佐藤浩市は大炎上がトラウマでエゴリサーチが習慣化?


漫画雑誌「ビッグコミック」に掲載された、映画「空母いぶき」のインタビュー記事により、大炎上してしまった、佐藤浩市(さとう こういち)さんですが、発言の真意はどのようなものだったのでしょうか。今回は、その真相についてご紹介します。

「佐藤浩市が「空母いぶき」で潰瘍性大腸炎の安倍総理を揶揄?」からの続き

Sponsored Link

真相は?

ところで、佐藤さんは本当に、反体制の意味から、弱い首相を演じようと、お腹の弱い設定にされたのでしょうか。

実は、漫画雑誌「ビッグコミック」に掲載されたインタビュー記事では、佐藤さんは、実際に政治家に話を聞きに行き、

(「総理」という職について)背負っていくものに対する責任の重みを感じた

何が正解なのかを彼の中で導き出せるような総理にしたい

と、前向きに役作りに取り組まれたことも明かされていたのです。

役作りに対する理解の声も

そのため、佐藤さんのインタビュー記事を全部読んだと思われるネットユーザーからは、

・インタビュー全文を読みましたが、真っ当かつ謙虚でさえある内容だったと思います。

・百田氏にとっては、自分が気に入らない人間はみんな三流ということか。

・一応みんな原文に当たった方がいい。みんなの怒り、八割がた見当違いの恐れあり。

・ほう。佐藤浩市、けっしておかしい事は言っとらんのう。

・発言の一部を切り取って曲解してしまった人が大騒ぎしてしまっただけなように感じるな。

・役者が真剣に役と向き合った結果、役の設定を付け足す事なんて、他の映画にもよくある事だと思いますが。

・佐藤氏はこの様な趣旨の発言はしておらず、寧ろ前向きに役を演じようとしている。

・内閣総理大臣を嗤うべき小物として演じるわけでなく、人間的弱さを持った人物が難局に対峙し、政治家として成長するという役どころにした、というようにも読める。

・(お腹を下す設定に対し)それくらいプレッシャーのかかる立場なんだと表現したかったのかな?と私もそれくらいにしか思いませんでした。

・そもそも映画やお笑いで政治風刺するのは古今東西当たり前に行われてきたのに、なぜ百田らが過剰反応するのかわからない。

・佐藤は首相を揶揄していないと思う。インタビュー全文を読むと「弱さを抱えつつも日本を真剣に守っていこうとする総理」を演じようとの思いが伝わってくる。

と、佐藤さんに理解を示す声が上がりはじめます。

映画「空母いぶき」の初日舞台挨拶は欠席

そして、某映画関係者が、

現首相を揶揄するとか、そういうための役作りではなく、演じる人物をより魅力的に、そして見てくれる人に感情移入してもらえるよう、キャラクターづけした、という程度の話だったと思います。政治的だ、揶揄だと批判され、本人もスタッフも困惑しているでしょう

と、佐藤さんを慮(おもんぱか)ると、

映画批評家の前田有一さんも、

芸術では権力者を皮肉ることはよくある。映画の中で権力者を風刺したら批判されること自体、日本における芸術文化の未熟さを露呈しているのではないか。

加えて、同作の中に「お腹が弱い」という設定をことさらに強調するシーンはありません。多くの人は作品を見ていないので、佐藤さんを叩くことが目的化しているのでしょう

と、騒動の枠を超えて、日本人の未熟さを指摘されており、佐藤さんを擁護する声も徐々に上がり始めたのでした

(ただ、佐藤さんは、2019年5月24日に行われた、映画「空母いぶき」公開の初日舞台挨拶は欠席されています。)

映画「Fukushima50」

そんな佐藤さんは、2020年には、震災に伴い発生した福島第一原発事故で、放射能汚染による大災害を食い止めようと苦闘した現場作業員たちの姿を描いた映画「Fukushima50」で、原子炉から最も近い中央制御室を指揮する当直長・伊崎利夫役を演じられているのですが、

この映画の宣伝活動である取材(インタビュー)を積極的に受けると、

原子力は本当に諸刃の剣なんですよね。何を肯定し何を否定するのか、簡単には測れない

災害という負の遺産をそのまま伝えるのではなく、その時に自分たちの振る舞いも含めて少しでも考えてもらうだけで、未来に対する遺産になると思うし、そういう形になっていけばうれしい

などと、映画に対する熱い思いを語っておられます。

Sponsored Link

映画「空母いぶき」の炎上騒動がトラウマでエゴリサーチが習慣化

ただ、某芸能プロ関係者の話によると、佐藤さんは、インタビュー時の雑談の際、冗談まじりで、

こういうこと言ったら炎上しちゃわないかな?

と、弱気な発言をされていたそうで、

映画「空母いぶき」のインタビューでの発言による大炎上から1年経った今も、その時の騒動が脳裏に焼き付いて離れず、自分の発言がネット上で炎上していないか、「エゴサーチ」(自分の名前を検索し、自身の評判を検索すること)をするようになっているとのことでした。

さて、いかがでしたでしょうか。

佐藤さんの、

  • 年齢は?出身は?身長は?本名は?
  • 父親は俳優の三國連太郎
  • 生い立ち
  • 少年時代は父母とも留守がちで孤独だった
  • 両親が離婚し父親・三國連太郎から絶縁を言い渡される
  • 高校生の時には母親の再婚相手にたまらず家を飛び出す
  • 父親・三國連太郎のマネージャーからドラマの出演オファーを受ける
  • NHKドラマ「続・続 事件 月の景色」で俳優デビュー
  • 若山富三郎から厳しい演技指導を受けていた
  • デビュー作品で1時間もトイレに引きこもっていた
  • 主演デビュー作「青春の門」がヒット
  • 劇場で自身の映画のラストシーンを見て俳優として生きる決意
  • なめすぎて再び若山富三郎から厳しい演技指導を受けていた
  • 映画「道頓堀川」では深作欣二監督を激怒させていた
  • 映画「魚影の群れ」ではNG連発で撮影中止となる屈辱
  • 死ぬ役は「死にに行かない演技」と気づく
  • 映画「犬死にせしもの」では奇をてらって本番で芝居を変え倒していた
  • 出演作品(映画)
  • 出演作品(テレビドラマ)
  • 三谷幸喜の「ザ・マジックアワー」ではコミカルな演技
  • 後妻は広田レオナの従妹で原田喧太の妻の姉
  • 妻の手紙に号泣
  • 息子はイケメン俳優の寛一郎
  • 息子・寛一郎は父・佐藤浩市と祖父・三國連太郎の影響を受けて俳優に
  • 母親と30年絶縁状態だった
  • 認知症の母親を自宅に引き取る
  • 妻が佐藤浩市の母親を介護
  • 父親・三國連太郎から縁切りを言い渡されていた
  • 2世俳優として
  • 父親への反発
  • 映画「美味しんぼ」で初の親子共演
  • 映画「美味しんぼ」制作記者会見は終始ピリピリムード
  • 息子・寛一郎の存在が三國連太郎とのかすがいに
  • 寛一郎のために佐藤浩市と三國連太郎が朗読劇を披露
  • 父親・三國連太郎とは不仲ではなかった?
  • 父親・三國連太郎との関係の後悔が原動力に
  • 父親・三國連太郎との最後の散歩
  • 父親・三國連太郎の希望する散骨をしなかった理由とは?
  • LiLiCoのブログで激ヤセ姿
  • ネットでは病気を心配
  • 大腸のポリープ除去の手術を受けていた
  • 重病説
  • 映画「空母いぶき」でお腹の弱い総理大臣役?
  • 安倍晋三首相を揶揄しているとネット上で大炎上
  • 著名人からも大バッシングを受ける
  • 百田尚樹を批判する芸能人も
  • 真相は?
  • 役作りに対する理解の声も
  • 映画「空母いぶき」の初日舞台挨拶は欠席
  • 映画「Fukushima50」
  • 映画「空母いぶき」の炎上騒動がトラウマでエゴリサーチが習慣化

について、まとめてみました。

名優と言われた父・三國連太郎さんを父に持ち、相当なプレッシャーを受けながらも、見事、演技派俳優としての地位を確立された佐藤さん。

現在は、SNSであることないことを書き立てられ、俳優にとっては大変な時代ですが、あまり気にせず、これからも素晴らしい演技を続けていってほしいものです。

「佐藤浩市は幼少期に父・三國連太郎に絶縁を言い渡されていた!」

Sponsored Link

関連記事

サブコンテンツ

このページの先頭へ