加賀まりこの若い頃は?父親は?涙を獅子のたて髪にでデビュー!


歯に衣着せぬ自由奔放な発言で、いつもマスコミを賑わわせる、加賀まりこ(かが まりこ)さん。そんな加賀さんのルーツを調べてみました。

Sponsored Link

年齢は?出身は?身長は?本名は?

加賀さんは、1943年12月11日生まれ、
東京都神田区小川町(現・千代田区神田小川町)のご出身、

身長156センチ、

血液型はO型、

学歴は、
一橋中学校卒業
⇒明星学園高校中退

趣味は、
読書、麻雀、花札、うさぎグッズの収集、
ドライブ、スピードくじ、ガーデニング、ゴルフ、

特技は、フランス語、

ちなみに、本名は、加賀雅子(かが まさこ)で、
芸名の名付け親は、写真家の秋山庄太郎さん。

加賀だったら、「まりこ」が明るくていいじゃないか

との理由からだそうです。

自由奔放な少女時代~父親は?

加賀さんは、お父さんが、加賀四郎さんという、
大映の映画プロデューサーだったことから、

黒澤明監督美空ひばりさんといった、
芸能人が家にくる環境だったうえ、

「世間体を気にするのは最低だ」
「学歴や経歴で人は決められない」

という、お母さんの考えに影響を受けたため、

自由奔放で、なおかつ、思ったことは何でも口にする、
歯に衣きせぬ毒舌な少女に育ちます。

また、その一方で、映画で見たオードリー・ヘプバーンの髪型にするため、
1人で美容院に行くなど、おしゃまな女の子でもあったそうで、

高校生になると、六本木や麻布界隈を遊び場とし、
当時、飯倉にあった高級イタリアレストラン「キャンティ」に、
学生服のまま通われていたそうです。

(「キャンティ」は、ただのレストランではなく、芸能人、デザイナー、文化人ほか、
 様々なジャンルの人々が集まる交流の場で、日本の最新の文化を発信する、
 メディアのような役割を担っており、加賀さんは、キャンティの女主人、
 川添梶子さんの自立した生き方に強い憧れを抱いていたそうです)

寺山修司にスカウトされて「涙を、獅子のたて髪に」で映画デビュー

そんな加賀さんは、1960年、高校在学中(17歳)に、
制服姿で地元・神楽坂にいたところ、
作家の寺山修司さんと映画監督の篠田正浩さんに、

ちょっと話を聞いてくれませんか

と、声をかけられます。

実は、お二人は、寺山さん作・篠田さん監督の映画、
「涙を、獅子のたて髪に」のヒロイン女優を探すも、なかなか決まらず、
困り果てているなか、加賀さんを見かけて声をかけられたのですが、

加賀さんはというと、お父さんの仕事柄、映画界の人をなんとなく知ってはいたものの、
芸能界に興味が全くなく、女優をやりたいとも思ったことがなかったため、
このスカウトには驚かれたそうで、お父さんに相談されると、

あなたでお役に立つなら、やってあげなさい。

と、お父さんから言われたそうで、

この話を受け、1962年「涙を、獅子のたて髪に」で、
映画デビューを果たされたのでした。


「涙を、獅子のたて髪に」より。加賀さんと藤木孝さん。

(加賀さんは、すでに1960年に、テレビドラマ「東京タワーは知っている」
 に端役で出演されているのですが、この「涙を、獅子のたて髪に」を、
 デビュー作だと考えておられるようです)

Sponsored Link

人気絶頂で活動休止~フランス・パリへ

その後、加賀さんは、小悪魔的なルックスと歯に衣着せぬ発言から、
尖ったキャラクターとして人気を博し、次々と仕事が舞い込むのですが、

加賀さん自身はというと、女優という仕事にやりがいを見つけられず、

演技ができたわけじゃないし、まだ20歳だったから、
何か違うことができるって夢見たのね。

それにびっくりするような貯金の額だったから、
全部使い切ってリセットしたくて。

と、人気絶頂だった1964年、20歳の時に、
突然、半年先の仕事をすべてキャンセル。

女優を辞めるつもりで、有り金を全部持って、
単身フランス・パリに渡られます。

実は、ちょうどその時、フランスでは、「キャンティ」のオーナー川添浩史さんが、
カンヌ映画祭に正式出品する「砂の女」の宣伝プロデューサーとして滞在していて、
加賀さんも、川添さんから誘いを受けており、これ幸いとばかりにカンヌ入り、

(たまたま、加賀さんの出演作「乾いた花」も、
 非公式招待作品に挙がっていたので、名目は立ったそうです)


「乾いた花」出演時の加賀さん。

フェスティバルの10日間は、毎晩、きものに着替えてはパーティに出かけていき、
ソフィア・ローレン、カトリーヌ・ドヌーブといった、当時のスター女優や、
ゴダール、ポランスキー、トリュフォーといった、有名監督が顔をそろえる中で、

加賀さんは、川添さんに、

プティ・ベベ(=B・バルドー)と呼ばれて、
将来を嘱望されてる日本の女優だ。

と、みんなに紹介してもらったそうで、

国際舞台でそのように言われることや、着飾った着物姿を、
まるで東洋の真珠のように見てくれることが、
照れくさくも嬉しかったとおっしゃっていました。

(ブリジッド・バルドーは、1960年代、小悪魔的な魅力で人気を博した、
 フランスの女優で、イニシャルのB.Bとかけて、フランス語で赤ちゃんという意味の、
 「bebe(べべ)」と呼ばれていました)

ちなみに、パーティーでは、決して豪華なお料理やお酒が出されるわけではないものの、
立ち話でスターや関係者が真剣に映画や演劇について話している光景が、
加賀さんがそれまで知っていた、日本のパーティーでの、女優はお人形のように、
ただニッコリ笑ってお茶を濁しているだけ、という光景と、大きく違っていたことが、
特に印象に残ったそうです。

それでも、映画祭が終わると、

女優人生はリセットだ!

と、ホクホクしながらパリでの一人暮らしをスタート。

パリでは、加賀さんが誰より敬愛する、川添さんの奥さんで、
「キャンティ」の女主人・梶子さんから紹介された、
デザイナーのイブ・サンローランや、

カンヌで出会った、トリュフォー、ゴダール監督らと交流を持つほか、
当時の日本円で600万円もする豹の毛皮のコートを買うなど散財し、
毎日、頭の中が爆発しそうなほど楽しかったそうです。

そして、やがて、日本から持ってきたお金が尽きた頃、
「劇団四季」浅利慶太さんから、一本の国際電話がかかってきます。

「加賀まりこの昔は川端康成と?花より男子ほか出演ドラマ映画は?」に続く


カンヌ映画祭(1964)より。(前列左から)入江美樹さん、岸田今日子さん、
勅使河原宏さん、加賀さん。(後列左端から)川添浩史さん、不明、川喜田かしこさん。

Sponsored Link

関連記事

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ