浅茅陽子の若い頃は朝ドラ!ベジタリアン宣言でエバラのCM降板?


1976年、NHK朝の連続テレビ小説「雲のじゅうたん」でヒロインに抜擢されると、たちまちお茶の間の人気者となり、1986年には、「エバラ焼き肉のタレ」のCMで再びブレイクされた、浅茅陽子(あさぢ ようこ)さんですが、トーク番組での発言で状況が一転します。

Sponsored Link

年齢は?出身は?身長は?本名は?特技はエアロビクス!

浅茅さんは、1951年4月2日生まれ、
静岡県清水市のご出身、

身長160センチ、
体重47キロ、

スリーサイズは、85-64-88、

靴のサイズは23.5センチ、

血液型はA型、

学歴は、
三鷹市立第五小学校
⇒桐朋女子中学校・高等学校
⇒桐朋学園短期大学欧米文化コース卒業
⇒文化服装学院

趣味は、
ビーズアクセサリー作り、料理、着物、園芸、

特技は、
エアロビクス ゴルフ、

ちなみに、本名は福泉ミヤ子ですが、愛称はへばちゃんで、
NHK朝の連続テレビ小説「雲のじゅうたん」で、
秋田弁「ヘバ」(「それでは」「じゃあね」などの意味)
を使う役だったため、「ヘバちゃん」と呼ばれるようになったそうです。

若い頃は朝ドラでブレイク

浅茅さんは、10代の頃、ファッション関係の仕事がしたいと思い、
東京の「文化服装学院」で学ばれるのですが、

在学中にスカウトされ、1974年、23歳の時、芸能界入りすると、
同年、「かあさんの明日」でテレビドラマデビュー。

以降

1974年「わたしはアキ」
     「家族あわせ」

1975年「あんたがたどこさ」第2シリーズ
     「俺たちの勲章」第7話
     「虹のエアポート」
     「はぐれ刑事」


「俺たちの勲章」より。浅茅さんと中村雅俊さん。

と、立て続けに出演されると、

1976年には、NHK朝の連続テレビ小説「雲のじゅうたん」で、
ヒロインの小野間真琴役に抜擢され、

大正から昭和にかけての、秋田と東京を舞台に、「鳥のように自由に飛びたい」
という夢を追いかけて飛行士になった真琴役をのびのびと演じ、
たちまち、お茶の間で人気を博したのでした。


「雲のじゅうたん」より。
(左から)高松英郎さん、浅茅さん、志垣太郎さん。

「エバラ焼き肉のタレ」のCMで再ブレイク

そして、その後も、浅茅さんは、テレビドラマを中心に、
映画、舞台にも順調に出演されているのですが、

1986年、40歳の時に、「エバラ焼き肉のタレ」のCMに起用されると、
夫や子どもを叱咤する、かかあ天下の母親役が好評で、

その後も、「ステーキソース」「浅漬けの素」など、
「エバラ食品工業」のCMに立て続けに出演されると、

「浅茅といえばエバラ」

といわれるほど、「エバラ食品工業の顔」として活躍。

(CM内でおなじみとなった「エバラでございます」というセリフは、
 浅茅さんのアドリブから生まれたそうです。)

すると、その人気に気を良くした浅茅さんは、
自ら、「エバラ食品工業」の森村忠司社長に、

CMを映画にしたい

と持ちかけ、1991年には、「エバラ家の人々」という映画まで制作。

この映画は、浅茅さんにとって映画初主演であったほか、
日本初のCMの映画化としても注目を集めたのでした。


エバラ家の人々 [VHS]

菜食主義宣言でCM降板

しかし、翌年の1992年3月には、突然、
浅茅さんご自身が、トーク番組「徹子の部屋」で、
お肉を食べない菜食主義者(ベジタリアン)であることを公言。

すると、その翌日、たちまち、スポーツ紙に、

「動物保護に熱心なベジタリアン」
「肉も食べません!」

というタイトルとともに、

ベジタリアンの浅茅は、撮影の焼き肉パーティーで、
肉を口に入れても、あとで吐き出す涙ぐましい苦労をしている。

と、書き立てられ、

さらには、浅茅さんが言ったとされる、

あのコマーシャルは肉の宣伝じゃないのよ。「たれ」の宣伝なんだから。
ゴハンにかけて食べてごらんなさい。おいしいわよ。

との発言までが掲載されてしまいます。

この騒動に対し、浅茅さんの所属事務所は、すぐに、

浅茅は菜食主義者ではなく、肉も食べる。
すき焼きは大好物。肉を吐き出したのは撮影時に体調が悪かったため。

と報道を否定するのですが、

覆水盆に返らず、エバラ食品は、

(新聞で)菜食主義になったと知って驚いています。
事実だとするとあまり歓迎できる話ではない。
社内で批判の声が出ているのも事実。

とコメントすると、結局、浅茅さんは、
エバラのCMを降板させられてしまったのでした。

Sponsored Link

ベジタリアン?

ところで、浅茅さんは、
いつからベジタリアンだったのでしょうか。

ベジタリアンであることを隠して、
「焼き肉のタレ」のCM出演を引き受けられたのでしょうか。

一つ言えるのは、浅茅さんが1982年に出版した、料理本「へばちゃんの台所」では、
「牛肉の佃煮陽子風」「豚肉の包み揚げ」などの肉料理が紹介されているそうなので、
もともとはベジタリアンではなかったのでしょう。


へばちゃんの台所

そして、いつ頃かは不明ですが、女性誌に掲載されていた、
動物実験に関する記事を読まれたことをきっかけに、
「動物実験の廃止を求める会」「毛皮生産に反対する基金」に入会し、
動物愛護の活動を始められているので、

シンポジウムに参加して動物実験の実態を知るうちに、
肉が受け付けなくなったのでは、と言われています。

この話の真相は不明ですが、もし本当だとすると、
「エバラ」のCM出演中に考えが変わり、ベジタリアンになったのかもしれませんね。

ただ、2013年4月放送のバラエティ番組「爆報!THE フライデー」では、
普通にお肉を食べられているので、現在はベジタリアンではないようです。
(コロコロ変わりすぎやねん♪)

「浅茅陽子の現在は病気?ビーズ?旦那は?息子は?美空ひばり?」に続く

Sponsored Link

関連記事

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ