篠原涼子と市村正親は1年以上別居も周囲は不仲説を否定していた!


2020年8月、週刊誌「女性自身」により、その年の3月から夫・市村正親さんと別居していることが報じられるも、あくまで、別居はコロナ禍による措置であると、所属事務所を通して不仲説を否定した、篠原涼子(しのはら りょうこ)さんですが、それから1年が経過した2021年6月、いまだに別居中であることが、「女性自身」により報じられます。

「篠原涼子は市村正親と別居し高級マンションで一人暮らししていた!」からの続き

Sponsored Link

別居は1年以上続いていた

篠原さんと市村正親さんが別居を始めた2020年3月頃は、コロナ禍による緊急事態宣言が出たばかりだったため、コロナ感染に対する不安も大きく、「ハケンの品格 第2シリーズ」の撮影中だった篠原さんが、ガンを患った市村さんの体調を気遣い、別居を決断したと、篠原さんの所属事務所から説明がされていたのですが、

「女性自身」によると、2021年6月になっても、篠原さんは、市村さんと息子さん二人が待つ自宅には帰宅せず、相変わらず、自宅から車で10分ほどのところにある高級賃貸マンションで暮らしているといいます。

(そのため、市村さんと息子さんたちが住む自宅では、家政婦さんが、ほぼ住み込みで子供たちの世話や家事をしているとのこと)

所属事務所は再び「別居はコロナ禍による措置」と説明

そこで、「女性自身」の記者が、再び篠原さんの所属事務所に、別居について問い合わせると、所属事務所は、前回同様に、二人が別居していることは事実であると認めつつ、

コロナ禍の影響で、篠原さんが出演しているNHK朝の連続テレビ小説「おちょやん」の撮影が4月まで伸び、その後、配信ドラマ「金魚妻」の撮影も始まったことから、撮影が続いているため、仕事が落ち着けば別居を解消し、自宅に戻ると説明したのだそうです。

夫・市村正親の留守を狙って帰宅していた?

ただ、某スポーツ紙の記者よると、篠原さんは、市村さんが大阪公演中で留守の時に帰宅するなど、一時帰宅する際は、市村さんが留守の時を見計らって帰宅していたそうで、

つまり篠原さんは市村さんと顔を合わせたくない状態ということ。いくらコロナ禍とはいえ、尋常ではありません。

今回も篠原さんの事務所は「コロナで撮影が延期になったため」と、不仲説を否定していますが、CM契約などの関係上、どうしても不仲を認められない状況としか思えません

と、二人の不仲を指摘しています。

Sponsored Link

それでも周囲は不仲説に懐疑的

一方、芸能リポーターの川内天子氏は、

現状から離婚はありえないと思います。もしも子供を置いて家を出たとなれば篠原さんの母親としてのイメージはガタ落ちでしょうし、家を出るなら篠原さんがお子さんを連れていくはず。

2人は共演がきっかけで結婚された、同志としての結びつきが強い夫婦。出会った当初、市村さんは既婚者で、離婚してから篠原さんと再婚しています。

女優として脂の乗った篠原さんを思うようにさせてあげたいという市村さんの大人の思いやりではないでしょうか

と、あくまで不仲での別居ではないことを強調。

また、篠原さんが出演するNHK朝の連続テレビ小説「おちょやん」の撮影に立ち会った関係者も、「おちょやん」はNHK大阪放送局が制作しており、撮影も大阪のスタジオで行われていたため、本当に夫婦仲が悪ければ、篠原さんは大阪に滞在していたのではと、不仲説や離婚の噂を否定。

(撮影が立て込んでいた時は、篠原さんは、大阪に何日か滞在したことはあったものの、基本的には、東京に戻っていたそうで、大阪と東京を往復していたとのこと)

さらに、この関係者は、最後の撮影を終えた際、篠原さんが、スタッフに挨拶をした時に、

「おちょやん」のメンバーを皆、好きになりました! 旦那役の名倉(潤)さんも好きになりました。正親、ごめん!

と、言って、周囲を笑わせていたことを明かし、

本当に不仲だったら、「正親、ごめん!」なんて言うはずがありませんよね。やはり事務所の説明通り、仕事が落ち着き次第、自宅に戻るということじゃないですか

と、不仲説を否定していました。

「篠原涼子は市村正親と離婚するも親権は譲っていた!」に続く

Sponsored Link

関連記事

サブコンテンツ

このページの先頭へ