財津和夫の祖父は朝鮮半島に移住し有数の農場経営者となっていた!


西南戦争のあおりを受けて家が消滅するなど経済的に困窮し、小学校に通えなくなっていたところを、ある教師のはからいで小学校に通うことができたという、財津和夫(ざいつ かずお)さんの父方の祖父・緒方民平さんは、その後、公務員を経て、朝鮮半島に移住し、地元でも有数の農場経営者となったといいます。

「財津和夫の祖父は熊本藩士だった!」からの続き

Sponsored Link

父方の祖父・民平は警察官から熊本県の役人になっていた

財津さんの父方の祖父・民平さんは、1886年(明治19年)19歳の時、警察官になり、日本各所で勤務するようになると、1898年(明治31年)5月、31歳の時には、文官普通試験(現在の公務員試験)に合格し、1899年(明治32年)、32歳の時には、熊本県の役人に採用されたそうですが、

民平さんは、当時、特別の人にしか与えられなかったという賞与を、どこの勤務地でも受け取っていたそうで、各所で上司に認められていたことが伺えます。(現在のボーナス制度は昭和の太平洋戦争時代にできたものだそうです)

また、民平さんは、1898年(明治31年)には、としさん(財津さんの祖母)と結婚しています。

父方の祖父・民平は朝鮮半島光州・南平に移住していた

そんな民平さんは、公務員として一生懸命働いたそうですが、やがて、農業をやりたいと思うようになり、1908年(明治41年)、41歳の時には、農業をするため、朝鮮半島に移住することを決断したそうで、

翌年の1909年(明治42年)、朝鮮半島南西部の都市クァンジュ(光州)の近く、ナムピョン(南平)という農村に移り住むと、水を確保しやすい土地を手に入れて開墾していき、りんごや柿、きゅうり、ナスなどの栽培と養蚕を始めたそうです。

(この土地には、第二次世界大戦の終戦前まで、500人の日本人が住んでいたそうで、その日本人が桑の木を植えるほか、梨やキャベツを栽培して開拓したそうで、現在でも、家具店など、日本人が暮らした後が街中に残っているそうです)

Sponsored Link

父方の祖父・民平は朝鮮半島光州・南平で有数の農場経営者となっていた

すると、民平さんは、やがて、地元でも有数の、広大な土地を所有する農場経営者となり、他の日本人と資金を出し合って小学校を設立するほか、その学校の責任者を務めたり、新たな駅を作るために奔走するなど、町内の顔役として活躍したそうで、

1920年(大正9年)、民平さんが、墓参りに里帰りした際には、取材を受け、

朝鮮で大成功を収めた緒方民平氏。汗と力によりて今日の富を作り得たる。

と、新聞に掲載されたそうです。

(民平さんは、「緒方」という漢字を韓国語読みした「ソバン」と名乗っていたそうです)

また、当時、民平さんの農場で働いていたという、リン・ホンファンさんによると、民平さんは、働いた賃金を踏み倒すことがない誠実な人だったとのことでした。

「財津和夫はもともと「財津姓」ではなかった!」に続く

Sponsored Link

関連記事

サブコンテンツ

このページの先頭へ