伊武雅刀に娘?結婚は?子供達を責めないでは歌?声がいい!名前の読み方?

Sponsored Link

いやらしい演技で(←褒めてます)、しばしば、主役をも食ってしまう名優、伊武雅刀(いぶ まさとう)さん。 もともとは声優でのご活躍でしたが、最近では、すっかり俳優としても、揺るぎない地位を築き上げられています。



名前の読み方?


ん? 伊武雅刀(いぶ まさとう)?
いつから、「いぶ まさとう」 さんになったんでしょう?
当初は、 「いぶ まさと」 さんだったんですが・・・

本名は、室田 悟(むろた さとる)さんですが、

芸名は、伊武 雅之、 伊武 雅乃、 伊武 正己、 伊武 専、 
    伊武 雅刀(いぶ まさと)、 伊武 雅刀(いぶ まさとう)

しかし、伊武さんもよく名前を変える人ですね~
  
ちなみに、現在の伊武 雅刀(いぶ まさとう)という名前は、

名前の最後の字を2画の字にするといい

と、声優の井上瑤さんから言われたことがきっかけだったそうです。

伊武さんは血液型がA型なので、
ちょっと気になる 人なのかもしれません(^^)

娘?結婚は?


そんな伊武さんは、結婚されているのでしょうか?

全然情報がないのですが、結婚はされているようです。
おそらく、奥さんは一般の方だと思われます。

それから、お子さんは、娘さんがいらっしゃるようで、
以前、「世界ウルルン滞在記」 に出演されて、フランスに行かれた時、
当時、フランスに住まれていた娘さんと再会するシーンがあったそうです。

その時の娘さんが、なんと、坊主のような髪型だったとか!
今はどうされているんでしょうね。


子供達を責めないでは歌?


伊武さんが、昔 「夜のヒットスタジオ」 に出演されてたって
ご存知でしたか? もちろん歌手で!

曲は、「子供達を責めないで」
(作曲:H. B. Barnum、原詞:Ivan Reeve、日本語歌詞:秋元康)



これは、歌と言えるのでしょうかね(^_^;)

ひたすら、子どもが嫌いなことと、
子どもが嫌いな理由を演説しています! というか、ぶちまけていますw

でも、実はこれ、

本当は子供達に愛されたいのに、
愛してもらえないのでひねくれている大人

の歌なんですね。

実際、カップリング曲は、「パパと踊ろう」 でした。
かわいいですね♪

この曲、日本語詩は秋元康さんが書かれているんですが、
もともとは、

子供達が罪を犯してしまうのは、
我々大人達にも原因があるのではないか?

という歌詞だったそうです。
そのままでは、おもしろくないので、秋元さんが逆説的に書き換えられたそうです。

さすが、天才、秋元康さんですね。

声がいい!


それにしても、
伊武さんはいい声をしてらっしゃいますよね~

でも、最近、伊武さんは声優をされません。
実は、昔の嫌な時代を思い出されるからだそうです。

伊武さんは昔から役者志望だったんですが、
どうしても、伊武さんの 「声の良さ」 の方に需要が集まり、
声優の仕事ばかりだったとか。

役者志望の伊武さんにとっては、声優で評価されるのは、
あまり気分のいいことではなかったようです。
(全く売れない人から見たら、贅沢な話ですが・・・)

声優をすると、その頃の悔しい気持ちがよみがえるんでしょうね。

でも、「宇宙戦艦ヤマトシリーズ」 の、「デスラー総統」 役
だけは、今でも声優の仕事を受けられています。

この声、ピッタリですよね~
ご存知ない方は是非、見ていただきたいです!

実は、この声も、もともとは、不本意な仕事だったそうです。
というのも、オーディションでは、さわやかな 「島大介」 役を受けたそうです。



でも、声が暗く、さわやかな島大介には不適、と落選。
そのかわり、ダークな「デスラー総統」 の役に選ばれたそうです。



それで、落ち込みつつ、半分投げやりに、「デスラー総統」
を演じていたそうです。

それが、逆に、「デスラーのイメージにぴったりだ」
と高い評価を受けたとか。

それで、この役にはとても思い入れが強く、
今でも大事にされているんですね。

不本意だ、とおっしゃりながらも、素晴らしい才能を開花させ続け、
ついには、念願の俳優業にたどりついた伊武さん。

その俳優業でも、いやらしい役(←褒めてます)では、伊武さんの右に出る
人はいないまでに、素晴らしい才能を発揮されています。

これからも、ネットリした演技で、
わたしたちを楽しませ続けてほしいものです♪



  • LINEで送る
Sponsored Link

Sponsored Link

関連記事

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

カテゴリー

ブログランキング

↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑ 押して頂けると嬉しいです(*^_^*)

このページの先頭へ