香川京子の若い頃は?バレリーナから女優に!東京物語で原節子と!


高校卒業後の1949年、新人発掘イベント「ニューフェイス・ノミネーション」に応募されると、約6000人の応募者の中から見事合格されて映画界に入られた、香川京子(かがわ きょうこ)さん。その後は、素直で明るい娘役を多く演じ、着実に女優としてのキャリアを積まれます。

Sponsored Link

年齢は?出身は?身長は?本名は?

香川さんは、1931年12月5日生まれ、
茨城県行方郡麻生町(現・行方市)のご出身、

身長162センチ、
体重45キロ、

学歴は、
東京都立第十高等女学校卒業、

ちなみに、本名は、
牧野香子(まきの きょうこ)なのですが(旧姓・池辺)、

芸名の「香川京子」は、もともと、
映画会社で用意されていたものがしっくり来ず、

本名の「香」と言う文字がどうしても使いたかったことから、
「きょうこ」という読みでもある、この芸名を、
家族と香川さん自身で考えたのだそうです。

「ニューフェイス・ノミネーション」に合格し映画界へ

香川さんは、お父さんが「大阪商船欧州航路」の機関士だったため、
生まれてすぐに、お父さんの仕事の都合で兵庫県芦屋市に移り住まれるのですが、

1937年、6歳の時には、
東京市豊島区池袋(現・東京都豊島区)に転居。

その後、戦時中は茨城県へ疎開し、終戦後の1945年10月に東京に戻られると、
閑静な住宅街でピアノを習う、裕福な少女時代を過ごされます。

そんな中、バレエ「白鳥の湖」を観てバレリーナに憧れると、
高校卒業後は、バレリーナを目指されるのですが、
専門家からは、バレリーナを目指すのは遅すぎると指摘されてしまいます。

そこで、高校卒業後の進路をどうしようかと考えあぐねている、
ちょうどその時、新聞で、東京新聞が各映画会社と協賛した新人発掘イベント
「ニューフェイス・ノミネーション」の募集記事が目に止まり、
応募されると、応募者約6000人の中から見事合格。

実は、この時、一般企業の入社試験も同時進行で受けていたそうで、
その最終面接と「ニューフェイス」のカメラテストの最終試験が重なるのですが、
お母さんのアドバイスもあり、女優の道に進むことを決心されたのでした。

若い頃は明るく素直な娘役で好評を博す

その後は、叔父で「新東宝」の宣伝課長だった、
永島一朗さんの斡旋(あっせん)で「新東宝」に入社されると、

約3ヶ月間の演技のレッスンやエキストラなどの養成期間を経て、
1949年「影を慕いて」の端役で映画デビュー。


「影を慕いて」より。香川さんと野上千鶴子さん。

続いて、同年、映画「帰国(ダモイ)」では、
一言だけのセリフをもらうと、

翌年の1950年には、「窓から飛び出せ」で、
主演、大日向伝(おびなたでん)さんの隣家の娘役に抜擢。


「窓から飛び出せ」より。小林桂樹さんと香川さん。

実は、もともと、この役は久我美子さんが演じる予定だったのですが、
久我さん出演の映画「また逢う日まで」の撮影が延び、
香川さんが、急遽、その代役として起用されることとなったそうで、

説明を受ける間もないほど慌ただしいスケジュールで、
プレッシャーを感じている暇もなく、言われるがままに演じられた結果、
自然体の演技ができたそうで、その演技が評価されたのでした。

以降、香川さんは、

1950年「細雪」
     「東京のヒロイン」
(島耕二監督)
1951年「銀座化粧」
     「高原の駅よさようなら」
     「孔雀の園」
(島耕二監督)


「東京のヒロイン」より。香川さん(左)と轟夕起子さん。

1952年「上海帰りのリル」
     「チャッカリ夫人とウッカリ夫人」
     「おかあさん」
     「モンテンルパの夜は更けて」


「おかあさん」より。香川さんと岡田英次さん。
     
と、主にスター俳優の妹役で売り出されているのですが、

特に、育成役だった島耕二監督に大事にされたほか、
当時の「新東宝」には、新興会社らしい自由な空気があり、
そんな中で演技指導に従う真面目な態度などが、
先輩俳優やスタッフに可愛がられたそうで、

仕事を夢中で楽しむうちに、
明るく素直な魅力がさらに引き出されていったのでした。

そして、1952年「おかあさん」で、
母親(田中絹代さん)のクリーニング業を手伝いながら成長していく娘役を、
はつらつと演じ、初めて女優としての手応えを掴まれると、

「自分のことは自分で決めたい」
「より良い作品に出演したい」

との意欲から、1953年、
「新東宝」を離れて、フリーとなられたのでした。

(多くのスターが映画会社と専属契約を結んでいた時代には、
 珍しい選択だったそうです。)

Sponsored Link

「東京物語」で憧れの原節子と共演

こうして、フリーとなられた香川京子さんは、
前年に「新東宝」のプロデューサーに転じていた、
叔父の永島一朗さんの理解とバックアップが支えとなり、

以降、小津安二郎監督(1953年「東京物語」)や、
溝口健二監督(1954年「山椒大夫」「近松物語」)など、
当時の有名監督の作品に次々と出演する機会に恵まれます。

そして、特に、世界映画史に名を刻む「東京物語」では、
兄や姉の不人情を許せなく思う、老夫婦の末娘・京子役を、
フレッシュに好演されているのですが、


「東京物語」より。原節子さん(左)と香川さん。

香川さんがこの映画に出演を決めた理由の一つには、
憧れの女優だった原節子さんと共演できる、ということがあったそうで、

実は、香川さんがまだデビューする前のこと、
写真家の秋山庄太郎さんに撮影をしてもらっていた際、秋山さんから、

原さんを撮影したくてこの道に入ったんだ

と聞き、自身も原さんが大好きだと伝えたところ、

じゃあ原さんのご自宅に行こう

と、その足で原さんの自宅に連れていかれると、
原さんは、急な訪問にもかかわらず、明るく出迎えてくれたそうで、
その時の嬉しさは今でも忘れられないほどだそうです。

(原さんは広々とした自宅の庭で、セントバーナードを2頭飼っていたとか)

ただ、念願の、原さんとの映画初共演となった「東京物語」では、
クランクイン直後の尾道ロケの旅館で部屋が隣同士になるも、
あまり話されなかったそうで、香川さんは、

広間でみなさんとご一緒になることもありましたが、
私自身、あまりお酒は飲めない。

20か21の頃だったので、みなさんのお話を聞くだけで、
こちらから話をすることはなかったです。

と、その理由を明かされています。

確かに、原さん以外にも、笠智衆さん、
杉村春子さんら、そうそうたる出演者に囲まれ、

若手女優として緊張の日々を送られていた香川さんには、
原さんと気さくにおしゃべりできる余裕はなかったのかもしれませんね。

ちなみに、香川さんは、原さんのことを、

原さんは、小津監督の作品では神秘的な印象を受けますけども、
とても元気な方で、大きな口を開けて笑うんです。
本当に太陽みたいに明るい方でした。

と、語っておられました。

「香川京子の現在はゴミ屋敷?夫は?息子は?出演ドラマ映画は?」に続く

Sponsored Link

関連記事

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ