池内淳子の死因は?夫は?若い頃は新東宝の看板女優だった!

Sponsored Link

1955年、「皇太子の花嫁」でスクリーンデビューを果たすと、翌年の1956年には、「新妻鏡」で初の主演に抜擢され、久保菜穂子さん、三ツ矢歌子さんと共に「新東宝現代劇の女優三羽烏」と呼ばれた、池内淳子(いけうち じゅんこ)さん。結婚後は映画界を引退されるのですが、離婚後、映画界に復帰。以降、映画、テレビドラマ、舞台にと精力的に出演し、愛人の役から白い割烹着が似合うお母さんの役まで、幅広い演技で国民的な人気を博しました。




プロフィール!


池内さんは、1933年11月4日生まれ、
東京府東京市本所区東両国(現在の東京都墨田区)のご出身、

血液型はO型、

本名は、
中澤純子(なかざわ すみこ)、

出身高校は、
十文字高等学校、

だそうです♪


スカウトで新東宝に入社


池内さんは、高校卒業後、1952年、
「日本橋三越本店」の呉服売り場に就職すると、
1年半ほど勤務され、退職。
(池内さんの美貌は評判だったそうです)

その後、1954年には、花嫁修業のため、
和裁と料理の学校である「日本女子割烹専修学校」
(現在の池袋調理師専門学校)に通われるのですが、

その頃、友人の勧めで、雑誌「サンケイグラフ」の、
カバーガールに応募されると、見事合格。

10月下旬号で表紙を飾ると、
「新東宝」の宣伝マンの目に止まり、
スカウトされて、「新東宝」に入社されています。


新東宝の看板女優として


そして、翌年の1955年には、
「皇太子の花嫁」でスクリーンデビュー。



続く「次郎物語」では、主人公の姉役を演じ、
注目を集めます。

以降、池内さんは、清純派女優として、
青春映画や時代劇に出演されると、

1956年には、
「新妻鏡」で初の主演に抜擢。



1957年には、
「警察官」「リングの王者・栄光の世界」
「鋼鉄の巨人(スーパー・ジャイアンツ)」

と、立て続けに出演され、

久保菜穂子さん、三ツ矢歌子さんと共に、
「新東宝現代劇の女優三羽烏」と呼ばれたのでした。


結婚⇒引退⇒離婚⇒復帰


しかし、1957年、ラジオの共演で知り合われた、
俳優でジャズ歌手の柳沢真一さんと結婚されると、
同年、映画界を引退。


柳沢真一さんと池内さん。

ただ、早くも翌年の1958年には、
別居を経て離婚され、新東宝と再契約。

1960年には、
映画「花嫁吸血魔」で映画界へ復帰されています。


花嫁吸血魔 [DVD]

ちなみに、池内さんは、この作品で、
毛むくじゃらの怪物に変身する悲劇の美女を、
特殊メイクをしてまで演じられているのですが、

これは、「新東宝」の社長、大蔵貢さんが、
もともと、池内さんの結婚に反対だったため、

復帰後、このような不本意な役を、
泣く泣く引き受けさせられたと噂されました。

(ただ、当時の「新東宝」は、このような役は特別ではなく、
 池内さんに限った話ではなかったそうなので、
 この話はただのうわさだとも言われています。)


「日日の背信」で人気女優へ


そんな池内さんは、同年の1960年、
お昼のメロドラマ「日日の背信」で、
不倫愛に悩むヒロインを演じられると、

ドラマは驚異的な高視聴率を記録し、
一躍、人気女優の仲間入りを果されます。



1961年には、「新東宝」は、
経営悪化のため倒産しますが、

移籍先の「東京映画」でも、
映画「花影」(1961年)で主演を務めると、

数々の男達と関係を持ちながらも愛を得られぬ、
銀座のバーのマダムを演じて、高い評価を受け、


「花影」より。池内さんと佐野周二さん。

以降、

1963年~「社長」シリーズ
1965年「けものみち」
1966年「沓掛時次郎・遊侠一匹」
1967年~「駅前」シリーズ


「けものみち」より。池部良さんと池内さん。

など、次々と映画に出演。

コメディからサスペンスまで、幅の広い演技で、
実力派女優としての地位を確立されたのでした。


国民的テレビドラマ女優へ


その後は、テレビドラマでも活躍され、
中でも、1965年の東芝日曜劇場「女と味噌汁」では、

しっかり者の芸者が味噌汁屋を開業し、笑顔と味噌汁で、
周囲の人々を温めていくストーリーが評判を呼び、

毎回20%以上の視聴率を記録したことから、
池内さんは「20%女優」と呼ばれるように。
(このドラマは、1980年まで続く、
 長期シリーズになっています。)


「女と味噌汁」より。池内さんと田中邦衛さん。

そして、1970年代以降は、国民的ドラマ女優として活躍し、
名実ともにテレビドラマのトップに君臨。

1980年代は舞台を中心に活動されますが、
1990年代以降は再びテレビドラマにも、
数多く出演されるようになり、

1991年のNHK連続テレビ小説「ひらり」では、
相撲部屋の女将役、

1998年のNHK連続テレビ小説「天うらら」では、
主人公の祖母役を演じられるなど、
大ベテラン女優としての存在感を見せつけられています。


死因は肺腺がん


しかし、池内さんは、2007年4月、
舞台「三婆(さんばば)」の地方公演中、
胸に違和感を覚えて検査入院されると、

「間質性肺炎及び胸水貯留」「肺腫瘍」が発覚し、
「肺腺がん」と診断されてしまいます。

その後、3ヶ月間、入院し、
抗がん剤治療で腫瘍はほぼ消失。

6月には退院し、自宅から通院しながら治療を続け、
8月にはテレビドラマで仕事復帰されるまで回復されていたのですが、

2010年3月頃、ガンが再発。

池内さんは、同年5月16日まで、
舞台「三婆」に出演されていたのですが、

その後、再入院され、同年9月26日、
「肺腺がん」のため他界されたのでした。

さて、いかがでしたでしょうか?

輝かしい女優人生の陰で、あまり、
私生活を明かされることのなかった池内さんですが、

お母さんの介護を1991年から7年以上にわたり、
在宅でされていたようで、

池内さんは、そのことについて、
1998年、雑誌のインタビューで、

母の介護は、神様が与えてくれた試練だと思っています。
還暦を迎えた年になっても母がいるのはありがたいことです。

と、おっしゃっています。

骨折して歩けなくなってから、
寝たきりになってしまったお母さんが、
1日でも自分のそばで長生きしてほしいとの思いから、
在宅介護を決断されたそうですが、

離婚、不遇の時代、お母さんの介護など、
こうした様々なご経験が、
池内さんを大女優にならしめたのかもしれませんね。

ご冥福をお祈り致します。



  • LINEで送る
Sponsored Link

Sponsored Link

関連記事

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

カテゴリー

ブログランキング

↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑ 押して頂けると嬉しいです(*^_^*)

このページの先頭へ