりの殺意』」


「偽りの未亡人」より。

1985年「おふくろシリーズ」
     「火曜サスペンス劇場『面影は共犯者』」
     「火曜サスペンス劇場『悪魔が忍び込む』」
1986年「火曜サスペンス劇場『妻の疑惑』」
     「火曜サスペンス劇場『女監察医・室生亜季子シリーズ』」
     「火曜サスペンス劇場『空白の実験室』」
1988年「結婚する手続き」
1989年「㊙女保険調査員2」
1989年~2004年「土曜ワイド劇場『女調査員・おでん屋“ぽんた”探偵局』」
2001年「月曜ミステリー劇場『かあさん保護司 神崎アイの熱血事件簿』」
2004年「旅情サスペンス 殺意の川~尼寺説法殺人事件」


「火曜サスペンス劇場『女監察医・室生亜季子シリーズ』」より。


「殺意の川~尼寺説法殺人事件」より。(左から)浜さん、高橋ひとみさん、菅井きんさん、羽田実加さん。

Sponsored Link

出演作品(舞台)

舞台では、

1961年「放浪記」
1966年「風と共に去りぬ 第1部」
1967年「風と共に去りぬ 第2部《完結篇》」
     「屋根の上のヴァイオリン弾き」
1968年「風と共に去りぬ 総集篇」
     「忠臣蔵」
     「明治太平記」
     「丼池」
     「売らいでか!亭主売ります」


「放浪記」より。浜さん(左)と森光子さん(右)。

1969年「ラ・マンチャの男 ドン・キホーテの物語」
1970年「哀愁」
1972年「浮かれ式部」
     「歌麿」
1979年「下関くじら屋」
1980年「かえる屋 越中富山の萬金丹」
1984年「御宿かわせ」
     「花の吉原つき馬屋」

1988年「陽暉楼」
1989年、2000年、2013年「人生は、ガタゴト列車に乗って…」
1990年「雪の華─忠臣蔵いのちの刻─」
1996年「芝櫻」
     「真室川の女」
1998年「ねぶたの女」
1999年「あばれ女将」
     「八木節の女 上州かかあ天下物語」
2001年「花のれん」


「ねぶたの女」

2002年「からくりお楽」
2003年「口八丁手八丁!」
2004年「極楽町一丁目 〜嫁姑地獄篇〜」
     「喝采〜愛のボレロ」
2005年「大吉夢家族 恋はいつでもサンバのリズムで!」
2006年「ご存知!夢芝居一座─大笑い! さくら&まこと劇団 奮闘記─」
2007年「肝っ玉姐さん奮闘記」
2010年「女将の花道」
2016年「極楽町一丁目 -嫁姑千年戦争-」


「女将の花道」

ほか、数多くの作品に出演されています。

「浜木綿子の旦那は?離婚後は息子の香川照之のせいで恋人と破局!」に続く

Sponsored Link

関連記事

サブコンテンツ

このページの先頭へ