原田泰造!ネプチューン!嫁は?ZIP?闇?

お笑いタレント「ネプチューン」のメンバーで俳優の、原田泰造(はらだ たいぞう)さん。大河ドラマ「篤姫」「龍馬伝」「花燃ゆ」などに出演。「俳優として最も活躍していると思うお笑い芸人」の第3位に輝かれたことがあるほど、その演技には定評があります。


原田さんは、20歳の時に、
渡辺プロダクション(現在のワタナベエンターテインメント)
のオーディションに合格され、
23歳で、「ネプチューン」を結成されました。

そして26歳の時、
バラエティ番組タモリの超ボキャブラ天国」
への出演をきっかけに、大ブレイク!

その後は、俳優としても、
テレビドラマに多数出演されており、
特に、シリアスな演技を得意とされています。

そんな原田さんの、
気になる話題について調べてみました!

Sponsored Link

嫁は?

原田さんは、1995年に、
一般の女性と結婚されています。

原田さんが、居酒屋「村さ来」で、
アルバイトされていた時、この女性と知り合われ、
奥さんの妊娠が分かって、結婚されたそうです。

原田さんがブレイクする前だったため、
結婚の事実を公表する機会がなく、
誰も知らなかったそうですが、

1998年に、「ネプチューン」がブレイクしたことから、
妻子持ちであることが知られることに。

原田さんは、主に女性から人気があったこともあり、
釈明会見を開かれています。

現在、原田さん一家は、
原田さんの実家がある、
東京都内の東村山市に家を建てられ、
そこに住んでおられるのだとか。

ZIP?

原田さんは、2011年4月から10月まで、
日本テレビの情報番組「ZIP」
に出演されていたのですが、

わずか半年という短さで、
突然降板され、話題となりました。

番組の中で、花束贈呈もなく、
降板の理由も明かさずの、
ちょっと違和感のある降板だったようで、

その理由について、
様々な憶測が流れたようです。

そこで、原田さんが降板した理由について調べてみると、
原田さんのスケジュール、体調の問題、
という説がかなり濃厚なようです。

おそらく、原田さんは、日本テレビ以外の、
他局のお仕事が入ったのだと思われますが、

それを日本テレビで言うことはできないので、
理由は明かされなかったのでは?
ということでした。

そして、「ZIP」は、
放送時間が午前5時50分スタートなのですが、

ドラマなど、テレビの収録は、
夜中の12時に終わることが多いようで、

その後少し仮眠を取って、
「ZIP」のリハーサルや打ち合わせなどのために、
深夜の1時か、2時には起きないといけないそうで、

このスケジュールだと、
体力的に相当キツイということが、
理由として挙げられていました。

これらのどちらか、
もしくはどっちも、かもしれません。

もちろん、原田さんご自身が、
その理由を明かされた訳ではありませんので、
あくまで推測ですが、

出演者との確執など、
人間関係的なものではないようなので、
ひとまず安心ですね!

奥さんとの仲

2015年6月、原田さんは、
バラエティ番組「ネプリーグSP~宝塚スター軍vs
女子アスリート軍!女だらけの常識Q決戦~」
で、

「1日の会話が15分未満の夫婦の割合は何%?」

という質問に、

原田さんは12%と答えられますが、
正解は25%ということで、

番組のナレーターが、

(奥さんと)何分くらいお話になりますか?

と質問すると、

オレ、すんげえ話すんですよ。友達が奥さんしかいないから。

と原田さんは答えられました。

この話を聞いた限りでは、
奥さんとは今でも仲良しのようなのですが・・・

Sponsored Link

闇?

原田さんを「闇」で、
検索されている人が多いようです。

ことの発端は、2012年、
バラエティ番組「しゃべくり007」で、

有吉弘行さんが、

「泰造さんの闇は芸能界イチだ!」

と、おっしゃったことでした。

しかも、原田さんは、
それを否定されなかったそうです。

この闇というのは、
原田さんの性格が暗いとか、悪いという話ではなく、

原田さんの悩みや苦労が、
人一倍大きいという意味なのだとか。

原田さんは、仕事が忙しく、しかも、
深夜に帰って来たり、逆に早朝から仕事だったりと、
不規則な生活だったため、

家族に迷惑をかけないようにと、
結婚して7年ほどしたときから、
自宅とは別に、マンションを借りられているのですが、

そこに、元人気AV女優が出入りしているとか、
ほとんど自宅に帰っていないなどと、
週刊誌に書かれているようなのです。

最初は、仕事の合間に、頻繁に、
家族に会いに帰っておられたそうですが、
それもだんだんなくなって・・・

と、決して、ご家族とうまくいっている、
とはいえない状況のようなのです。

いつも明るく、私達を楽しませてくれる原田さんからは、
ちょっと想像がつきませんが、

もしかしたら、そんな原田さんの「闇」の部分が、
俳優としての、シリアスな演技に、
生かされているのかもしれません。

ご本人がおっしゃったわけではないので、
本当のところは、分かりませんが、

いずれにしても、これからも変わらず、
お笑いとして、俳優として、
私たちを楽しませていてほしいですね。

応援しています!!

Sponsored Link

関連記事

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ