加山雄三が自立型ケアハウスに妻と引っ越しも小脳梗塞で緊急搬送!


2019年には、「脳梗塞」を患うも、早期発見により、10日ほどで退院し、自宅に戻られたという、加山雄三(かやま ゆうぞう)さんですが、その後は、自宅から引っ越しされたという報道が。今回は、この顛末についてご紹介します。

「加山雄三は脳梗塞を早期発見し10日程で退院していた!」からの続き

Sponsored Link

自立型ケアハウスに妻とともに引っ越ししていた

2020年4月、「週刊女性PRIME」で、引っ越しされたことが報じられた加山さんですが、2020年4月11日、83歳の誕生日にコンサートを開く予定が、コロナウィルスの影響で中止になってしまったことから、ますます、加山さんの居場所は分からなくなります。

そこで、記者が、加山さんの居所を聞くべく、加山さんの個人事務所に取材すると、

昨年の暮れに“自立型ケアハウス”に引っ越したんです。これは脳梗塞になる前から決めていたことです。

ケアハウスは奥さんも一緒ですよ。

と、意外な答えが返ってきたそうで、

「自立型ケアハウス」とは、食事、掃除、洗濯などの生活支援サービス付きの高齢者向け住宅のことを言うそうで、介護サービスは別扱いとなっているそうです)

記事では、加山さんご本人のコメントはありませんでしたが、コロナが収まればコンサートを再開するとも語っておられたそうで、「終活」の中でも、お元気にされているとのことでした。

ちなみに、ニューヨークに住んでおられた奥さんも、加山さんがケアハウスに引っ越しするタイミングで本格的に帰国。病気が後押しする形で、お二人はまた一緒に暮らすことになったそうです。

嘔吐で救急搬送

しかし、2020年8月29日、加山さんが自宅で嘔吐し、病院に緊急搬送されていたことが、8月30日にニュースで報じられます。

関係者によると、水を飲んだ際の誤嚥(ごえん=飲み込んだ物が、誤って気管に入ってしまうこと)が原因だったそうで、幸い、意識はしっかりしており、命に別状はないとのことですが、高齢のため、大事をとって入院されたとのことでした。

Sponsored Link

軽度の小脳出血で芸能活動の自粛を決定

ただ、その後、2020年9月2日には、咳き込んだことが原因で、軽度の「小脳出血」を起こしていることが判明。

所属事務所は、

8月29日(土)夜21時ごろ、自宅にて誤嚥による嘔吐で救急搬送されておりましたが、咳き込んだ事が原因で軽度の「小脳出血」を起こしていたことが分かりました。

主治医による診断では、現時点では出血の拡大はなく容態は安定しておりますが、引き続きの治療と慎重な経過観察が必要である、との事から当面の芸能活動を自粛し、治療に専念して参りたいと存じます。

と、コメントを発表し、

加山さん自身も、

トレーニングしたあとの水がうまくてさ、がぶ飲みしちゃったんだよな。年相応の飲み方をしなきゃね…体調万全にしてまた元気でみなさんにお会いします。それまで待っててください!

と、コメントを発表されたのでした。

文字に続く

Sponsored Link

関連記事

サブコンテンツ

このページの先頭へ