加賀まりこの昔は川端康成と?花より男子ほか出演ドラマ映画は?


小悪魔的な魅力で、たちまち絶大な人気を博すも、人気絶頂だった20歳の時、突然、仕事をすべてキャンセルし、フランスに渡られた、加賀まりこ(かが まりこ)さん。しばらくは、現地の映画人と交流するなど、自由気ままなフランス生活を謳歌されていたのですが、一本の国際電話がかかってきたことから帰国されることに・・・

「加賀まりこの若い頃は?父親は?涙を獅子のたて髪にでデビュー!」からの続き

Sponsored Link

「劇団四季」の舞台「オンディーヌ」への出演依頼

フランス生活を謳歌し、そろそろお金が尽きてきた頃、
「劇団四季」浅利慶太さんから国際電話で連絡をもらった加賀さんですが、
その用件というのは、舞台「オンディーヌ」への出演依頼。

ただ、加賀さんは、仕事を辞めるつもりでパリに来ていたため、
浅利さんには待ってもらい、家族に相談の電話をされると、

電話に出た演劇好きなお姉さんに、

あなたにできるわけないでしょ。
男性だったらハムレットくらい大変な役。

と、言われたそうで、この一言から、逆に負けん気で、

よし、やってやろうじゃないの!

と、舞台出演を承諾。

帰国後の1965年には、
日生劇場で、舞台「オンディーヌ」に出演されたのでした。

ただ、どう頑張っても、喉(のど)からしか声が出せず、
演技もどうしようもなかったことを痛感したそうで、

映画の世界とは違い、全身が客の前にさらされる。
声も客席の端まで届かなければならない・・・

とのプレッシャーから、一から芝居を勉強しようと、浅利さんにお願いして、
舞台公演をこなしながら「劇団四季」の養成所へと通い始められると、

そんな努力が実ったのか、舞台は連日大入りの大盛況で、
日生劇場始まって以来の大成功となり、

加賀さんは、この舞台で、初めて女優としての喜びを知り、
以降、女優業に本腰を入れるようになったのでした。
(結局、養成所へは丸2年通われたそうです)


劇団四季第34回公演「オンディーヌ」より。北大路欣也さんと加賀さん。

ちなみに、加賀さんは、当時を振り返り、

チケット代をもらっているのに失礼ですけど、
「オンディーヌ」の上演中だったから、
教室で教わったことを夜に実践していました。

21歳の若さで毎日レッスンと本番をやったのは、
本当に身につきましたね。

と、おっしゃっていました。

川端康成と?

そんな加賀さんは、1965年、
川端康成さん原作の小説を映画化した「美しさと哀しみと」で、
レズビアンの坂見けい子役を演じられているのですが、


「美しさと哀しみと」より。八千草薫さんと加賀さん。

川端さんは、加賀さんのリハーサルの演技を見て、

私がまるで加賀まりこさんのために書いたやうな、
ほかの女優は考へられないやうな、主演のまりこがそこに現はれた。

と、加賀さんを絶賛されたそうで、

そのうち、料亭旅館で朝ごはんを一緒に食べるようになるなど、
親密になっていき、加賀さんを見るため、100人しか入らないような、
小さな芝居小屋にも来るようになったのだとか。

ただ、加賀さんはというと、

大物扱いしないから、彼は私と付き合うのが楽だったんだと思う。

と、当時の川端さんの心境に思いを馳せながらも、

そのときはもう(川端さんが)おじいちゃんだったから、
そういう対象ではなかった。

夜は夜で(自分が)いろいろモテるから、
おじいさんに時間を割いてあげるのは朝しかなかった。

と、肉体関係を否定しつつ、
上から目線であっけらかんと明かされていました♪

出演作品(テレビドラマ、映画)

それでは、ここで、
加賀さんのそのほかの出演作品もご紹介しましょう。

テレビドラマでは、

1962年「潮騒」
1963年「誰も知らない」
1964年「親いも子いも」
1965年「ザ・ガードマン」
1966年「嫌い!好き!!」
1967年「夕陽沈むとき」


「嫌い!好き!!」より。
(左から)吉村実子さん、岸田今日子さん、加賀さん。

1968年「あひるの学校」
1969年「大奥」
1970年「美しき獲物」
1971年「徳川おんな絵巻」
1972年「キイハンター」
1973年「波の塔」
1976年「七色とんがらし」


「あひるの学校」より。(上から)芦田伸介さん、
十朱幸代さん、加賀さん、津田京子さん。

1977年 NHK大河ドラマ「花神」
1978年「おはん」
1979年「家族サーカス」
1980年「頓珍館おやじ」
1981年「五瓣の椿 復讐に燃える女の怨念」
1982年「黒い棘」
1983年「雨の慕情」

1984年「鬼龍院花子の生涯」
1985年「赤い秘密」
1986年「ジェニーがやってきた」
1987年「家庭の問題」
1988年「悪い奴は眠らない」
1989年「空と海をこえて」
1990年「宮本武蔵」

1991年「三婆’91」
1992年「恋は翼にのって」
1993年「あすなろ白書」
1994年「出逢った頃の君でいて」
1995年「転職ロックンロール 愛と栄光と両方は手に入んない!?」
1996年「病理医・薮野善次郎の鑑定ファイル1」

1997年「失楽園」
1998年「ひとりぼっちの君に」
1999年「甘い生活。」
2000年 NHK連続テレビ小説「私の青空」
2001年「十手人」
2002年「怪談百物語」

2003年「あなたの人生お運びします!」
2004年「ラストクリスマス」
2005年「花より男子」
2006年「DRAMA COMPLEX」
2007年「花より男子2」
2008年「ロト6で3億2千万円当てた男」
2009年「14歳~千原ジュニアたった1人の闘い~」


「花より男子2」より。加賀さんと佐々木すみ江さん。

2010年「君たちに明日はない」
2012年「恋愛ニート~忘れた恋のはじめ方」
2013年「雲の階段」
2014年「プラトニック」
2015年「5→9~私に恋したお坊さん~」
2017年「やすらぎの郷」
2018年「僕とシッポと神楽坂」


「僕とシッポと神楽坂」より。
(左から)広末涼子さん、加賀さん、大西利空くん。

映画では、

1962年「涙を、獅子のたて髪に」
1963年「つむじ風」
1964年「月曜日のユカ」
1965年「美しさと哀しみと」
1966年「坊っちゃん」
1967年「惜春」


「月曜日のユカ」より。


「坊っちゃん」より。(左から)大村崑さん、加賀さん、
坂本九さん、三波伸介さん。

1968年「不信のとき」
1970年「豹は走った」
1971年「闇の中の魑魅魍魎」
1972年「白鳥の歌なんか聞こえない」
1973年「ゴキブリ刑事」
1976年「金閣寺」


「ゴキブリ刑事」より。渡哲也さんと加賀さん。

1977年「八甲田山」
1980年「ミスターどん兵衛」
1981年「陽炎座」
1982年「道頓堀川」
1983年「もどり川」
1984年「愛情物語」


「陽炎座」より。中村嘉葎雄さんと加賀さん。

1985年「春の鐘」
1986年「沙耶のいる透視図」
1987年「恋人たちの時刻」
1988年「優駿 ORACION」
1989年「右曲がりのダンディー」
1990年「飛ぶ夢をしばらく見ない」


「恋人たちの時刻」より。野村宏伸さんと加賀さん。

1991年「ペンタの空」
1992年「きらきらひかる」
1993年「新極道の妻たち 覚悟しいや」
1994年「やくざ道入門」
1995年「Love Letter」
1998年「新宿少年探偵団」

2005年「タナカヒロシのすべて」
2008年「花より男子F」
2009年「ジャイブ 海風に吹かれて」
2010年「スープ・オペラ」
2011年「神様のカルテ」
2017年「サクラダリセット 前篇」


「神様のカルテ」より。加賀さんと池脇千鶴さん。

ほか、数多くの作品に出演されています。

Sponsored Link

「花より男子」で若い世代にも認知度がUP

ところで、加賀さんは、2007年、
人気コミック原作のテレビドラマ「花より男子」で、
道明寺司(松本潤さん)の母親役を演じられているのですが、

このドラマで、「道明寺のお母さん」と若い世代にも知られるようになり、
特に、女子高校生から声をかけられることが多くなったとのこと。

ちなみに、この役は、
道明寺財閥を取り仕切る冷酷な人物という役どころなのですが、

鉄の女というか、血が通ってない役は、似合わないと思って最初は断ったけど、
クランクイン1週間ほど前にプロデューサーと演出家の方に口説かれ、
その熱意に打たれて出演を決めた。反響が凄かったわ。

と、加賀さんも新境地開拓の手応えがあったことを明かされていました。

さて、いかがでしたでしょうか。

貯金を全部使い切るつもりでフランスへ渡られたにもかかわらず、
帰国後、女優業で大成功を収め、結果的に、あれよあれよと、
再びお金が増えたとおっしゃっていた加賀さん。

うらやましいほど、トントン拍子に思える人生ですが、加賀さん自身も、

本当にそんなものよ。たとえば、ここで国際女優として一発当てようなんて、
下心があるとうまくいかないって言うでしょ。

「ハムレット」のロンドン公演のときに、
私はのびのびとやれるじゃないって思っていたら、

次の日に演出の蜷川幸雄さんが機嫌悪そうに現地の新聞投げるから、
何だろうって思って見たら、私だけ褒められていたの。

人生ってそんなものだなって、気負いがない方がうまくいく。
だって、ご褒美なんていうのは結果だから。

と、自覚されており、幼い頃から自由奔放に生きてこられたことが、
成功の秘訣のようです。

ただ、加賀さんの美貌があってこそ・・・ですが。

70代を過ぎても、ますます輝き続ける加賀さんからは、
今後も目が離せません!

「加賀まりこの現在の夫は?麻雀?昔は石坂浩二や布施明と!姪は加賀千景!」

Sponsored Link

関連記事

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ