篠山紀信の若い頃はジョンレノンとオノヨーコのキス写真も!


大学在学中より、新鋭写真家として頭角を現し、以降、歌舞伎、相撲、ヌード、芸能人、建築物など、ジャンルを問わずに写真を撮り続けてこられた、篠山紀信(しのやま きしん)さんですが、若い頃には、オノヨーコさんとジョン・レノンさんの最後の写真も撮影されています。

Sponsored Link

年齢は?出身は?身長は?本名は?

篠山さんは、1940年12月3日生まれ、
東京市淀橋区柏木(現・東京都新宿区北新宿)のご出身、

学歴は、
新宿区立淀橋第四小学校
⇒私立芝中学校・高等学校
⇒日本大学芸術学部写真学科卒業
(大学と並行して、東京綜合写真専門学校にも通学)

本名は、読み方違いの、「篠山紀信(しのやま みちのぶ)」です。

大学受験失敗がきっかけで写真の世界へ

篠山さんは、特に写真が好きという訳ではなかったそうですが、一般大学受験に失敗してしまい、かといって、浪人するのも嫌で、まだ募集がかかっていた日本大学藝術学部写真学科に出願されたそうで、

写真学科を選ばれた理由も、

これから写真っていいんじゃないかな

と、なんとなく思っただけだったそうです。

東京綜合写真専門学校で技術を習得

こうして、職業にしようと写真学科を選ばれた篠山さんですが、大学では写真のことは全く教えてくれなかったそうで、これではダメだと思い、大学と並行して、2年間、夜に東京綜合写真専門学校に通い、実践的な技術を磨かれます。

そして、専門学校を卒業する1961年、周囲から広告制作プロダクション「ライトパブリシテイ」がカメラマンの募集をしていること知らされ、勧められて面接を受けると、見事合格。

(篠山さんは、日本大学在学中に就職され、日本大学は1963年に卒業されています)

ここで、人間、建築、自動車と、何でも撮影して技術を磨かれると、6年後、フリーとなられたのでした。

ちなみに、篠山さんは、この頃すでに、

1965年「Dancer」
1968年「The Birth」
1969年「Death Valley」
1969年「Twin」


「Dancer」

などの傑作を世に出されているのですが、以降も、ヌード、歌舞伎、芸能人など、多種多様なジャンルの写真を数多く撮影し、高く評価されています。

ジョンレノンとオノヨーコのキス写真(ダブル・ファンタジー)を撮影していた

そんな篠山さんは、1980年には、オノヨーコさんとジョンレノンさんがキスをしている写真を撮影されているのですが、これが、オノさんとレノンさんの共作アルバム「ダブル・ファンタジー」のジャケット写真に使われています。


ダブル・ファンタジー ~ミレニアム・エディション~

実は、オノさんから、

日本の写真家に二人を撮ってもらいたい

との依頼を受けての撮影だったそうで、

篠山さんはニューヨークのダコタ・ハウス(ヨーコさんとレノンさんの仕事場兼住居)でお二人に会うと、時間を無駄にしたくなかったため、すぐさまシャッターを押し始めたそうです。

すると、夕暮れ時、突然、ヨーコさんがジャケット用の写真を撮ろうと言い出したそうで、3人でセントラルパークまで行ったそうですが、そこで、大きな池のほとりにあるベンチに腰掛けた二人に、篠山さんが、

キスをしてみましょう

と、提案したそうで、

篠山さんは、5日間で合計8時間、約800枚もの写真を撮影されたのだそうです。

そして、その2ヶ月後の1981年11月、「ダブル・ファンタジー」が発売されたのですが・・・

それから1ヶ月も経たないうちに、レノンさんがダコタハウス前で凶弾に倒れ、帰らぬ人に。

結果、「ダブル・ファンタジー」は、レノンさんの遺作となり、篠山さんが撮影した写真は、ヨーコさんとレノンさんの最後の写真となったのでした。

Sponsored Link

写真集「DOUBLE FANTASY」を発表

ちなみに、篠山さんは、

彼らが一番ハッピーだった瞬間でしょうね。その場に立ち会えたのは幸運だし、あの瞬間を記録できたことは光栄に思います。

と、おっしゃっており、

2015年には、篠山さんが撮影した未公開写真を多数収録した、写真集「DOUBLE FANTASY」を世界限定で発売されています。

「篠山紀信の前妻は南沙織!宮沢りえとも?息子は?」に続く

Sponsored Link

関連記事

サブコンテンツ

このページの先頭へ