「ヒット」タグの記事一覧

郷ひろみのデビューからのヒット曲を画像で!

15歳の時、近所のおばさんに勝手に書類を応募されたことがきっかけで、ジャニー喜多川さんに見初められ、あれよあれよと、芸能界デビューされた、郷ひろみ(ごう ひろみ)さんは、この後も順調にヒット曲を連発し、あっという間にトップアイドルになられま・・・

倉本聰の「北の国から」は自身の体験が反映されたものだった!

1977年秋に北海道・富良野に移住すると、当初は北海道の大自然の厳しさに苦しむも、やがて現地の人たちと親しくなり、自然の中で生きる知恵を知って感銘を受けたという、倉本聰(くらもと そう)さんですが、そんな富良野生活の経験から、大ヒットドラマ・・・

倉本聰はニッポン放送時代に内緒で書いた「現代っ子」が大ヒットしていた!

大学卒業後、ラジオ局「ニッポン放送」に入社すると、アシスタントディレクターとして、ドラマやコントを同時に6本手がけるなど多忙な毎日を送りつつ、帰宅後、睡眠時間を削って、テレビの脚本を書き続けていた、倉本聰(くらもと そう)さんですが、196・・・

堺正章の若い頃は歌手として「街の灯り」が大ヒットしていた!

7枚目のシングル「夕陽が泣いている」が大ヒットを記録し、頂点を極めるも、若手グループの出現に押されて人気が低迷し、「ザ・スパイダース」は解散してしまいますが、解散後も、堺正章(さかい まさあき)さんは、俳優、歌手として人気を博し続けます。

堺正章は昔「スパイダース」で「夕陽が泣いている」が大ヒットしていた!

1962年、16歳の時、「ザ・スパイダース」に加入し、1965年5月には、ファーストシングル「フリフリ」でレコードデビューすると、当初は、一部のコアなファンには支持されるも、ヒットしなかったという、堺正章(さかい まさあき)さんですが、自分・・・

宮崎駿が若い頃は「アルプスの少女ハイジ」を大ヒットさせていた!

1971年、大塚康生さんに誘われて、視聴率低迷にあえぐテレビアニメ「ルパン三世」の演出を担当すると、大幅に作風やキャラクターの設定を変更したことで、見事、ヒットに導いた、宮崎駿(みやざき はやお)さんですが、この後も、宮崎さんの快進撃は続き・・・

木の実ナナの若い頃は五木ひろしとの「居酒屋」が大ヒット!

帰国後、1970年、「劇団四季」のミュージカル「アプローズ」が大ヒットとなり、一躍脚光を浴びた、木の実ナナ(きのみ なな)さんは、その後、ミュージカル女優としてさらなる飛躍を遂げ、さらには、歌手としても大ヒットを飛ばします。

岸部一徳は昔タイガースでシーサイド・バウンドが大ヒット!

内田裕也さんに声をかけられたことがきっかけで、「渡辺プロダクション」のオーディションに合格し、ついに、上京を果たした、岸部一徳(きしべ いっとく)さんたち「ファニーズ」。この後、「ファニーズ」は、「ザ・タイガース」と改名し、快進撃を開始しま・・・

小林旭の若い頃は「南国土佐を後にして」が大ヒット!

「日活」入社直後は、大部屋で先輩のイジメに耐えていた、小林旭(こばやし あきら)さんですが、俳優業の方は順調にキャリアを積み、「日活」のスター俳優・石原裕次郎さんや浅丘ルリ子さんと共演し、注目を集めるようになります。

沢田研二の若い頃は「許されない愛」「危険なふたり」が大ヒット!

1971年、「ザ・タイガース」が解散した後は、岸部一徳さんに誘われて、ニュー・ロック・バンド「PYG」に加入された、沢田研二(さわだ けんじ)さんですが、まもなくソロとして頭角を現すと、1973年には、ソロとして発売した6枚目のシングル「危・・・

サブコンテンツ

このページの先頭へ