吉田栄作の妻は?子供は?髪型が?昔は?中山秀征と仲悪い? 


俳優、歌手、タレントで活躍中の吉田栄作(よしだ えいさく)さん。5/10から始まるNHK BSドラマ「ボクの妻と結婚してください。」に出演されます。


吉田さんが演じるのは、
主人公の奥さんが中学のとき片思いしていた初恋の人。
ゼネコンに勤める、ハンサムで頭が良いという役柄で、
まさに、吉田さんにぴったり。

というのも、昔の吉田さんはすごかったからです。
少し、振りかえってみましょう。

Sponsored Link

昔は?

吉田さんの1990年頃は、トレンディドラマの主演に引っ張りだこで、
織田裕二さん、加勢大周さんの3人で、「平成御三家」
と呼ばれていたほどの大フィーバーぶりだったんです。


最近は 「御三家」 なんて表現はあまりしないですが、

御三家とは、ある分野で最も有力な、最も有名な、
最も高く格付けされた、あるいは、最も人気がある、
3者を総称する際の表現のひとつ。

江戸時代に、徳川将軍家に連なる、
尾張徳川家・紀州徳川家・水戸徳川家の3家が「御三家」と呼ばれて、
並みいる諸大名の中でも特別扱いされていたことに因んだ表現。
(ウィキペディアより)

ちなみに、元祖「御三家」 は、
橋幸夫さん・舟木一夫さん・西郷輝彦さん

新「御三家」 は、
西城秀樹さん・郷ひろみさん・野口五郎さん

つまり、それだけ、
売れっ子だったというわけです(^^)

中山秀征と仲悪い?

そんな、絶好調だった吉田さんは、
同じ事務所の先輩の中山秀征さんが挨拶しても、無視だったとか。

腹が立たった中山さんは、
自分のトーク番組に吉田さんがゲスト出演した時には、
まったく質問せず、ほったらかしだったそうです!

スタッフがカンペを出しても、知らんぷり。
吉田さんもしゃべらない・・・そんな感じで30分間。

逆に、そんな番組見たかったかも(^^)

でも、この話には続きがあって、
タクシーを待ってて、たまたま二人一緒になったとき、
吉田さんが、「酒飲みたいなー」 と言ったそうなんですが、
中山さんが、「酒飲みたいの?」 と二人で飲みに行ったそうです。

その時、中山さんが、
「なんで挨拶無視したの?」 と聞いたら、

僕は背中で挨拶しましたよ。

と吉田さん。

「なんだ、そうだったの」

と中山さん。

え!!

って感じですが、
それからは仲がいいみたいです(^_^;)

男同士って、
なんかさっぱりしてて、いいですね~

妻は?子供は?

そんな吉田さんは、
1995年に休業宣言をし、アメリカに行かれます。

理由は、役者修業の為。

それにしても、
人気絶頂時に、休業は凄いです。

そして、その2年後の1997年に、
モデルの平子理沙さんと結婚されています。

しかし、結婚直後から別居状態。

どういうこと?

って感じですが、最初の理由は、
平子さんはモデルの仕事のため、日本に戻らなければならず、
吉田さんはハリウッドを目指すため、
アメリカに残こならければならないから。

でも、吉田さんが日本に戻ってきてからも、別居状態。

今度の理由は、
平子さんが、吉田さんとは、
ずっと恋人同士でいたいからだそう。

距離をとることで、だらだらにならず、
「男性」「女性」として魅力的でいたいと。

だから、お二人の住まいは車で5分の距離だとか。
遠すぎず、近すぎず、恋人同士ならちょうどいい距離ですね。

その考え方、分かる気はしますけど、
結婚は親族とのからみが大きいので、
なかなか周りの人に理解してもらえません。

それに、子供が産まれたら?
ということもあって、
なかなか実現は難しいです。

やはり、彼らにも子供はいらっしゃらないようで、
お二人は、いまだにラブラブなので、作戦大成功ですね♪

Sponsored Link

髪型が!

髪型といえば、昔は、
「吉田栄作カット」 なるものがあったくらい、
吉田さんの人気ぶりは凄かったです。

「吉田栄作カット」 とは、
1990年頃、吉田さんがしていた髪型で、
ナチュラルなストレートの髪をセンターで分け、モミアゲは短くカット。

この髪型は大フィーバーで、
みんな、この髪型だったような(^_^;)

でも最近は、役柄のせいか、年のせいか、
いろんな髪型にされていますが、
やはり、昔の髪型が一番似合ってたかな~と思います。



しかし、休業してまでアメリカに行かれたことについて、

自分には何の裏付けもない、「人気」に支えられていただけだった。
年齢を重ねることで、そんなものは簡単になくなることはわかっていた。
だから自分で決着をつけ、本当の実力をつけて、認めてもらいたかった。

とおっしゃっており、
かっこいいとか、そういう見た目のことは、
どうでもよくなったのかもしれません。

実際、帰国後の吉田さんは、
随分と落ち着いた雰囲気になり、

昔、「天狗」とか「調子に乗ってる」と、
言われてた時のような、肩をいからせて、
自分を大きく見せるようなところが全くなくなりました。

いい俳優さんになったな~と
僭越ながら思う、今日この頃です。

今度のドラマでも、
きっと、脇でいい演技を見せてくれるんでしょうね♪

Sponsored Link

関連記事

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ