中尾ミエの生い立ちは?中学生にして歌で家計を支えていた!


1962年、16歳の時、デビューシングル「可愛いベイビー」が大ヒットし、人気歌手となると、その後、女優としても、テレビドラマ、舞台、ミュージカルに出演するほか、近年は毒舌キャラとしても人気を博している、中尾ミエ(なかお みえ)さん。今回は、そんな中尾さんの知られざる生い立ちをご紹介します。

Sponsored Link

年齢は?出身は?身長は?本名は?

中尾さんは、1946年6月6日生まれ、
福岡県小倉市(現在の北九州市小倉北区)のご出身、

身長158センチ、

学歴は、
福岡学芸大学附属小倉小学校
⇒市川市立真間小学校(転校)
⇒精華学園中学校卒業

趣味は、
タップダンス、ソシアルダンス、水泳、料理、俳句、

ちなみに、本名は、「中尾美禰子(なかお みねこ)」です。

幼少期は裕福で何不自由なく育つ

中尾さんは、書店(教科書販売会社「中尾書店」)を経営するお父さんのもと、6人兄弟の4番目として誕生すると、昔は武家屋敷だったという大きな家に住み、3歳から、バレエ教室、ピアノ、タップダンスを習うなど、裕福な家庭で何不自由なく育ったそうです。

また、中尾さんのお母さんは、外国放送のラジオを絶えず流すなど、洋楽が好きな人だったそうで、中尾さんも、そんなお母さんの影響を受け、洋楽が好きな子どもに育ったそうです。

ちなみに、中尾さんが特に好きだったのは、アメリカの歌手、ドリス・デイの、「Everybody Loves a Lover」という曲で、今でも体に染み付いているほど、よく聴いたそうです。


Everybody Loves a Lover」が収録されているアルバム「Tonda Wanda Hoy

父親の会社が倒産し中学生にして歌で家計を支えていた

しかし、1956年、中尾さんが10歳の時、お父さんの会社が倒産。

1958年には、お父さんが職を求めるため一家で上京するも、住まいを転々とし、引っ越すたびに家が小さくなったそうで、最終的には、6畳と4畳の2間に家族8人が暮らす貧しい生活となってしまいます。

そんな中、中尾さんは、13歳の時、ラジオののど自慢大会(ジャズ部門)に、

ちょっと歌えるかな

と、軽い気持ちで出演し、ドリス・デイの「Teacher’s Pet」を歌うと、見事優勝したそうで、

その後は、年齢を偽って米軍キャンプを廻るなど、貧しい家計を支えるために、歌を歌うアルバイトを始められたのでした。


Teacher’s Pet」が収録されているアルバム「Cha Cha Italiano

「東宝」のオーディションに落ちる

そんな中尾さんは、中学生の時、「東宝」が人材を募集しているのを知り、オーディションを受けに行ったそうですが・・・背が小さいことを理由に断られてしまいます。

そして、「東宝」が、「渡辺プロダクション」を紹介してくれたことから、その紹介状を持って、「渡辺プロダクション」に押しかけたそうですが・・・やはり、すぐには契約してもらえなかったのだそうです。

「渡辺プロダクション」に通い詰める

それでも、中尾さんが、毎日、「渡辺プロダクション」に通い詰めると、ついには、そんな中尾さんの熱意に打たれた渡辺晋社長が、作曲家・平岡精二さんに預けてくれたそうで、

中尾さんは、平岡さんのレッスンを受けつつ、平岡さんのバンドの専属ヴォーカルとして、ジャズ喫茶などで歌い、歌手としての素地を築いていくと、1961年には、「渡辺プロダクション」と契約。渡辺晋社長の自宅で下宿生活をしながらの下積み生活をスタートさせたのでした。

Sponsored Link

家計を助けるため高校進学を頑なに拒否

そんなある日のこと、中尾さんは、渡辺社長から、

とりあえず高校は卒業しろ

と、高校進学を勧められたそうです。

ただ、中尾さんとしては、人気者になりたくて歌手になろうと思った訳ではなく、あくまで、

家計を助けて家を建てたい、そのために早くお金を稼ぎたい

と、現実的な目標のために芸能界に入ったため、高校に行く気などさらさらなく、

絶対、後悔しないので、(高校進学を)辞めさせてください

と、社長に直訴。

すると、渡辺社長も、中尾さんのたっての願いを受け入れてくれたそうで、晴れて、中尾さんは、高校に行くことなく、仕事に邁進することとなったのでした。

「中尾ミエが若い頃は「可愛いベイビー」が大ヒット!」に続く

Sponsored Link

関連記事

サブコンテンツ

このページの先頭へ