「若い頃」タグの記事一覧(30 / 139Page)

中村メイコは自殺未遂をきっかけに神津善行と交際していた!

睡眠時間が2時間という超ハードスケジュールをこなす日々の中、ノイローゼ気味になっていたという、中村メイコ(なかむら めいこ)さんは、自殺未遂をするも助かり、駆けつけて来てくれた神津善行さんと交際するようなったといいます。

中村メイコは若い頃ノイローゼ状態になっていた!

作詞家・三木鶏郎さんのスタジオにアルバイトに来ていた、国立音楽大学の学生・神津善行さんと知り合うと、お互い第一印象は最悪だったものの、芸能人ではない普通の大学生だった神津さんに新鮮さを感じ、ほのかに好意を抱いたという、中村メイコ(なかむら ・・・

中村メイコと神津善行の馴れ初めは?

1936年、2歳8ヶ月の時、映画「江戸っ子健ちゃん」のフクちゃん役で脚光を浴びると、以降、喜劇を中心に、数多くの映画やテレビドラマに出演するほか、歌手としても活動し、1955年、20歳の時には、2枚目のシングル「田舎のバス」がヒットした、中・・・

中村メイコは若い頃「田舎のバス」がヒットしていた!

2歳8ヶ月で子役デビューして以来、主に喜劇を中心に活動し、その自然体の演技で”天才子役”と呼ばれていた、中村メイコ(なかむら めいこ)さんは、1955年、20歳の時には、歌手デビューも果たすと、同年、2枚目のシングル・・・

中村メイコは若い頃に吉行淳之介に一目惚れしていた!

終戦後は、進駐軍の慰問に派遣され、英語の歌を一生懸命覚えたという、中村メイコ(なかむら めいこ)さんですが、その後、アルバイトに憧れ、お父さんが紹介してくれた雑誌社でアルバイトを始めると、編集長格だった作家の吉行淳之介さんに一目惚れしたとい・・・

中村メイコは「テレビ朝日」開局当初からTV出演していた!

1940年、6歳の時に、NHK実験放送の第2作目のテレビドラマ「謡と代用品」でテレビデビューを果たすと、1954年には、20分のコメディ番組「今晩わメイコです」に出演した、中村メイコ(なかむら めいこ)さんは、その後、日本教育テレビ(現在の・・・

大島渚の妻・小山明子との馴れ初めは?

若い頃から、社会の歪みに鋭くメスを入れるような作品を次々と発表し、“松竹ヌーベルバーグの旗手”と呼ばれるなど注目を集めると、その後は、「愛のコリーダ」や「戦場のメリークリスマス」で国際的な評価も得て、名監督の地位を不動のものにした、大島渚(・・・

大島渚の「愛のコリーダ」裁判での「わいせつなぜ悪い」が大きな話題に!

1976年、フランスとの合作「愛のコリーダ」を発表すると、その過激な性愛の描写から一大センセーショナルを巻き起こし、たちまち脚光を浴びた、大島渚(おおしま なぎさ)さんですが、脚本や劇中のスチール写真を収めた同名の書籍「愛のコリーダ」が出版・・・

大島渚は若い頃「愛のコリーダ」で大ブレイクしていた!

独立系の映画で、政治的、社会的なメッセージ性の強い作品を次々と発表し、高く評価されるも、低予算の映画作りに疲れ切り、独立プロダクション「創造社」を解散した、大島渚(おおしま なぎさ)さんは、その後は、映画製作資金を集めるため、テレビ出演する・・・

大島渚が若い頃は「絞死刑」「少年」「儀式」等で高い評価を受けていた!

「日本の夜と霧」の上演を無断で打ち切られたことに激怒し、1961年に松竹を退社して、独立プロダクション「創造社」を設立するも、発表した作品がことごとくヒットしなかった、大島渚(おおしま なぎさ)さんですが、活動の場をテレビに移すと、次々とド・・・

サブコンテンツ

このページの先頭へ