石原慎太郎の妻は?息子は?若い頃は芥川賞作家だった!

Sponsored Link

大学在学中の1955年、「太陽の季節」で文壇デビューされ、「第1回文學界新人賞」「第34回芥川賞」を受賞し、たちまち時代の寵児になった、石原慎太郎(いしはら しんたろう)さん。その後、政治家となり、東京都知事で長期政権を築かれると、2014年、政治家を引退されています。




プロフィール!


石原さんは、1932年9月30日生まれ、
兵庫県神戸市須磨区のご出身です。

身長183センチ、
体重77キロ、

血液型はAB型、

出身大学は、
一橋大学法学部、

趣味は、ヨット、

だそうです♪


「太陽の季節」で文壇デビューし脚光を浴びる


石原さんは、公認会計士になるために、
一橋大学に入学されるのですが、

やがて、自身が会計士に向かないことを、
自覚されたそうで、

休刊していた一橋大学の同人誌、
「一橋文藝」の復刊に力を注がれると、
この同人誌に、処女作「灰色の教室」を発表。

すると、それを読んだ、
文芸評論家の浅見淵さんに絶賛されたそうで、
これで、自信をつけられた石原さんは、
第2作目の「太陽の季節」の執筆を開始。

そして、1955年、
「太陽の季節」で文壇デビューされると、

いきなり、
「第1回文學界新人賞」と、
「第34回芥川賞」を受賞し、
一躍脚光を浴びられたのでした。


太陽の季節 (新潮文庫)

ちなみに、この作品は、
戦後の裕福な家庭で育った若者たちの、
無軌道で享楽的な生活を描いているのですが、

戦後社会に大きな衝撃を与え、
享楽的に遊びふける若者たちを指す、
「太陽族」という言葉が生まれるほどに。

そして、時代の寵児となった石原さんは、
翌年、映画化された「太陽の季節」に、
弟の石原裕次郎さんとともに俳優として出演。

石原さんらは、まさしく、
「太陽族」のシンボルとなったのでした。


芥川賞受賞直後の石原慎太郎さん(左)と石原裕次郎さん。


作家として活動


そんな石原さんは、その後も、

1956年「処刑の部屋」
     「狂った果実」
1958年「亀裂」


亀裂 (新潮文庫 草 119B)

1970年「化石の森」
1988年「わが人生の時の時」
1996年「弟」


弟 (幻冬舎文庫)

など、次々と作品を発表すると、
様々な文学賞を受賞。

また、創作以外にも、

1969年「スパルタ教育」
1989年「『NO』と言える日本」
1998年「法華経を生きる」


「NO(ノー)」と言える日本―新日米関係の方策(カード) (カッパ・ホームス)

2002年「老いてこそ人生」
2011年「新・堕落論」
2016年「天才」


天才

などを発表し、
いずれもベストセラーとなっています。


映像作家として


また、1956年、
ご自身の作品「狂った果実」の映画化の際、
脚本を担当されると、

以降も、自作小説の、
映画化やテレビドラマ化の際の脚本を、
数多く手がけられ、

1958年には、
映画「若い獣」で初監督を、


「若い獣」の撮影風景。中央が石原さん。

2007年には、
「俺は、君のためにこそ死ににいく」で、
製作総指揮、脚本を手がけられるなど、

映像の世界でも、
その才能を発揮されています。


(左から)多部未華子さん、窪塚洋介さん、岸惠子さん、
石原さん、徳重聡さん、中越典子さん、新城卓監督。



国会議員


こうして、作家、映像の世界で、
活動されていた石原さんですが、

ベトナム戦争を取材した経験から政治家を志し、
1968年に参議院全国区に出馬すると、
史上最高の301万票を集めてトップ当選。

1972年には、参議院議員を辞職し、
衆議院選挙に当選。

1976年には、福田赳夫内閣で環境庁長官に就任。
1987年には、竹下登内閣で運輸大臣に就任。


運輸大臣時代の石原さん。

そして、1995年、
衆議院議員勤続25年の表彰を受けると、
その日に辞職を表明されています。

(ちなみに同年芥川賞選考委員になられています)


東京都知事


そして、その4年後の1999年4月、
東京都知事選挙に出馬し、初当選されると、

(1975年にも出馬されていますが、
 この時は、美濃部亮吉氏に僅差で敗れています。)

2003年には、
史上最高の得票率70.21%を獲得し再選、

2007年には、
281万票を獲得し、都知事選三選目を、

2011年には、
都知事選四選目を果たされ、

4期14年の長期政権を築き、
様々な政策を推し進められています。


2007年、都知事三選を果たした石原さん。


衆議院議員復帰


しかし、2012年10月、
4期目途中で都知事職を辞任されると、
同年、「日本維新の会」代表に就任。

衆議院議員として、17年ぶりに、
国政に復帰されます。


辞職表明された石原さん。

そして、2014年8月には、
「次世代の党」の最高顧問に就任されるも、

同年12月、高齢による体調不良を理由に、
政治家を引退されています。


暴言、失言


ところで、石原さんといえば、
大胆な発言が多いですが、
ここで、いくつかご紹介しましょう。

「不良外国人がたくさんいて、東京の街は他の大都市と違って、
 部分的にゲットーみたいなものが出来てしまった」(2000年)

「一番の安全保障は優秀な兵器を作って外国に売ることだと思う」
(2000年)

「日本は堂々と新しい兵器を作ってどんどん売ったらいい」
(2000年)

「国会ですべきことは、いまの憲法を歴史的に否定すること」
(2000年)

「あなた方の子弟が通っている国立の学校は、決して日本の中で、
 平均的なものじゃない。かなり異常なものだ、という認識を、
 持っていただきたい」(2000年)

「北朝鮮のミサイルが日本に当たれば、長い目で見て、
 良いことだろうと思った。日本は外界から刺激を受けない限り、
 目覚めない国だからだ。特に北朝鮮のミサイルが核、生物弾頭を、
 搭載するとなれば、日本がいかに無防備か理解するだろう」
(2001年)

確かに、表現は大胆で、
暴言と言えるかもしれませんが・・・

内容はかなり的を射ているような。
やはり、都知事選4選は伊達じゃないですね。

妻は?


石原さんの、
気になるプライベートですが、

1955年、小学生のときから知り合いだった、
典子さん(旧名は石田由美子さん)という方と、
結婚されています。

典子さんは、
石原さんとの馴れ初めについて、

面倒臭いからしちゃったんですよねえ。
今でいうラブホテルから二人で出てくるのを親戚に見つかって、
おっかないおばあさんにいいつけられちゃった(笑)。

それで、呼びつけられて
「切れるか結婚するか、どっちだ?」って言われて、
しょうがないから「結婚します」って決心しちゃったのよ(笑)

と、おっしゃっていました♪

その典子さんは、17歳で石原さんと結婚され、
主婦業と子育てに専念されていたのですが、

子育てを終えた後は、一念発起。
慶應義塾大学法学部(通信制)に入学されると、
見事、卒業されています。

(慶應の通信制の場合、入学は書類選考(小論文あり)で、
 比較的容易ですが、卒業するのは、かなり難易度が高いそうです)

子どもは全員息子!


そんなお二人には、お子さんが、
4人いらっしゃるのですが、

長男は、政治家の、
石原伸晃(いしはら のぶてる)さん、

次男は、俳優でタレントの、
石原良純(いしはら よしずみ)さん、

三男は、政治家の、
石原宏高(いしはら ひろたか)さん、

四男は、画家の、
石原延啓(いしはら のぶひろ)さん、

と、全員、男子!
しかも、全員お元気ということで、

早逝され、お子さんのいなかった、
弟の石原裕次郎さんとは対照的ですね。


石原さん一家勢揃い♪


親バカ?


ちなみに、
石原さんの親バカぶりは有名で、

2004年には、中小企業に無担保で融資し、
中小企業を支援する銀行「新銀行東京」
を設立されているのですが、

多額の負債を東京都民に押しつけたことで、
政治家としての信用が失墜。

当時の副知事が止めるのも聞かず、

伸晃のアイデアなんだ。
伸晃は金融の専門家だから、絶対に大丈夫。

と、強行し、大失敗に終わっています。

また、画家として活動されている、
四男の延啓さんを、「才能がある」といい、
フランスなどへ公費で出張させていたことも、
あったそうです(^_^;)

さて、いかがでしたでしょうか?

若い時から文才を発揮し、政治家としても大成功。
数々の大胆な発言をし、奔放に生きてこられた石原さんですが、

さすがに、80歳をまわると、

2013年には、軽度の脳梗塞、
2015年には、公演中に体調不良を訴え緊急搬送、

と、体調もすぐれないご様子。

これからは、ゆっくりと休養して、
また、たまにお元気な姿を見せてほしいですね。



  • LINEで送る
Sponsored Link

Sponsored Link

関連記事

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

カテゴリー

ブログランキング

↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑ 押して頂けると嬉しいです(*^_^*)

このページの先頭へ