永作博美は旦那とは不倫略奪婚だった?子どもは?


映画「八日目の蝉」では、不倫相手の子どもを誘拐して実子として育てるという衝撃的な役を演じられた、永作博美(ながさく ひろみ)さんですが、そんな永作さんのプライベートはどのようなものなのでしょうか。

「永作博美の週末婚ほか出演ドラマ映画cmは?写真集も!」

Sponsored Link

映像作家の内藤まろと結婚

永作さんは、2009年、38歳の時、CMや広告プランナーを手掛ける、映像作家の内藤まろさんと結婚されており、


内藤まろさん。

同年5月1日、

いつまで経っても足りないところばかりと、自身と奮闘を繰り返すうちに、気がつけば38年が過ぎていました。

そんな所、仕事を通じて知り合い、その後お互いを支え合うものを感じ、ここに至りました。

と、マスコミ各社に、自筆の封書で幸せいっぱいに結婚を発表されているのですが・・・


結婚式の様子。

不倫略奪婚だった?

お二人は、2005年、永作さんが、内藤さんの演出したCMへ出演したことがきっかけで知り合われると、その後、交際に発展、2007年には交際が報じられるのですが、

内藤さんには、当時、奥さんがいたそうで、2007年末に奥さんと離婚が成立すると、2008年には永作さんの自宅マンションに合鍵で出入りする内藤さんの姿が目撃されていることから、

この結婚は、不倫の末の略奪婚だったのでは、と言われているのです。(芸能関係者の間では、二人の不倫は有名だったとか)

また、永作さんも、結婚当時のインタビューで、

人は、突然人を好きになって、その好きはどうにもこうにも動かしようがない。だから“好き”という気持ちに素直になることは、すごく大事だと思ったんです。

と、「奥さんがいると知っても、あきらめられなかった」ともとれる発言をされているため、信憑性は高そうですね。

(ちなみに、内藤さんは、永作さんとは3度目の結婚(バツ2)とのことです。)

Sponsored Link

子どもは2度の流産を経て出産

さておき、永作さんは、同年11月には、所属事務所を通じて、

この度 私 永作博美は、子供を授かり、只今四ヶ月でありますことをご報告申し上げます。

と、直筆のFAXで第1子の妊娠を発表されると、2010年、39歳の時に、男の子を出産。

そして、2013年、41歳の時には、女の子を出産されています。

ただ、永作さんは、第1子の妊娠の前には、2度も流産されており、医師からは、妊娠はするものの、流産・早産・死産を繰り返す「習慣性流産」の疑いがあると診断されていたそうで、

もともと、ひどい「冷え性」だった永作さんは、赤ちゃんが育たないのは、それも原因の一つだと考え、体質を改善しようと、にがりを入れたお風呂に入ったり、冷え性に良いとされている食べ物を中心に食べるなど、少しずつ、改善に努められたそうです。

そんな努力が実ったのか、高齢にもかかわらず、二人のお子さんに恵まれたのでした。

ちなみに、永作さんは、女性雑誌「CREA」のインタビューで、

(独身時代には女優の仕事を辞めようと考えたこともあったが、子どもができてからは)むしろやる気が出て、家族のために頑張るぞ、って思っています。

と、子どもができたことが、精神面や仕事にもプラスに働いたことを明かされていました。

さて、いかがでしたでしょうか。

永作さんの、

  • 映像作家の内藤まろと結婚
  • 不倫略奪婚だった?
  • 子どもは2度の流産を経て出産

について、まとめてみました。

不倫の末の結婚や、高齢であることをもろともしない二人の子どもの出産など、自らの手で幸せを勝ち取ってきた永作さん。

プライベートでもパワフルな永作さんからは、今後も目が離せません!!

「永作博美がすっぴんでカフェ店頭に!経営はマンションローン返済の為?」に続く

Sponsored Link

関連記事

サブコンテンツ

このページの先頭へ