宅麻伸!離婚?理由は?息子は?名取裕子と?出演ドラマ映画は?

Sponsored Link

「ダンディ」という言葉がぴったりな俳優、宅麻伸(たくま しん)さん。近年では、「勇者ヨシヒコと魔王の城」に出演するなど、コミカルな役も演じられ、若い世代から人気を博しています。




年齢は?出身は?身長は?本名は?


宅麻さんは、1956年4月18日生まれ、
岡山県玉野市のご出身、

身長180センチ、

胸囲106センチ、
胴囲82センチ、

靴のサイズは26.5センチ、

血液型はA型、

本名は、
詫摩繁春(たくま しげはる)、

趣味は、
ドライブ(車、オートバイ)、ゴルフ、乗馬、野球、

学歴は、
岡山県玉野市立備南高等学校造船科・定時制卒業、

だそうです。


勤労学生から俳優を目指す


宅麻さんは、中学校を卒業後、
夜は、定時制高校に通い、

昼間は、地元の三井造船の造船所で、
設計図を見ながら鉄板に実寸をマーキングする、
「けがき」という仕事をされていたそうです。

ただ、高校を卒業する頃になると、
就職について、悩むようになったそうで、

そんな折、職場の先輩から、役者やモデルになったらどうか、
と勧められ、俳優になろうと決意。

しかし、どうやって俳優になるのか右も左も分からない状態の中、
知り合いの喫茶店の方にキャバレーを紹介してもらい、

上京後は、住み込みのウエイターとして、
働き始めたのだそうです。


天地茂の付き人として


そして、宅麻さんが上京して、
2ヶ月ほど経った頃、

いつものご飯屋さんで、お昼ごはんを食べながら、
俳優志望であることを店のオーナーに話すと、

なんと、天知茂さんの事務所を、
紹介してくれたというのです!


「江戸川乱歩」シリーズで人気を博した天地茂さん。

さっそく事務所に入った宅麻さんは、
天地さんの付き人として働き始め、

いろいろな撮影現場に連れて行ってもらい、
端役で出演させてもらったりしたのでした。


俳優デビュー


それから数年後の1979年、
宅麻さんは、テレビドラマ「新・七人の刑事」で、

最年少の中野刑事役を演じ、
念願の俳優デビューを果たされています。

(ちなみに、「宅麻伸」という芸名は、この時から使われているようで、
 天地さんがつけてくれたのだそうです。)

ただ、宅麻さん演じる中野刑事は、
張り込みの最中にクロスワードパズルに夢中になるなど、

いかにも、(当時の)現代っ子という、
頼りないキャラということで、

宅麻さんのデビューは、
決して華々しいものではなかったようですね。


「新・七人の刑事」から2年後の、
1981年のドラマ「秘密のデカちゃん」より。


今では、ダンディなイメージしかない宅麻さんですが、
この頃は、こんなキャラも演じておられたのですね~


出演作品(テレビドラマ、映画)


それでは、ここで、
宅麻さんのそのほかの出演作品もご紹介しましょう。

テレビドラマでは、

1978年 土曜ワイド劇場「江戸川乱歩の黄金仮面:妖精の美女」
1979年 土曜ワイド劇場「江戸川乱歩「白髪鬼」より:宝石の美女」
1980年 土曜ワイド劇場「江戸川乱歩の黄金仮面II:桜の国の美女」
1981年 NHK大河ドラマ「おんな太閤記」
1982年 NHK朝の連続テレビ小説「よーいドン」
1983年 NHK大河ドラマ「徳川家康」


「徳川家康」より。宗近晴見さんと宅麻さん。

1984年「宮本武蔵」
1985年「特命刑事ザ・コップ」
1986年 火曜サスペンス劇場「ウエディングベル」
1987年「アリエスの乙女たち」
1988年「ママの色鉛筆」


「アリエスの乙女たち」より。宅麻さんと南野陽子さん。

1989年「抱きしめたい!’89」
1990年「クリスマス・イブ」
1991年「それでも家を買いました」
1992年「サザエさん」
1993~1994,1998年「課長島耕作」
1994年「スチュワーデスの恋人」


「課長島耕作」より。宅麻さんと秋吉久美子さん。

1995年「豊臣秀吉 天下を獲る!」
1996年 NHK大河ドラマ「秀吉」
1999年 NHK大河ドラマ「元禄繚乱」
2000年「君が教えてくれたこと」
2001年「悪意」

2002年「ごくせん2」第9話
2004年「たったひとつのたからもの」
2005年 水曜ミステリー9「検察官 キソガワ」
2006年 NHK大河ドラマ「功名が辻」
2007年 金曜プレステージ「気象予報士・大沢富士子の事件ファイル」
2008年 NHK連続テレビ小説「だんだん」


「検察官 キソガワ」より。
(左から)宅麻さん、上原美佐さん、高嶋政伸さん。


2009年「トライアングル」第3話-第8話
2010年「柳生武芸帳」
2011年「勇者ヨシヒコと魔王の城」
2012年「勇者ヨシヒコと悪霊の鍵」
2013年「科捜研の女 第13シリーズ」第1話,第2話,第7話

2014年 水曜ミステリー9「マトリの女 厚生労働省 麻薬取締官」
2015年「プラチナエイジ」
2016年「勇者ヨシヒコと導かれし七人」
2017年「人間の証明」
2018年「不発弾~ブラックマネーを操る男~」


「勇者ヨシヒコと導かれし七人」より。
(左から)山田孝之さん、ムロツヨシさん、木南晴夏さん、宅麻さん。


映画では、

1982年「誘拐報道」
1983年「日本海大海戦 海ゆかば」
1984年「零戦燃ゆ」
     「ゴジラ」

1986年「ブラックボード」
1988年「海へ~See you~」


「ゴジラ」より。沢口靖子さんと宅麻さん。

1989年「226」
1992年「タイガースメモリアルクラブバンド ぼくと、ぼくらの夏」
     「いつか どこかで」

1995年「極道の妻たち赫い絆」
     「ふうせん2」

1996年「八つ墓村」

1997年「現代仁侠伝」
     「30 thirty」

2000年「新GONIN」
2001年「極道の妻たち地獄の道連れ」
2002年「ミスター・ルーキー」
     「ゴジラ×メカゴジラ」
     「およう」



「極道の妻たち地獄の道連れ」より。宅麻さんと高島礼子さん。


2004~2006年「新・日本の首領シリーズ」
2005年「戦国自衛隊1549」
     「タッチ」

2006年「太陽の傷」
     「マエストロ」

2007年「飲酒運転 悲劇の連環」(交通安全教育用作品)
     「それでもヤクザはやってくる」

2009年「僕らのワンダフルデイズ」
2010年「ロストクライム -閃光-」
2011年「学校をつくろう」
2014年「相棒 -劇場版III- 巨大密室! 特命係 絶海の孤島へ」
     「救いたい! doctor’s wish」
     「暴力水滸伝」

2016年「國士参上!!~昭和最強高校伝」


「暴力水滸伝」より。
(左から)松田一三さん、宅麻さん、的場浩司さん。


ほか、数多くの作品に出演されています。


離婚?


宅麻さんは、1994年
女優の賀来千香子さんと結婚されています。

お二人は、2010年には、
「第3回プラチナ夫婦アワード」に選ばれるなど、
「おしどり夫婦」として有名でしたが、

2012年2月に、
突然離婚を発表されています。

話し合いは、同年1月下旬から始まり、
すぐに離婚が成立したということで、

その期間わずか2週間という、
スピード離婚だったそうです。


離婚理由は?


18年連れ添ったお二人でしたが、
離婚は、賀来さんの方からだったそうです。

宅麻さんは無口で、
賀来さんは、そんな無口なところが、
男らしくて好きになったのですが、

結婚後は、会話がないのが、
次第に苦痛になっていったようです。



それでも、賀来さんは、
夫婦でいつづけることを思い、
女優業をセーブしておられたのですが、

舞台のため、2012年1月から、
およそ1ヶ月間、家を空けたことで、
心境の変化が現れたのだそうです。

舞台で共演した松平健さんが、
奥さんを亡くされた後も、
仕事をしながら子育てをし、

さらに、舞台の座長として、
みんなを引っ張っている姿に影響を受け、

自分も一人でやり直そうと、
思われたのだそうです。

ただ、わずか2週間という短い期間で、
離婚が成立したのは、

もしかすると、宅麻さんが、
大人な対応で、賀来さんの気持ちを、
すんなり受け入れられたからかもしれませんね。

しかし、逆にそういう男らしいところが、
賀来さんには、寂しかったのかも・・・


息子は?


ところで、宅麻さんを「息子」で、
多くの方が検索されているようです。

実際には、宅麻さんには、
お子さんはいらっしゃらないのですが、

賀来千香子さんの甥の、
俳優の賀来賢人(かく けんと)さんが、

お二人のお子さんではないかと、
勘違いして、検索されたのかもしれませんね。


名取裕子と?


プライベートでは、
18年で離婚された宅麻さんですが、

テレビドラマでは、
「法医学教室の事件ファイル」シリーズで、

1992年からずっと、
名取裕子さんと夫婦役を演じておられます。

息のぴったりあった演技を、
披露され続けておられることから、

交際のうわさが浮上したこともあったそうですが、
これは、単なるうわさに過ぎなかったようです。



しかし、お仕事とはいえ、
20年以上も夫婦役を演じられていると、

ほんとうに、
夫婦の感覚になってしまいそうですね。

さて、2016年(詳細は未定)からスタートする、
コメディドラマ「勇者ヨシヒコと導かれし七人」では、

引き続き、テンションの高い、熱血漢キャラ、
ダンジョーを演じられる宅麻さん。

この「勇者ヨシヒコ」シリーズでは、
すっかり、これまでの宅麻さんのイメージを覆し、
新境地を開拓されているのですが、

60歳を迎えても、まだまだ、
新しいことに挑戦し続ける宅麻さんからは、
目が離せそうにありません!!



Sponsored Link

Sponsored Link

関連記事

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ