仲代達矢の若い頃は黒澤明監督に何度も歩き方をダメ出しされていた!


友人に勧められ、俳優の道を志すと、1952年、約20倍の競争率を突破し、「俳優座」の養成所に入所された、仲代達矢(なかだい たつや)さんですが、当初は、エキストラのオーディションにさえ、連続で落ちるなど苦戦続きだったそうです。

「仲代達矢が俳優を目指したのは生活のためだった!」からの続き

Sponsored Link

「七人の侍」では黒澤明監督に歩き方を何度もダメ出しされていた

エキストラに応募しても、オーディションでは落ちてばかりだった仲代さんですが、あきらめかけていた、1954年、黒澤明監督の「七人の侍」で、初めて合格します。

ただ、仲代さんは、街中を通り過ぎていく、セリフのない若侍の役で、歩くだけ、という役だったにもかかわらず、黒澤監督は、

俳優座では歩き方も教えないのか

と、何度もダメ出し。

結局、ワンカットに、午前9時から午後3時まで、ぶっ通しでやらされたそうで、

最後は、

いいや、OK

と、やっとOKとなったそうですが、

仲代さんは、この屈辱が忘れられず、

立派な役者になって、二度と黒澤組には出ないぞ

と、心に誓ったそうです。


「七人の侍」より。仲代さんが歩くシーン。

(とはいえ、後に仲代さんは、この経験から、どんな役でも歩き方は難しいこと、歩くことの重要性を認識し、自身が主宰している「無名塾」での若手の指導でも重要視されたそうです。)

月丘夢路に見初められ映画「火の鳥」で相手役に抜擢

そんな仲代さんは、1955年、約50倍といわれた難関をくぐり抜け、「俳優座」養成所から、正式に「俳優座」に入座されているのですが、

その後、ラジオドラマで雑踏の話し声を出すアルバイトをしていたところ、そのラジオドラマに出演されていた、月丘夢路さんに、

あの人、誰?

と、目を留められ、

月丘さんの主演映画「火の鳥」で、月丘さんの相手役を探していた、月丘さんの夫で映画監督の井上梅次さんを紹介してもらうと、

1956年、映画「火の鳥」に、月丘さんの相手役として抜擢され、本格的な映画デビュー。


「火の鳥」より。

仲代さんによると、すでに大スターだった月丘さんを相手におどおどしながら演じられたそうですが、

その演技は、

今までにない役者だ

と、高い評価を受け、以降、順調に仕事が来るようになったそうで、

翌年の1957年には、小林正樹監督作品「黒い河」で、冷酷なやくざ「人斬りジョー」役を演じ、強烈な存在感を示されたのでした。


「黒い河」より。仲代さんと有馬稲子さん。

(月丘さんは、2017年に他界されているのですが、仲代さんは、月丘さんに「感謝してもしきれません」とおっしゃっています)

映画会社大手5社のオファーを断りフリーで活動

こうして、「火の鳥」以降、順調に俳優としてのキャリアを積まれていた仲代さんは、「日活」「東宝」など、映画会社大手5社から、様々な好条件を提示され、専属俳優になるよう誘われたそうですが、

舞台仲間から、「あ、映画スターだ」と揶揄(やゆ)されることもありましたが、私は映画と舞台の両方が好きだったんです。

と、舞台も続けたかったことから、どこの映画会社とも専属契約を結ばず、フリーで活動されます。

「人間の條件」の主人公に抜擢

そして、1959年には、戦争の中で自らの正義を貫き続ける主人公・梶の姿を描いた、五味川純平さんの同名小説を原作とする小林正樹監督作品「人間の條件 6部作」で、主人公・梶役に抜擢。

小林監督によると、主人公・梶の最期を思い浮かべた時、

梶の狂気に取りつかれた目ができるのは仲代しかない

との理由からの起用だったそうですが、

仲代さんは、主役に選ばれた時、とても驚かれたそうです。

Sponsored Link

「人間の條件」では命がけの撮影だった

ただ、いざ撮影が始まると、氷点下30度の中、氷を割って水の中につかったり、戦車に立ち向かうなど、撮影は壮絶だったそうで、特に、10人くらいからリンチされるシーンでは、本当に殴られたため、顔が腫れ、鼻血を出しての撮影だったそうです。

(ちなみに、その時、一番強く殴った人のことは忘れていないとのこと(笑))

また、戦車にひかれそうになる直前、地面に掘った穴に飛び込むという命がけの撮影もあり、仲代さんは、迫りくる戦車を見るのは怖かったため、キャタピラの一点だけを見つめ、夢中で飛び込んだたところ、途端に真っ暗になり、頭上を戦車が轟音とともに通り過ぎて行ったそうで、いまだに、その時のことを覚えておられるとか。

そんな撮影は、1年半にも及んだそうですが、その甲斐あって、小林監督は仲代さんの俳優魂に感服したと言われたようです。

「仲代達矢は黒澤監督の「用心棒」を「七人の侍」の腹いせに断っていた!」に続く

「人間の條件」より。

文字に続く

Sponsored Link

関連記事

サブコンテンツ

このページの先頭へ