田中健の元妻・古手川祐子との離婚理由が切なすぎる!


1975年、テレビドラマ「俺たちの旅」で青春スターとしてブレイクして以来、長らく俳優として活動するかたわら、1990年からは、ケーナ奏者としても活動されている、田中健(たなか けん)さんですが、プライベートはどのようなものだったのでしょう。今回は、そんな田中さんのプライベートをご紹介します。

「田中健のケーナは平泉成の手作りだった!」からの続き

Sponsored Link

元妻は古手川祐子

田中さんは、1986年、35歳の時、5年の交際の末、女優の古手川祐子さん(26歳)と結婚しています。

田中さんは、1980年、テレビドラマ「夜の傾斜」での共演で、古手川さんと知り合うと、交際に発展しているのですが、交際中は、ケンカ別れ寸前になったこともあるなど、必ずしも順調ではなかったようで、なかなか結婚とはならず、「永すぎた春」と噂されました。


「夜の傾斜」より。田中さんと古手川祐子さん(奥)。

それでも、田中さんが、

花嫁衣装は似合ううちに結婚したほうがいい

と、プロポーズすると、古手川さんも同意し、

1986年6月9日には、東京カテドラルで結婚式を挙げると、その後、東京都内のホテルで盛大な披露宴を開き、森繁久彌さんや美空ひばりさんら著名人800人が列席しています。


結婚会見での田中さんと古手川祐子さん。

古手川祐子と結婚後は婿養子で肩身の狭い思いをしていた

ちなみに、古手川さんは、田中さんとの結婚を決めた理由を、

いろいろあったけど、健さんほど大きくて温かい人はいなかった

と、語っており、

実際、田中さんは、結婚後も、古手川さんの家に婿養子に入るほか、

  • 新居となるマンションは古手川さん好みの白で統一
  • 田中さんは自室を一つもらっただけ
  • 娘が誕生した後、1989年には、古手川さんの両親と同居
  • 古手川さんは仕事で家を空けることが多く、田中さんが子育てを担当

と、古手川さんに合わせていたのですが・・・

ケーナの練習を表向きの理由に古手川祐子と別居

そのせいで、田中さんは、マスコミから、「マスオさん」と揶揄(やゆ)され、肩身の狭い思いをするようになっていくと、

(義理のお父さんに怒鳴りつけられているところを、近所の人に目撃されたこともあったようです)

ついに、1994年、「ケーナの練習のため」という(表向きの)理由でマンションを借りると、判を押した離婚届を置いて家を出て、別居となったのでした。

(自宅では、地下室でケーナを練習していたそうですが、ケーナはとても大きな音が出ることから、古手川さんら家族から「うるさい」と言われ、多摩川の河川敷で練習することもあったそうです)

結婚13年で古手川祐子と離婚

その後は、田中さん、古手川さん、共に不倫疑惑が報道されているのですが、1999年7月17日、古手川さんの誕生日の翌日に、田中さんが古手川さんに電話をし、「おめでとう」と言った後、「好きな人がいる」と告白すると、

(古手川さんはそれまで離婚を渋っていたそうですが)古手川さんも離婚に同意したそうで、1999年、二人は、結婚13年で正式に離婚したのでした。

Sponsored Link

対照的だった田中健と古手川祐子の離婚会見

その後、同年7月29日午前、田中さんは、離婚会見を開き、

(古手川さんについて、)好きですけど、生活していく上ではパートナーじゃなかった

3年前に付き合い始めた彼女がいます。普通の人でちゃんとした付き合いをしています

と、終始、爽やかな表情で語っているのですが、

それに対し、同日午後に会見を開いた古手川さんは、涙を流しながら、

こんなに傷つけられたことはない

別居中は一切援助してもらっていない

と、語っています。

ちなみに、後に田中さんは、

客観的に見れば、そういうこと(不仲)はあったかもしれないし、歯車が噛み合わなかった

と、古手川さんと、不仲だったことを認めています。

「田中健の現在の妻は加賀まりこの姪!娘は?」に続く

結婚披露宴での田中さんと古手川祐子さん。

Sponsored Link

関連記事

サブコンテンツ

このページの先頭へ