「死因」タグの記事一覧(8 / 9Page)

小林桂樹の死因は?若い頃は?小林稔侍と?裸の大将で山下清!ゴジラも!

1941年に大学中退後、日活へ入社され、翌年の1942年「微笑の国」で映画デビューされた、小林桂樹(こばやし けいじゅ)さん。その後、1950年代には、「三等重役」「社長シリーズ」など、サラリーマン喜劇と言われる作品で、善良な庶民を数多く演・・・

伊藤俊人の死因は?葬儀では弔辞で笑い?

28歳の時、三谷幸喜さん率いる「東京サンシャインボーイズ」の舞台「12人の優しい日本人」で初舞台を踏んで以降、ほとんどの三谷作品に出演されるほか、数多くのテレビドラマでバイプレイヤーとして活躍されるも、2002年5月、40歳という若さで急死・・・

雪村いづみの父親・朝比奈愛三は自殺していた!

1952年、15歳の時、新橋のダンスホール「フロリダ」で歌手活動を開始して以来、70年以上も芸能界で活動を続けている、雪村いづみ(ゆきむら いづみ)さん。今回は、そんな雪村さんのルーツであるお父さんをご紹介します。

萬屋錦之介の晩年は倒産に病気に息子が事故死!

1954年、21歳で美空ひばりさんの相手役として映画「ひよどり草紙」に出演して以来、順風満帆だった、萬屋錦之介(よろずや きんのすけ)さんでしたが、1982年(50歳)に、個人事務所「中村プロダクション」が13億円の負債を抱えて倒産すると、・・・

伊丹十三の死因は自殺?他殺説が多い理由とは?

1992年、映画「ミンボーの女」公開直後、作品の内容に強い不満を持つ暴漢に襲われ重症を負うも、圧力に屈しない姿勢を貫き、精力的に作品を発表されていた、伊丹十三(いたみ じゅうぞう)さんでしたが・・・

三國連太郎の若い頃は?死因は?善魔?釣りバカ日誌でスーさん!

1951年、映画「善魔」でデビューされ、以降、数多くのテレビドラマや映画で、アクの強い演技を披露してこられた、俳優の三國連太郎(みくに れんたろう)さん。デビュー当時、「いい映画に出て、好きな役を演じたい」という純粋な思いが、思わぬトラブル・・・

藤山寛美の死因は?松竹新喜劇の伝説の喜劇役者!豪遊で破産?

4歳で役者デビューされると、22歳の時、酒屋の丁稚(でっち)役をコミカルに演じられ、たちまち人気を博した、松竹新喜劇のスター、藤山寛美(ふじやま かんび)さん。喜劇俳優として大成される一方で、その破天荒な私生活が今尚、語り継がれています。 ・・・

太地喜和子の死因は事故!藪の中の黒猫!白い巨塔!志村けんの大ファンだった?

1968年、映画「藪の中の黒猫」で妖怪の猫役を熱演され、一躍脚光を浴びられた、太地喜和子(たいち きわこ)さん。その後、1976年には、映画「男はつらいよ」でマドンナ役を、1978年には、テレビドラマ「白い巨塔」で、花森ケイ子役を好演し、大・・・

田中実!俳優!妻や息子は?死因は矢部美穂との不倫?

1999年、NHK朝の連続テレビ小説「凛凛と」で主人公に抜擢され、一躍脚光を浴びた、俳優の田中実(たなか みのる)さん。その後も、「温泉へ行こう」「刑事貴族2」などのテレビドラマで人気を博し、近年は、2時間ドラマを中心に活躍されていましたが・・・

内田裕也の死因は?若い頃はビートルズ前座も!出演ドラマ映画は?

「シェキナベイベー」が決め台詞のミュージシャン、内田裕也(うちだ ゆうや)さん。日本がまだ歌謡曲中心だった1960年代から、いち早くロカビリーやロックを音楽シーンに取り入れ、1970年代には、当時まだ難しかった、海外アーティストの来日に尽力・・・

サブコンテンツ

このページの先頭へ