茅野イサムは俳優だった!サクラ大戦や刀剣乱舞で2.5次元舞台演出!

Sponsored Link

1986年、劇団「善人会議」(現在の扉座)に俳優として入団し、2002年、オリジナル作品「Love Love Love」で演出家デビューされた、茅野イサム(かやの いさむ)さん。現在は、オンラインゲームが原案の「刀剣乱舞」など「2.5次元舞台」の演出家としても活躍されています。




プロフィール!


茅野さんは、1962年2月1日生まれ、
愛知県のご出身です。

身長171センチ、

血液型はA型、

本名は、
佐藤浩一さん(さとう こういち)さん、

だそうです♪


劇団「善人会議」に入団


茅野さんは、1986年10月、
横内謙介さん率いる劇団「善人会議」(現・扉座)の公演、
「まほうつかいのでし」にチンピラ役で、
舞台デビューされているのですが(この時は本名の佐藤浩一名義)、

当時の劇団員によると、1986年4月、
舞台「夜曲 -放火魔ツトムの優しい夜-」の公演が終わった後、

どこからともなく、劇団のメンバーでも、
関係者でも、誰かの知り合いでもない茅野さんが現れ、
舞台の片付けを手伝ってくれたそうで、

その時は、とにかく人手が足りなかったので、
劇団員はみな、茅野さんに対し感謝され、

片付けが終わった後、
茅野さんも打ち上げに参加。

すると、茅野さんが、劇団に入れてほしい、
と申し出られ、入団することとなったのだとか。

ちなみに、この公演では、
総入場者数1258人を動員し、
劇団悲願の1000人を突破。

翌年の1987年には、活動の拠点を、
下北沢「ザ・スズナリ」から「紀伊國屋ホール」に移転し、

茅野さんは同劇団の、
中心的な俳優として活躍されたのでした。


稽古中の茅野さん。


演出家としてデビュー


その後、詳しい経緯は分かりませんでしたが、
茅野さんは、1996年、舞台「ドンジュアン」で、
初めて演出を務められると、

1997年には、「ベニスのふたご」
1998年には、「トゥーランドット」

と、いずれも外国の戯曲を演出。

そして、1998年、
劇団のオリジナル作品「Love Love Love」で、
横内さんに指導を任せられると、

2002年4月には、「紀伊国屋ホール」で、
同作の演出を務められたのでした。
(つまり、大舞台デビューを果たされたのでした。)

横内さんは、後に、当時を振り返り、

ラグビーは試合が終わるとノーサイド。
サイド=敵味方 が消えてなくなり、人々がひとつになる。

それがロミオとジュリエットの物語に私の中で結びついた。
「love love love」のラストにそのイメージを使おう。 

そのイメージを伝えると、熱血指導で、茅野が、
熱い熱いパフォーマンスに仕上げてくれた。

その熱血指導は、代々誰かに受け継がれて、
今年もラストは熱いスクラムからの、ノーサイドで終わる。

思えば、茅野にとっても、この「love love love」が、
演出家としての原点であった。

と、綴られています。

以降、茅野さんは、
「扉座」の公演以外にも、

外部で、ストレートプレイ(ミュージカル以外の演劇)、
ミュージカルなど、様々な舞台を演出されています。

2.5次元舞台の先駆者として


ところで、今でこそ、「2.5次元」
という言葉がよく使わるようになりましたが、

茅野さんは、まだその言葉が一般に浸透していない、
2003年から、アドベンチャーゲームが原案の、
「サクラ大戦スーパー歌謡ショウ」を皮切りに、

2008年まで「サクラ大戦」シリーズを演出され、
「2.5次元舞台」の先駆者となられています。


「サクラ大戦 スーパー歌謡ショウ『新西遊記』」
の記者会見より。広井王子さんと茅野さん。


「2.5次元舞台」というのは、アニメ、マンガ、
 ゲームなどのキャラクターを、役者が演じるお芝居のこと)

そして、2015年10月には、
人気オンラインゲームの舞台化「刀剣乱舞」の、
トライアル公演が大好評を博し、

翌年の2016年5月には、
本公演「刀剣乱舞~阿津賀志山異聞~」が開催されています。

ちなみに、茅野さんは、この時、
「2.5次元舞台」の魅力について、

2.5次元舞台は「演劇ってこうでしょ」という、
固定概念をぶち破るパワーのあるジャンルです。

僕の目標は、若手登竜門というだけでなく、例えば、
世に知られたベテランの俳優が、「『刀剣乱舞』出たいね」
と言ってくれるような、もっと成熟した2.5次元作品を増やすこと。

僕もまだまだ成長していきたいし、
一度距離を置いたからこそ、
気づけたこともたくさんあります。

演劇と2.5次元を結びつけてきた、
僕にしかできない仕事も絶対あって・・・
そう、それをやるべきだと信じ、
これからも作品創りに臨んでいければと思っています。

と、熱い想いを語っておられるのですが、

そのお言葉を実現するかのように、

同年9月には、
「刀剣乱舞~幕末天狼傳~」

2017年3月には、
「刀剣乱舞~三百年の子守唄~」

と、「2.5次元舞台」で、
熱い演出を続けられています。


「刀剣乱舞~阿津賀志山異聞~」の製作発表より。

一般的なお芝居と異なり、オンラインゲームの舞台化は、
すでに、キャラクターの熱狂的なファンがいるので、
かなり厳しい批判にさらされることが多いのですが、

そんなファンをうならせ、人気を博しているところからも、
茅野さんの演出の素晴らしさが分かりますね。

さて、いかがでしたでしょうか?

小劇団での俳優活動を経て、
見事、演出家としての才能を開花された茅野さん。

今後、この「2.5次元舞台」を、
どのように進化させられるのか、
とても楽しみですね。

そんな茅野さんからは、
当分、目が離せそうにありません!!



  • LINEで送る
Sponsored Link

Sponsored Link

関連記事

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

カテゴリー

ブログランキング

↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑ 押して頂けると嬉しいです(*^_^*)

このページの先頭へ