萬屋錦之介の息子は?女性遍歴は?有馬稲子と結婚していた!


昭和を代表する銀幕のスターとして活躍された、俳優の萬屋錦之介(よろずや きんのすけ)さん。華やかな映画スターらしく、多くの女性たちに愛され、私生活も華やかでしたが、息子さんに先立たれる不幸にも見舞われています。

そんな錦之介さんの結婚歴や、息子さんについて詳しく調べてみました!

Sponsored Link

有馬稲子と結婚

錦之介さんは、1961年に、女優の有馬稲子さんと結婚。

お二人は、映画雑誌「近代映画」の対談で知り合い、交際に発展したそうで、錦之介さんのプロポーズで結婚されているのですが、

当時、すでにトップスターだった、お二人の結婚式は華やかで、ウエディングケーキは、なんと2メートルもの高さだったとか。

また、参列者も、当時の有名人・著名人ばかりということで、新聞に「映画史上はじまって以来の盛大な結婚式」と報じられるほどだったそうです。

しかし、結婚生活は長くは続かず、4年後の1965年には離婚。

離婚の原因

気になる離婚の原因ですが、

  1. 有馬さんが梨園のしきたりの厳しさに、ついていけなかったこと
  2. 錦之介さんが、毎日のように、自宅で宴会を開いていたため、有馬さんが料理などの用意に追われていたこと
  3. 錦之介さんのお母さんの存在が大きく、錦之介さんだけではなく、お姑さんの顔色もうかがわなければいけなかったこと

などに、有馬さんが疲れ果ててしまったといわれています。

(錦之介さんは、1954年に、歌舞伎俳優を辞め、映画俳優に転身されているのですが、1956年に、再び梨園にも復帰されています。)

淡路恵子と再婚

すると、錦之介さんは、有馬さんとの離婚の翌年の1966年には、淡路恵子さんと再婚。

お二人の馴れ初めなど、詳しいことは分かりませんでしたが、淡路さんには、二人の連れ子がおり、錦之介さんはいきなり二人のお子さんのお父さんとなったのでした。


幸せそうな錦之介さんと淡路恵子さん♪

やがて、お二人の間にも、二人の息子さんが誕生するのですが、

1982年、錦之介さんの個人事務所、「中村プロダクション」が多額の負債を抱えて倒産。

さらには、同年、錦之介さんが、「重症筋無力症」と診断され、仕事ができなくなってしまいます。

やむなく、豪邸を売却されるも、やがては貯金も尽きしてしまい、奥さんの淡路さんが、錦之介さんの看病をしながら、生活を支えられたのでした。

小川甲子と不倫で淡路恵子と離婚

その後、錦之介さんは、淡路さんの看病の甲斐もあり、回復されるのですが、

1986年には、共演の多かった元宝塚歌劇団出身の女優、小川甲子(宝塚時代は甲にしき)さんと不倫関係になり、同年、淡路さんとは離婚。

詳しいことは分かりませんでしたが、小川さんは、経済面で苦境にあえぐ錦之介さんを支えていたと言われています。

小川甲子と再再婚

こうして、錦之介さんは、1990年、小川さんと再々婚。


錦之介さんと小川甲子さん。

しかし、結婚直後、錦之介さんは、「右目角膜剥離」という難病を発病。

1996年には、「咽頭がん」に罹患し、甲さんの献身的な看病も虚しく、翌年1997年3月10日に他界されたのでした。

息子は?

ところで、錦之介さんは、淡路さんとの婚姻時代、淡路さんの連れ子の長男・島英津夫さん(俳優)と、一般人の次男、そして、錦之介さんの実子で、俳優としても活動されていた小川晃廣さん、哲史さん(名字不明、「萬屋希」の芸名で歌舞伎デビュー)の4人の息子さんの父親だったのですが、

息子さんたちが子どもだった頃、錦之介さんは、息子さんたちから、

父ちゃんは偉い役者だって言うけど、仮面ライダーに出てないじゃないか!

と、言われたそうで、本気で「仮面ライダー」への出演を東映に依頼。

ただ、当時は、錦之介さんのような大物俳優が特撮番組に出演することはありえないことだったため、錦之介さんの希望は叶わなかったのですが、

錦之介さんは、「仮面ライダー」で、「地獄大使」役を演じていた、友人の俳優・潮健児さんに頼み、「地獄大使」の衣装で、家に来てもらったことがあるそうで、大スターの錦之介さんも、うちに帰れば、ただの子煩悩のお父さんだったようですね♪

実子の長男が死去

しかし、1990年7月、実子の晃廣さんが、バイクで帰宅途中、タクシーと正面衝突してしまい、22歳の若さで帰らぬ人に。

この時、すでに、錦之介さんは、淡路さんと離婚されていた為、晃廣さんとは長らく会っておらず(晃廣さんは淡路さんに引き取られています)、約3年半ぶりとなる再会がご遺体という、悲劇となったのでした。

淡路さんによると、錦之介さんは、

ぼくが死にたい・・・

と、愛息の死に、打ちひしがれていたそうです。

Sponsored Link

実子の次男は自殺

また、錦之介さんの死後のことですが、2010年には、もう一人の実子の哲史さんが自殺。

哲史さんは、両親の離婚後、精神的に不安定になると、10代の頃からアルコールに溺れるようになり、2004年には、更生のため、住み込みで働いていた、京都のお寺から、酒代欲しさに仏具を盗み、窃盗罪で、懲役1年6月、執行猶予3年を受け、

さらには、同年、かつて一緒に住んでいた、お母さんの淡路さんの留守中に金品を物色していたところを、淡路さんに見つかって通報され、1年の刑に服しています。

そして、出所後、自立の道を歩き始めていた矢先に、自殺されたのでした。

さて、いかがでしたでしょうか?

銀幕・テレビドラマともにスターまで登りつめ、女性にも大変モテた一方で、晩年は、健康面と経済面の両方で苦しみ、実子には先立たれと、非常に辛い思いもされ、さらには、死後ではありますが、もう一人の実子まで亡くしてしまった錦之介さん。

客観的に見ると、悲しすぎますが、だからこそ、伝説のスターと語り継がれるのかもしれませんね。

錦之介さんのご冥福をお祈りいたします。

Sponsored Link

関連記事

サブコンテンツ

このページの先頭へ