田島令子!プロフィール!デビューは?声優?オスカル!結婚は?

Sponsored Link

映画やテレビドラマに多数出演され、声優としても活動されている、田島令子(たじま れいこ)さん。アニメ「ベルサイユのばら」のオスカルの声のほか、洋画の吹き替えも数多く担当されています。




プロフィール


田島さんは、1949年2月17日生まれ、
神奈川県横須賀市のご出身です。

身長164センチ、
体重44キロ、

血液型はB型、

趣味は、書道、

特技は、水泳、

出身大学は、
日本大学藝術学部演劇学科、

だそうです♪


デビュー


田島さんは、大学在学中に、
劇団「雲」の研究生となり、
女優としての活動をスタートされました。

その後、劇団「欅」、劇団「昴」で、
活動された後、フリーとなり、

1971年、NHKの童話朗読番組「おはなしこんにちは」
で、テレビデビュー。



そして、同年「喜劇・頑張らなくっちゃ!」で、
映画デビューも果たされると、

以降も、映画、テレビドラマ、舞台に、
数多く出演され、

キャリアウーマン、クセのある人物、
インテリな人物など、様々な役を演じられています。


声優


田島さんは、女優業の傍ら、
1977年から放送された、アメリカのSFドラマ、

「地上最強の美女バイオニック・ジェミー」
の主人公ジェミーの声で、
声優デビューも果たされています。

田島さんは、ジェミーを演じられた、
女優のリンゼイ・ワグナーについて、

ものすごく素人っぽい人。
わりとなりふり構わず演じているし、
きれいきれいでやっていない点が好感が持てます。

深層心理演技を要求される番組でないから、
彼女のようなさっぱりとしたキャラクターが、
いいのじゃないかしら。

とても透明な感じで合っていますね。
ちっとも嫌味を感じたことがありません。

だからアテていて抵抗感がなく、
彼女にとけこんでいけてとても楽しいです。

と、語っておられました。

吹き替えられる女優さんについて、
しっかり理解された田島さんだからこそ、

役に溶け込み、
違和感のない声を当てることができるのですね。



田島さんは、それ以降も、
女優業と並行して声優も続けられ、

洋画の吹き替えでは、

キャスリーン・ターナー、フェイ・ダナウェイ、
リンゼイ・ワグナー、シャロン・ストーン、
シガニー・ウィーバー、

また、アニメ作品では、

1979年~1980年には、
「ベルサイユのばら」のオスカル役、

1980年代前半、
松本零士さんのシリーズに登場する、エメラルダス役、

1982年「コブラ」のサンドラ役、
などが有名です。

オスカル


その中でも、アニメ「ベルサイユのばら」では、
当初、長浜忠夫さんという方が、
総監督をされていたのですが、

田島さんと長浜さんとの間で、
演技について考え方の違いがあり、

そのことが原因で、
長浜さんは、第12話を最後に、
降板されたというエピソードがありました。

少女向けのアニメという枠を超えて、
二人のプロが真剣にぶつかり合ったことが、
分かりますね!


結婚は?


そんな田島さんの、
気になるプライベートなのですが・・・

情報がなく、結婚されているかどうか、
分かりませんでした。

やはり、昔の女優さんは、
プライベートを公開されない方が多いですね。

さて、1971年にデビューされて以来、
芯の強いキャラクターで、
長きに渡りご活躍されてきた田島さんも、
2016年現在で、すでに67歳。

いつまでも若々しいとはいえ、
お体には十分気を付けて、
これからも、田島節を見せてほしいですね。

応援しています!!



  • LINEで送る
Sponsored Link

Sponsored Link

関連記事

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

カテゴリー

ブログランキング

↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑ 押して頂けると嬉しいです(*^_^*)

このページの先頭へ