織田裕二の嫁は?子供は?柳葉敏郎と不仲?出演ドラマ映画は?

Sponsored Link

1993年のテレビドラマ「振り返れば奴がいる」以来、「織田不敗神話」と呼ばれるほどのヒットを連発すると、1997年には、またしても、テレビドラマ「踊る大捜査線」が大ヒット。さらには、続く劇場版が2作ともメガヒットを連発し、すっかり、映画・ドラマ界の重鎮となられた、織田裕二(おだ ゆうじ)さん。そんな織田さんのプライベートや、不仲がささやかれた柳葉敏郎さんとの関係について調べてみました。




「織田裕二の若い頃は?三谷幸喜と因縁?東京ラブストーリーは禁句だった!」からの続き

「踊る大捜査線」シリーズがメガヒット


こうして、数々のドラマをヒットさせ、
「織田不敗神話」と言われるほどの成功を続けてきた織田さんですが、
その勢いは、留まるどころか、

1997年には、テレビドラマ「踊る大捜査線」で、
主人公の青島俊作役を演じられると、ドラマはまたしてもヒット。


「踊る大捜査線」より。(左から)深津絵里さん、
ユースケ・サンタマリアさん、大塚寧々さん、織田さん。


そして、翌年の1998年に公開された、
映画版「踊る大捜査線 THE MOVIE~湾岸署史上最悪の3日間!」も、
興行収入101億円、観客動員数700万人のメガヒット、


「踊る大捜査線 THE MOVIE~湾岸署史上最悪の3日間!」より。

さらには、続編の、映画「踊る大捜査線 THE MOVIE2
レインボーブリッジを封鎖せよ!」
に至っては、


「踊る大捜査線 THE MOVIE2 レインボーブリッジを封鎖せよ!」より。
深津絵里さんと織田さん。


なんと、興行収入173.5億円、観客動員数1250万人と、
メガヒットした前作を上回るメガヒットとなり、
実写邦画歴代1位に輝いたのでした。

そして、織田さんは、2012年、完結編となる、
映画「踊る大捜査線 THE FINAL 新たなる希望」の、
完成披露試写会では、こみあげる涙を抑えながら、

15年、15年、15年…なんか短いような長いような。
実際はいろんなことがあって、嬉しいこと、ちょっと悲しいこと。

でも、今はただ本当に感謝です。スタッフ、キャスト。
こんなに幸せを感じられる現場というのはなかなかないですし、
その作品に対してこうしてみなさんが応えてくださって。
もう、本当にこれ以上ないくらい幸せです。

と語られたのでした。


「踊る大捜査線 THE FINAL 新たなる希望」完成披露試写会より。
(左から)ユースケ・サンタマリアさん、佐戸井けん太さん、深津絵里さん、
伊藤淳史さん、織田さん、柳葉敏郎さん、北村総一朗さん、斉藤暁さん、内田有紀さん。


柳葉敏郎と不仲だった?


ところで、その「踊る大捜査線」で、
シリーズ通して共演されてきた織田さんと柳葉敏郎さんが、
当初から仲が悪いと言われてきました。


「踊る大捜査線 THE MOVIE~湾岸署史上最悪の3日間!」より。
柳葉敏郎さんと織田さん。


というのも、織田さんは、「踊る大捜査線」の、
テレビシリーズ(1997~1998年)の頃から、
柳葉さんをはじめ、他の共演者の演技に、
あれこれと注文をつけており、

みんな、うんざりしながらも我慢していたのですが、
とうとう、柳葉さんが、

これ以上、やってられない。

と、怒りをぶちまけられたそうで、

柳葉さんは、2007年、
朝日新聞[秋田版]の連載コーナーで、

(ドラマの2話の撮影が終わった時)
自分なりに室井を探りながら演じてきた。

なのに、主役の青島刑事を演じる織田君に、
「それ違うんじゃない」って言われてね。

それで「ぶっちん」きましてね。

「(プロデューサーに)3話目で殉職させてくれ」

と訴えられたことを明かされたのでした。

さらには、同時期、織田さんが、
持病の腰痛が悪化して歩けなくなったことから、
現場のスケジュールが変更され、
現場は混乱を余儀なくされていたのですが、

そんな織田さんのことを、柳葉さんが、

「現場に迷惑を掛けるのは役者として失格」

と、周囲に言いふらしていると伝え聞いた織田さんは、

以降、柳葉さんと、
距離を取るようになったとも言われており、

(柳葉さんが、本当に、
 このようなことを言ったかどうかは不明)

お二人のただならぬ空気を察した本広克行監督が、
以降は、2人が絡む場面を減らす配慮をしたことから、
不仲説はさらに拍車がかかったのでした。

和解?


しかし、2012年、シリーズ完結となる、
映画「踊る大捜査線 THE FINAL 新たなる希望」公開前に、
お二人の対談が実現し、

織田さんが、

(柳葉さん演じる)室井さんがそこにいるんです。
相当我慢なさっていたと思うんですよ。本当は楽しい方ですからね。

でもそういう部分は見せずに15年間室井さんでいてくださった。
「正しくないことをやったら斬るぞ」
くらいの緊張感を持っていてくださったおかげで、
本気でぶつかり合うことができましたね。すごく感謝しています。

と言われると、

柳葉さんも、

織田くんが青島という男を、
あそこまで、情熱を持って演じてくれたおかげで、
室井という男を引っ張ってもらえた。

織田くんがあれだけ青島という男にこだわっているんであれば、
俺も室井にこだわらなければいけないという思いをさせられましたね。

今回も、僕はリハーサルを重ねながら、
手探りで室井を表現していったんですけど、

織田くんはそれに対して自分はどうしたらいいんだろうっていう、
やっぱり新たな動きを模索してくれていましたから。

と言われたそうで、

不仲というよりは、お互い非常に高いプロ意識を持っているが故の、
衝突だったのかもしれませんね。


「踊る大捜査線 THE MOVIE~湾岸署史上最悪の3日間!」より。
柳葉敏郎さんと織田さん。


出演ドラマ映画


それではここで、
織田さんのそのほかの出演作品もご紹介しましょう。

テレビドラマでは、

1998年「恋はあせらず」
2001年「ロケット・ボーイ」
2002年「真夜中の雨」
2004年「ラストクリスマス」

2007年「冗談じゃない!」
2008年「太陽と海の教室」
2011年「外交官 黒田康作」
2013年「Oh,My Dad!!」

2014年「奇跡の教室」
     「株価暴落」
2016年「IQ246~華麗なる事件簿~」
2018年「監査役 野崎修平」


「IQ246~華麗なる事件簿~」より。
(左から)織田さん、土屋太鳳さん、ディーン・フジオカさん。


映画では、

1991年「波の数だけ抱きしめて」
     「就職戦線異状なし」
1992年「エンジェル 僕の歌は君の歌」
1993年「卒業旅行 ニホンから来ました」
1995年「きけ、わだつみの声 Last Friends」

1998年「踊る大捜査線 THE MOVIE」
2000年「ホワイトアウト」
2006年「県庁の星」
2007年「椿三十郎」
2009年「アマルフィ 女神の報酬」

2010年「踊る大捜査線 THE MOVIE3 ヤツらを解放せよ!」
2011年「アンダルシア 女神の報復」
2012年「踊る大捜査線 THE FINAL 新たなる希望」
2016年「ボクの妻と結婚してください。」


「ボクの妻と結婚してください。」より。吉田羊さんと織田さん。

ほか、数多くの作品に出演されると、
ほとんどの作品で主演を務められ、ヒットさせています。


嫁は元モデル


そんな織田さんの、
気になるプライベートですが、

織田さんは、2010年、12歳年下の、
元モデルでタレントの野田舞衣子さんと結婚されています。


野田舞衣子さん

お二人は、2003年頃、合コンで知り合って、
交際に発展、結婚に至ったようですが、

野田さんは、兵庫県芦屋市のご出身、
お父さんがアパレル業界の重役というお嬢様で、

大学卒業後、読者モデルとして活動されると、
その後は、モデル、タレントとして活動され、

2007年には、ファッション雑誌「25ans」の、
編集に携わられていたとのこと。



ただ、織田さんは、

僕は役者なので、私生活とか、
あまり皆さんに分からないほうがいいと思っています。

と、プライベートを明かさない主義だそうで、
馴初めなど、詳しいことは分かりませんでした。

本当は偽装結婚でゲイ?子どもは?


そして、織田さんには、
これまで浮いた話がなかったことから、

実は同性愛者で、今回の結婚も偽装結婚では、
との噂ももささやかれていたのですが・・・

2014年には、男の子が誕生。

また、しばしば、ご夫婦で食事に行ったり、
松嶋菜々子さん・反町隆史さんご夫婦の別荘に遊びに行かれるなど、
ご夫婦の仲はとても良いとのことでした♪

さて、2013年には、アメリカのサンフランシスコ、
カストロストリートで、8億円もの不動産を購入されたことが、
週刊誌に報道された織田さんですが、

カストロストリートは、
「ゲイのメッカ」と呼ばれるほどのゲイ・タウン。

なぜ、あえて、カストロストリートなのか、
また、不動産購入の経緯はどのようなものだったのか、
気になるところですが、結婚生活同様、謎のまま。

やはり、織田さんはゲイなのか、
それとも、何か他に理由があるのか・・・

本業(俳優)以外でも、織田さんからは、
まだまだ、目が離せません!!



  • LINEで送る
Sponsored Link

Sponsored Link

関連記事

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

カテゴリー

ブログランキング

↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑ 押して頂けると嬉しいです(*^_^*)

このページの先頭へ