横内正の現在の妻は?2度の不倫離婚に娘の学費支払拒否?


1969年から8年に渡って「水戸黄門」の格さんこと渥美格之進役、1978年からは19年に渡り「暴れん坊将軍」で名奉行・大岡忠相役を務められ、すっかり、曲がったことは許さない正義の味方のイメージとなった横内正(よこうち ただし)さんですが、プライベートでは、まさかの不倫。役柄のイメージとのギャップに世間を驚かせました。

「横内正の若い頃は水戸黄門の格さん!暴れん坊将軍ほか出演ドラマ映画は?」からの続き

Sponsored Link

結婚は?

横内さんは、1968年に幼なじみの女性と結婚され、3人のお子さん(1男2女)をもうけられるのですが、1976年には離婚。

離婚の原因は、横内さんの不倫で、1981年には、その不倫相手だった、女優の堀越陽子さんと再婚されています。


「ライオン奥様劇場『妻であること』」(1977年)出演時の堀越陽子さん。

そして、その後は、娘さんを1人もうけられ、今度こそはうまくやっておられるかと思われたのですが・・・

妻が不倫を暴露~再び離婚

再婚から24年経った2005年、突然、奥さんの堀越さんが、週刊誌「婦人公論」(10月22日発売)に、「浮気の末、私たちを捨てた夫よ」とのタイトルで、横内さんの浮気によって夫婦仲が破綻し、別居に至った経緯について、4ページに渡り暴露。


堀越陽子さん

堀越さんによると、結婚12~13年目頃から、横内さんには、共演女優との不倫疑惑があったそうで、

2005年春頃、ついに、デスクに飾ってあった家族写真は片付けられ、4~5月には無言電話があったことから、浮気について横内さんを問い詰めると、横内さんは家を飛び出してしまったそうで、

(この日は明治座の舞台初日だったことから)初日の公演終演後、恐る恐る楽屋を訪ねると、なんと、そこには見知らぬ中年女性の姿が。

すると、横内さんからは、これまで奥さんがマネージメントしてこられた事務所を離れ、新事務所に移籍すること、そして、離婚の意思とともに、家のローン、生活費、娘の学費の支払いを拒否することを、唐突に宣言されたそうで、

この時点では、堀越さんは離婚はしないと主張されていたのですが、最終的には、翌年の2006年3月に離婚が成立したのでした。

Sponsored Link

現在は元タカラジェンヌが内縁の妻

ところで、気になる、横内さんの浮気相手と報じられた女性ですが、28歳年下の元タカラジェンヌ、詩笛立季(うたぶえ たつき)さんのようで(過去には共演されたこともあったようです)、

詩笛さんは、2005年11月に、横内さんが設立した新事務所の社長に就任されており、

ある演劇関係者によると、

離婚騒動時は「愛人」と騒がれましたが、当時は交際にまでは発展していなかったようです。

ですが、横内さんの離婚が成立してからは、完全に女優業から身を引き、公私ともに横内さんを支えている。

ただし結婚に2度失敗している横内さんは、彼女と籍を入れず、事実婚を選んだそうです。

とのこと。

ただ、それに対し、横内さんは、

自分の人生において、もう結婚には懲りていますから。事実婚という事実もありません。彼女はここに通ってきているし、遅くなったときはタクシーで帰っているよ。

そういうことが現実にありましたら、私の口から皆さんにちゃんとお知らせしますので。

お相手の元タカラジェンヌも、

昨年(2016年)、横内が主演した舞台、「リア王」を製作をしていた際、事務所で徹夜作業が続いたことがあったので、それを誤解されたのかもしれません。

と、お二人とも関係を否定されているのですが、

あくまでも否定されるのは、それだけこの女性が、横内さんにとって信頼のおける良きパートナーで、今度こそは、2人の静かな暮らしを守りたい、という表れなのかもしれませんね。


横内さん72歳の誕生会より。
(左から)詩笛立季さん、小松政夫さん、横内さん。

さて、いかがでしたでしょうか?

正義感あふれる格さんの役がはまり役となり、お茶の間の人気を博した横内さんのプライベートとのギャップには驚きですが、それもこれも、横内さんが魅力的だからこそ。

とはいえ、そんな横内さんも80歳も間近。お体には十分に気をつけて、これからも、すばらしいお芝居を見せてほしいものです。

「横内正の若い頃は水戸黄門の格さん!暴れん坊将軍ほか出演ドラマ映画は?」

Sponsored Link

関連記事

サブコンテンツ

このページの先頭へ