携帯電話の留守番電話で損してない?

Sponsored Link

携帯電話に留守番電話サービスは本当に必要か?
あれば便利な機能である留守番電話サービス。
仕事が終わり、携帯チェックしていると知らない電話番号の着信履歴。
一体誰だろう?


留守電にメッセージが入っていたら、要件を聞きにいくのは当たり前?


そんな時、留守電が入っていると、迷わず留守番電話サービスに接続する。
セールスならかけ直す必要がないけど、この前頼んだ水道屋さんからなら日程の打ち合わせかもしれない。やはりかけ直さないと。

そんなことを瞬時で考えながら聞いていると、長い長い音声ガイダンスの後、やっと用件が再生された。

「お世話になっております。○○でございます」

ああ、やっぱり水道屋さんからか。
かけ直さないと。

そんな当たり前の風景と思われる留守電チェック。

留守電にメッセージが入っていることがわかると、ほとんどの人が、ごく当たり前のように留守番電話サービスに問い合わせて要件を聞きにいくだろう。

仮にその時は忙しくて聞かなくても後から聞きにいくだろう。
聞かずにそのまま放っている人は少ないと思う。

だが、実はこの当たり前のことが、

ただ単に損をしているだけ

ということをご存知だろうか?
どれくらい損をしているのか・・・


留守電を再生するのにいくらかかる?


ソフトバンクで留守電機能(1416)を設定している場合と設定していない場合を比較してみた。

まず、留守番電話サービスの通話料について調べてみると、
ソフトバンクでは、プランにもよるが、「ホワイトプラン」「ゴールドプラン」の場合は、新しいメッセージのお知らせガイダンスが流れた瞬間から通話料が発生し、30秒で20円かかる。
(ドコモSSプランでも、30秒で21円らしいので、ソフトバンクとほとんど同じ)

そこで、お知らせガイダンスが流れて、最後にメッセージを消去するまで一体どれくらい時間がかかっているのか、実験してみることにした。
すると・・・

メッセージをほとんど入れず、いわばワン切りの状態でも55秒かかったのである!

なので、ちゃんとメッセージを聞いたり、複数のメッセージを聞くと、余裕で数分になるだろう。
しかも、留守電は途中で切らせてくれない。
最後の操作、いわゆる、メッセージを保存するには・・・メッセージを消去するには・・・この手順まですべて終わらせないと、途中で、ぶちっと消しても何日かは留守電の表示が残ってしまい、うっとおしいので、結局は最後まで聞いてしまうことになる。

  (表示を消すだけなら、iphoneの場合は再起動すれば消せる。メッセージが消えるのは一定期間が必要)
    ソフトバンク・・・72時間   au・・・48時間   Docomo・・・72時間

つまり、
留守電を再生するだけで自動的に約40円は確実にかかるのだ。

(実際にはほとんどの場合、メッセージを聞くので60円以上になる!)

留守電を設定せず、着歴から掛けなおした場合は?


そこで、今度は留守電機能を設定していない場合のことを考えてみよう。

ちなみに、ソフトバンクのホワイトプランは通話料30秒で20円なので、留守電と同じだ。(ドコモSSも30秒で20円)

仕事が終わり、携帯チェックをしていると知らない電話番号の着信。
一体誰だろう?

そこで、放っておくのも良し。
何か大切な用事なら必ずまたかかってくるはずだから。

逆にかけ直すのも良し。
でも、もしセールスとか、くだらない勧誘だったらかけ直すの、通話料がもったいない。
でも、この前連絡した、水道屋かもしれない。

少し考えて、かけ直してみることにした。

「お世話になっております。○○でございます」

ああ!やっぱり水道屋さんだった。

「では今度の土曜日朝の9時に伺います」
「わかりました。よろしくお願いします」
「こちらこそよろしくお願いします」
….終了。

このやりとり、30秒かかるだろうか?

こんな事務的なやりとりなら、

留守電聞きにいくより、かけ直した方が通話料は安い。

仮にかけてきた相手がセールスならなおさらだ。
相手が話している途中で、「けっこうです」と言ってプチッと切れば30秒はかからない。
しかし、
留守電を再生してしまうと、その時点で自動的に40円払わないといけないことになる。

わかっていただけただろうか?

携帯の留守電機能は得でも自分の為でも何でもなく、ただ単に損をしているだけ

ということを。

では、留守電機能は何のためにあるのか?


それはかけてきた相手のためにあるのではないだろうか。

メッセージを残すことで、かけたよ、という証拠が確実に残るし、メッセージを聞いた相手から折り返し返事があるかもしれない。(実際ほとんど返事があると思う)

当たり前で、便利な機能だと思っていた留守番電話。
よくよく考えてみると、他にも、そんなものが世の中にはあふれている気がする。

よく考えて、納得した上で自分がどうしても必要、便利と思うものだけを使うようにしないと、知らず知らずのうちに損をしていることに気づく。


  • LINEで送る
Sponsored Link

Sponsored Link

関連記事

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

カテゴリー

ブログランキング

↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑ 押して頂けると嬉しいです(*^_^*)

このページの先頭へ