能年玲奈!あまちゃん!独立騒動?小泉今日子と?舞台で復帰?

2013年、NHK朝の連続テレビ小説「あまちゃん」でブレイクし、一躍、国民的人気女優になられた、能年玲奈(のうねん れな)さん。しかし、その後は、事務所独立や洗脳騒動でマスコミを賑わせ、女優としての活動は休業状態となってしまいました。そんな能年さんに、現在、復帰がうわさされています。


Sponsored Link

プロフィール!

能年さんは、1993年7月13日生まれ、
兵庫県神崎郡神河町のご出身です。

身長164センチ、
血液型はA型、

趣味は、
ギター、読書、アニメ鑑賞、

特技は絵を描くこと、

だそうです♪

モデルで芸能界入り

能年さんは、
2006年、13歳の時、

ローティーン向けファッション雑誌「ニコラ」の、
「第10回ニコラモデルオーディション」
に応募にされ、見事グランプリを獲得。

その後は、お仕事のため、
地元兵庫県から、ひとりで、
東京まで通われていたそうです。

女優として

そして、2010年5月号をもって、
「ニコラ」の専属モデルを卒業されると、

同年、映画「告白」で、
女優デビュー。

能年さんは、物語の舞台となる、
1年B組の生徒の中のひとり、

桐谷修花役を演じられたのですが、
この時は、まだセリフのない端役でした。

その後も、テレビドラマや映画に出演し、
女優としてのキャリアを積まれるのですが、

能年さんが一躍脚光を浴びたのは、
2012年の「カルピスウォーター」のCMでした。

能年さんの、さわやかで明るい笑顔が、
かわいかったですね♪

また、同年の映画「カラスの親指」では、
ヒロイン、河合まひろ役に抜擢。

能年さんは、この映画の演技で、
「第37回報知映画賞」の新人賞を受賞し、
早くも、女優としての才能を開花されたのでした。

あまちゃんのヒロインに抜擢

そして、2013年には、
応募者1953名の中から、

NHK朝の連続ドラマ小説「あまちゃん」の、
ヒロイン天野アキ役に抜擢。

能年さんの不器用さが、
ヒロインに通じていたのが理由だったそうで、

能年さん自身も、

普段テンポが遅くて、人と違う時間が流れていたり、
話が噛み合わなかったり、
話すのが下手だったりするので、
そこを伝えられるように頑張りたい。

と、アキに通じるものがあることを、
認められていました。

このドラマは、
80年代テイストが散りばめられた、
宮藤官九郎さんのセンス光る脚本と、

能年さんのフレッシュで純粋な魅力が、
視聴者の心を掴み、

平均視聴率20.6%と、
大ヒットを記録!

日本中に、
「あまちゃん」旋風を巻き起こし、

放送終了後は、
「あまちゃロス」現象が、
日本中で起こったほどでした。

こうして、能年さんは、
一躍、国民的人気女優の仲間入りを果たし、

これからの活躍が、
大いに期待されていたのですが・・・

ニート状態?

能年さんは、翌年の2014年には、
「ホットロード」で、
映画初主演を果たすものの、

その後は、テレビドラマや映画では、
めっきり姿をお見かけすることが、
なくなってしまい、

お仕事はブログ更新のみと、
「ニート状態」に。

当初は、キスシーンや戦争ものなどを、
NGにされるなど、

能年さんが仕事を選り好みされているのが原因、
と言われていたのですが、

実際は、能年さんのお給料を巡る、
事務所とのトラブルが原因だったようです。

能年さんは、1年もの間、
テレビドラマや映画に出演できない状態が続いたようで、

ついには、事務所から連絡があっても、
出ないほどに、双方の溝は深まっていったのでした。

独立

そして、2015年1月、

能年さんは、事務所に無断で、
個人事務所「株式会社三毛andカリントウ」
を設立されたのでした。

実は、その背景には、
ある女性の存在が・・・

「生ゴミ先生」

実は、能年さんが、
「あまちゃん」でブレイクできたのは、
ある女性の手腕によるものだと考えられているのです。

その女性とは、
能年さんの演技指導もされている、
「魅力開発トレーナー」の滝沢充子さんという方で、

能年さんは、高校1年生で、
初めて滝沢さんのレッスンを受けた時、

「あなたは女優をやらないと生ゴミね」

と言われたことから、
「生ゴミ先生」と呼んでいるそうですが、

演技指導以外にも、

「欠点を直さずに磨きぬいて魅力に変える」

という方法で、
能年さんを指導されてきたことから、

能年さんは、滝沢さんを、
師と仰ぐほど、非常に信頼しており、
家族ぐるみの付き合いもしているのだそうです。

そんなことから、

「能年は洗脳されている」

と、あらゆるメディアに報じられてしまうのでした。

小泉今日子と?

そんな中、能年さんは、
2015年6月、

小泉今日子さんの舞台「草枕」を、
渡辺えりさんと観に行った様子を、
3人のスリーショットともにブログにアップ。

さらに、2016年5月10日には、
小泉さんとのツーショットとともに、

小泉さんの舞台「マイラストソング」を、
観劇したことをブログに綴られるなど、


「あまちゃん」
で共演した小泉さんとは、
撮影終了後も仲良くされており、

能年さんは、小泉さんを、
「ママ」と呼んで慕われているのだとか。

一方、小泉さんも、
能年さんをかわいがっておられるようで、

世話したいと思うのも欲望。
私がしてもらったことを、
ビーズのようにつなげていきたい。

と、語っておられました。

Sponsored Link

舞台で復帰?

そんなこともあり、
能年さんは、小泉さんの個人事務所に移籍し、
舞台で復帰するのではないか、
とも噂されています。

例外はあるものの、一般的には、
タレントが事務所から独立することは、
タブーとされており、

例え契約が切れた後でも、
強引に独立すると、

元事務所が、テレビや映画業界に根回しをし、
干されると言われていますが、

小泉さんに限っては、大手芸能事務所である、
「バーニングプロダクション」に所属しながら、

長年の功労者ということで、
個人事務所の設立を認められただけではなく、

バーニングの周防郁雄社長も、
一目置いておられるようなので、

もし能年さんが、
小泉さんの事務所に移籍しても、
干されるなどの問題はなさそうです。

また、能年さんが、
渡辺さんや、小泉さんの舞台を、
頻繁に観に行かれているのは、

舞台出演に向けた、お芝居の勉強なのでは、
とも言われています。

さて、「あまちゃん」そのままの、
明るく天然なキャラで、
先輩女優たちに可愛がられている能年さん。

「魅力開発トレーナー」滝沢充子さんとの、
現在の関係が少し気がかりですが、

再び、テレビドラマや映画で、
能年さんのはじける笑顔が見られるのは、
もう間近かもしれません!!

Sponsored Link

関連記事

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ