宮本信子のデビューからの出演ドラマ映画を画像で!


高校卒業後、「文学座付属演劇研究所」に入所して以来、50年以上もの間、舞台、テレビドラマ、映画と、数々の作品に出演されている、宮本信子(みやもと のぶこ)さん。今回は、そんな宮本さんのデビューからの出演作品を画像を交えてご紹介します。

「宮本信子が若い頃は?伊丹十三監督映画「お葬式」で一躍ブレイク!」からの続き

Sponsored Link

テレビドラマや映画に多数出演

1984年、夫・伊丹十三監督映画「お葬式」で、一躍ブレイクすると、以降、すべての伊丹作品に出演し、演技派女優として確固たる地位を確立された宮本さんですが、

1997年に伊丹さんが他界すると、しばらく表舞台から遠ざかり、2007年、「眉山-びざん-」で10年ぶりに映画に復帰。

その後、映画では、

「阪急電車 片道15分の奇跡」(2011年)
「聯合艦隊司令長官 山本五十六」(2011年)
「いちごの唄」(2019年)


「阪急電車 片道15分の奇跡」より。

テレビドラマでは、

NHK連続テレビ小説「どんど晴れ」(2007年)
「続・遠野物語」(2010年)
NHK連続テレビ小説「あまちゃん」(2013年)
「奇跡の人」(2016年)
「坊っちゃん」(2016年)
NHK連続テレビ小説「ひよっこ」(2017年)
「この世界の片隅に」(2018年)
「あの家に暮らす四人の女」 (2019年)


「奇跡の人」より。

などに出演され、近年は、やさしいおばあちゃんの役を多く演じられています。

出演作品(映画)

それではここで、あらためて、宮本さんのデビューからの主な出演作品をご紹介しましょう。

映画では、

1967年「日本春歌考」
1968年「スクラップ集団」
1971年「男はつらいよ 純情篇」
1973年「放課後」
1980年「四季・奈津子」

1984年「ときめきに死す」
     「お葬式」
1985年「タンポポ」
1987年「マルサの女」
1988年「マルサの女2」


「タンポポ」より。宮本さんと山崎努さん。

1989年「スウィートホーム」
     「あ・うん」
     「ファンシイダンス」
1990年「あげまん」
1992年「ミンボーの女」


「あげまん」より。

1993年「大病人」
1994年「ヤマトタケル」
1995年「静かな生活」
1996年「スーパーの女」
1997年「ラヂオの時間」
     「マルタイの女」


「マルタイの女」より。宮本さんと西村まさ彦さん。

2007年「眉山-びざん-」
2011年「阪急電車 片道15分の奇跡」
     「聯合艦隊司令長官 山本五十六 太平洋戦争70年目の真実」
     「いちごの唄」


「眉山-びざん-」より。宮本さん(左)と松嶋菜々子さん(右)。

出演作品(テレビドラマ)

テレビドラマでは、

1967年「泣いてたまるか」
1968年「われら弁護士」
1969年「男はつらいよ」
1970年「鬼平犯科帳」第56話
1971年「おひかえあそばせ」


「泣いてたまるか」より。宮本さんと渥美清さん。

1974年「八州犯科帳」第3話
1976年「必殺からくり人・血風編」第1話
1977年「特捜最前線」第5話
1979年「死にたがる子」
1980年「熱中時代」第2シリーズ 第20話
1981年「森繁久彌のおやじは熟年」第2話


「死にたがる子」より。

1982年 NHK連続テレビ小説「本日も晴天なり」
1982年「北の国から」
1984年「うちの子にかぎって…」
1991年「芸者小春の華麗な冒険」
1993年「人間の証明」


「北の国から」より。宮本さんと吉岡秀隆さん。

1994年「ゆっくりおダイエット」
1997年 NHK大河ドラマ「毛利元就」
1998年「さよなら五つのカプチーノ」
2001年「考古学者 佐久間玲子」
2002年 NHK連続テレビ小説「まんてん」

2004年「農家のヨメになりたい」
2006年「カリスマ占い師殺人鑑定」
2007年 NHK連続テレビ小説「どんど晴れ」
2009年「天国で君に逢えたら」
2010年「続・遠野物語」


「どんど晴れ」より。

2013年 NHK連続テレビ小説「あまちゃん」
2016年「奇跡の人」
2017年 NHK連続テレビ小説「ひよっこ」
2018年「この世界の片隅に」
2019年「あの家に暮らす四人の女」


「あの家に暮らす四人の女」より。吉岡里帆さん(左)と宮本さん(右)。

ほか、数多くの作品に出演されています。

Sponsored Link

受章・受賞歴

そんな宮本さんは、1988年、「マルサの女」「日本アカデミー賞最優秀主演女優賞」を受賞されているほか、


「マルサの女」より。

「お葬式」(1985)、「マルサの女2」(1989)、「あげまん」(1991)、「ミンボーの女」(1993)、「スーパーの女」(1996)、「マルタイの女」(1998)では、「日本アカデミー賞優秀主演女優賞」


「スーパーの女」より。津川雅彦さんと宮本さん。

「あ・うん」(1990)、「眉山-びざん-」(2008)、「阪急電車 片道15分の奇跡」(2012)では、「日本アカデミー賞優秀助演女優賞」


「眉山-びざん-」より。松嶋菜々子さん(左)と宮本さん(右)。

と、栄えある賞を多数受賞。

2014年には、「紫綬褒章」も受章されており、

宮本さんは、

一生懸命に仕事をしてきたことが認められ、うれしく思っております。これからの人生をまた一つ一つ、積み上げて仕事をしていきたい。

と、喜びを語っておられます。

「宮本信子は「あまちゃん」に出演しつつ母親の介護もしていた!」に続く

Sponsored Link

関連記事

サブコンテンツ

このページの先頭へ