マイケル・ジャクソン!Badが大ヒット!We Are The Worldの作詞作曲も!


1985年「We Are The World」、1987年「Bad」、1991年「Black Or White」など、次々と全世界でメガヒットを飛ばし、「キング・オブ・ポップ」と呼ばれるようになった、マイケル・ジャクソンさん。これらの成功で、1988年には、遊園地、動物園、ゲームセンター、レコーディング・スタジオなどの複合施設「ネバーランド」を建築するなど、マイケルさんの人気は絶頂期を迎えます。


「~スリラーがメガヒット~ムーンウォークが大ブーム
~ジャクソンズを脱退~」
の続き

Sponsored Link

「We Are The World」で豪華アーティストが集結

こうして、「ジャクソンズ」を脱退されたマイケルさんですが、
翌年の1985年1月には、ライオネル・リッチーさんとともに、
アフリカの飢餓救済のためのチャリティソング、
「We Are The World」の作詞作曲を手がけられ、

お二人の呼びかけで、スティーヴィー・ワンダーさん、シンディ・ローパーさん、
ダイアナ・ロスさん、ビリー・ジョエルさん、ボブ・ディランさん、
ポール・サイモンさんなど、当時の豪華アーティスト45名が集結して、
レコーディングが行われています。

ほんと、いい曲ですね~
それに、豪華メンバーの持ち味が出せる構成になっているのも、
この曲の素晴らしいところですね。

ちなみに、この曲は、
2010年に起こったハイチ地震の時の、
チャリティソングとしても使われており、
今もなお、多くの人々に親しまれています。

「Bad」が大ヒット!

そして、マイケルさんは、1987年8月には、
アルバム「Bad」をリリース。

アルバム名と同名のこの曲は、
スタンフォード大学に進学予定だった、
貧困地区で育った黒人青年が、窃盗犯に間違えられて、
射殺された事件から着想を得て作られたもので、

この曲のPVでは、マイケルさんは、
黒人の貧民街で育ちながらも、将来の成功を夢見て、
勉強に励む青年を演じられているのですが、

自堕落的に生きる幼馴染たちから、
そのような態度をバカにされたり、裏切り者と罵られたり、
軽犯罪に誘われるなどの邪魔をされます。

しかし、マイケルさんは、そのように流されて生きるのは、
恥ずかしくかっこ悪いことで、大きな理想を持ち、
その実現に向けて努力することこそかっこいいと思われており、

幼馴染3人と口論になった時、

「Who’s bad?(俺とお前らとどちらがかっこいい?)」

と、詰め寄ります。

(「bad」は、「悪い」という意味ではなく、
 黒人のスラング「かっこいい」という意味で使われています。)

そして、最終的に、
マイケルさんの言いたいことを理解した、
幼馴染たちは負けを認めるのですが、

マイケルさんは、貧困から抜け出せず、
窃盗などの軽犯罪を起してしまう、
幼馴染たちのことも理解しているので、

口論に勝ったことに満足することはなく、
悲しい表情になるのでした。

マイケルさんの生き方とメッセージ性が、
色濃く表現されているこのアルバムは、

前作の「Thriller」は、
超えることができなかったものの、
大ヒットを記録。

1988年には、第33回「グラミー賞」4部門にノミネート、
さらに、最優秀録音賞を獲得されるなど、
作品としても高く評価されています。

ちなみに、日本では、
マイケルさんのアルバムで最大のヒットとなり、

マイケルさんは、同年9月、
初のワールド・ツアー「Bad World Tour」を、
日本から開始されています。

Sponsored Link

「Black Or White」「You Are Not Alone」で前人未到のヒット

その後、マイケルさんは、1991年10月、
アルバム「Dangerous」から先行して、
シングル「Black Or White」をリリースすると、

肌の色で差別し合うのはやめようという、
メッセージが多くの人々の支持を得て、
20カ国でチャート1位を獲得。

「Black Or White」

その後も、1995年6月に、
アルバム「HIStory」をリリースし、

同年8月、「You Are Not Alone」を、
シングルカットすると、

アメリカでは前人未到の、ポップス、R&Bともに、
初登場1位という快挙を成し遂げ、
特にR&Bチャートでは4週連続1位を記録。

「You Are Not Alone」

また、1997年5月にリリースした、
リミックスアルバム「Blood On The Dance Floor」は、

何の予告もなく発売されたにも関わらず、
全世界で600万枚を売り上げ、

リミックスアルバムとしては、
史上最高の売上を記録するなど、
前人未到のヒットを飛ばし続けたのでした。

しかし、1993年11月、
そんなマイケルさんに、少年への性的虐待疑惑が浮上。

マイケルさんは、
次第に窮地に追い込まれていきます。

「少年性的虐待裁判の結果は?THIS IS ITが最後の公演に?」に続く

Sponsored Link

関連記事

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ