MVP9回、首位打者5回、本塁打王15回、打点王13回、三冠王2回、最高出塁率12回、ベストナイン18回と、プロ野球最多の記録を保持する活躍で、巨人(読売ジャイアンツ)の9年連続日本一に大きく貢献した、王貞治(おう さだはる)さん。今回は、そんな王さんの凄すぎる成績をご紹介します。

「王貞治が現役最終年に30本塁打するも引退した理由とは?」からの続き

Sponsored Link

プロ野球選手(現役)時代の打撃成績

それではここで、王さんの現役時代の打撃成績をご紹介しましょう。

  • 1959年(読売ジャイアンツ)
    31安打 打率1割6分1厘 7本塁打 25打点 3盗塁(7二塁打 1三塁打 18得点 24四球 敬遠1 出塁率2割6分2厘 長打率3割1分6厘)
  • 1960年(読売ジャイアンツ)
    115安打 打率2割7分 17本塁打 71打点 5盗塁(19二塁打 3三塁打 49得点 67四球 敬遠5 出塁率3割7分5厘 長打率4割4分8厘)
  • 1961年(読売ジャイアンツ)
    100安打 打率2割5分3厘 13本塁打 53打点 10盗塁(25二塁打 6三塁打 50得点 64四球 敬遠3 出塁率3割5分8厘 長打率4割4分4厘)
  • 1962年(読売ジャイアンツ)
    135安打 打率2割7分2厘 38本塁打 85打点 6盗塁(28二塁打 2三塁打 79得点 72四球 敬遠9 出塁率3割7分6厘 長打率5割6分5厘)で、本塁打王・打点王(最多得点・最多四球・最多敬遠・最高出塁率・最高長打率)
  • 1963年(読売ジャイアンツ)
    146安打 打率3割5厘 40本塁打 106打点 9盗塁(30二塁打 5三塁打 111得点 123四球 敬遠12 出塁率4割5分2厘 長打率6割4分)で、本塁打王(最多二塁打・最多得点・最多四球・最高出塁率)
  • 1964年(読売ジャイアンツ)
    151安打 打率3割2分 55本塁打 119打点 6盗塁(24二塁打 0三塁打 110得点 119四球 敬遠20 出塁率4割5分6厘 長打率7割2分)で、本塁打王・打点王(最多得点・最多四球・最多敬遠・最高出塁率・最高長打率)
  • 1965年(読売ジャイアンツ)
    138安打 打率3割2分2厘 42本塁打 104打点 2盗塁(19二塁打 1三塁打 104得点 138四球 敬遠29 出塁率4割9分 長打率6割6分6厘)で、本塁打王・打点王(最多得点・最多四球・最多敬遠・最高出塁率・最高長打率)
  • 1966年(読売ジャイアンツ)
    123安打 打率3割1分1厘 48本塁打 116打点 9盗塁(14二塁打 1三塁打 111得点 142四球 敬遠41 出塁率4割9分5厘 長打率7割1分5厘)で、本塁打王・打点王(最多得点・最多四球・最多敬遠・最高出塁率・最高長打率)
  • 1967年(読売ジャイアンツ)
    139安打 打率3割2分6厘 47本塁打 108打点 3盗塁(22二塁打 3三塁打 94得点 130四球 敬遠30 出塁率4割8分8厘 長打率7割2分3厘)で、本塁打王・打点王(最多得点・最多四球・最多敬遠・最高出塁率・最高長打率)
  • 1968年(読売ジャイアンツ)
    144安打 打率3割2分6厘 49本塁打 119打点 5盗塁(28二塁打 0三塁打 107得点 121四球 敬遠18 出塁率4割7分5厘 長打率7割2分2厘)で、首位打者・本塁打王(最多得点・最多四球・最多敬遠・最高出塁率・最高長打率)
  • 1969年(読売ジャイアンツ)
    156安打 打率3割4分5厘 44本塁打 103打点 5盗塁(24二塁打 0三塁打 112得点 111四球 敬遠12 出塁率4割7分2厘 長打率6割9分)で、首位打者・本塁打王(最多安打・最多得点・最多四球・最多敬遠・最高出塁率・最高長打率)
  • 1970年(読売ジャイアンツ)
    138安打 打率3割2分5厘 47本塁打 93打点 1盗塁(24二塁打 0三塁打 97得点 119四球 敬遠24 出塁率4割7分6厘 長打率7割1分3厘)で、首位打者・本塁打王(最多安打・最多四球・最多敬遠・最高出塁率・最高長打率)
  • 1971年(読売ジャイアンツ)
    120安打 打率2割7分6厘 39本塁打 101打点 8盗塁(18二塁打 2三塁打 92得点 121四球 敬遠17 出塁率4割3分5厘 長打率5割9分7厘)で、本塁打王・打点王(最多得点・最多四球・最多敬遠・最高出塁率・最高長打率)
  • 1972年(読売ジャイアンツ)
    135安打 打率2割9分6厘 48本塁打 120打点 2盗塁(19二塁打 0三塁打 104得点 108四球 敬遠18 出塁率4割3分5厘 長打率6割5分4厘)で、本塁打王・打点王(最多得点・最多四球・最多敬遠・最高出塁率・最高長打率)
  • 1973年(読売ジャイアンツ)
    152安打 打率3割5分5厘 51本塁打 114打点 2盗塁(18二塁打 0三塁打 111得点 124四球 敬遠38 出塁率5割0分0厘 長打率7割5分5厘)で、首位打者・本塁打王・打点王(最多安打・最多得点・最多四球・最多敬遠・最高出塁率・最高長打率)
  • 1974年(読売ジャイアンツ)
    128安打 打率3割3分2厘 49本塁打 107打点 1盗塁(18二塁打 0三塁打 105得点 158四球 敬遠45 出塁率5割3分2厘 長打率7割6分1厘)で、首位打者・本塁打王・打点王(最多得点・最多四球・最多敬遠・最高出塁率・最高長打率)
  • 1975年(読売ジャイアンツ)
    112安打 打率2割8分5厘 33本塁打 96打点 1盗塁(14二塁打 0三塁打 77得点 123四球 敬遠27 出塁率4割5分1厘 長打率5割7分3厘)で、打点王(最多四球・最多敬遠・最高出塁率)
  • 1976年(読売ジャイアンツ)
    130安打 打率3割2分5厘 49本塁打 123打点 3盗塁(11二塁打 1三塁打 99得点 125四球 敬遠27 出塁率4割7分9厘 長打率7割2分5厘)で、本塁打王・打点王(最多得点・最多四球・最多敬遠・最高出塁率・最高長打率)
  • 1977年(読売ジャイアンツ)
    140安打 打率3割2分4厘 50本塁打 124打点 1盗塁(15二塁打 0三塁打 114得点 126四球 敬遠16 出塁率4割7分7厘 長打率7割0分6厘)で、本塁打王・打点王(最多得点・最多四球・最多敬遠・最高出塁率・最高長打率)
  • 1978年(読売ジャイアンツ)
    132安打 打率3割0分0厘 39本塁打 118打点 1盗塁(20二塁打 0三塁打 91得点 114四球 敬遠17 出塁率4割3分6厘 長打率6割1分1厘)で、打点王(最多四球・最多敬遠・最高出塁率)
  • 1979年(読売ジャイアンツ)
    116安打 打率2割8分5厘 33本塁打 81打点 1盗塁(15二塁打 0三塁打 73得点 89四球 敬遠10 出塁率4割1分5厘 長打率5割6分5厘)で、(最多四球・最多敬遠・最高出塁率)
  • 1980年(読売ジャイアンツ)
    105安打 打率2割3分6厘 30本塁打 84打点 0盗塁(10二塁打 0三塁打 59得点 72四球 敬遠8 出塁率3割4分2厘 長打率4割6分2厘)

と、現役生活22年2831試合で(読売ジャイアンツ)、通算2786安打 打率3割0分1厘 868本塁打 2170打点 84盗塁(422二塁打 25三塁打 1967得点 2390四球 敬遠427 出塁率4割4分6厘 長打率6割3分4厘)と、凄まじい成績を残しています。

ホームラン王15回、首位打者5回、打点王13回(三冠王2回)ほかタイトル多数

そんな王さんは、

  • 首位打者5回 (1968-1970年、1973-1974年)※5回は歴代4位タイ、セ・リーグ歴代2位、セ・リーグ左打者最多。3年連続はセ・リーグタイ記録
  • 本塁打王15回 ※最多記録、13年連続は最長記録(1962-1974年、1976-1977年)
  • 打点王13回 ※最多記録、8年連続は最長記録(1962年、1964-1967年、1971-1978年)
  • 最多出塁12回 ※最多記録、12年連続は最長記録(1967-1978年)※出塁率は1962-1979年まで18年連続でトップ
  • 最多安打3回(1969年、1970年、1973年)※当時連盟表彰なし~1994年より表彰
  • 三冠王2回(1973年、1974年)※史上3人目、セ・リーグ初。2年連続は最長タイ、34歳シーズンでの達成はNPB史上最年長

と、凄まじい数のタイトルを獲得しています。

通算868本塁打、シーズン打率3割30本塁打100打点12回ほかNPB記録多数

また、王さんは、そのほかにも、

  • 通算本塁打868 ※世界記録
  • 通算満塁本塁打15 ※セ・リーグ記録、左打者記録、歴代2位、2015年に埼玉西武ライオンズの中村剛也に抜かれるまでNPB記録
  • 通算サヨナラ本塁打8 ※セ・リーグタイ記録
  • シーズン50本塁打以上3回 ※NPB記録、1964年の初達成時は史上3人目(1964年、1973年、1977年)
  • シーズン40本塁打以上13回(8年連続含む)※NPB記録(1963-1970年、1972-1974年、1976-1977年)
  • シーズン30本塁打以上19回(19年連続)※日本記録、20本塁打以上でもNPB記録(1962-1980年)
  • シーズン10本塁打以上21回(21年連続)※NPBタイ記録(1960-1980年)
  • 7試合連続本塁打 ※NPBタイ記録(1972年9月11日-9月20日)
  • 4打席連続本塁打 ※2022年8月2日に村上宗隆に抜かれるまでNPB記録(1964年5月3日)
  • 4打数連続本塁打 ※2022年8月2日に村上宗隆に抜かれるまでNPB記録(1964年5月3日)
  • 1試合4本塁打 ※NPBタイ記録(1964年5月3日)
  • 1試合3本塁打以上5回 ※セ・リーグ記録
  • 1試合2本塁打以上95回 ※NPB記録
  • 通算安打2786 ※セ・リーグ記録
  • 通算最多出塁率.446
  • 通算最多出塁数5290個
  • シーズン最多出塁数294個(1974年)
  • シーズン最高出塁率.532(1974年)
  • シーズン打率3割以上13回(1963-1970年、1973-1974年、1976-1978年)※セ・リーグ記録張本勲の16回に次ぐ史上2位
  • 8年連続シーズン打率3割 ※セ・リーグ記録、張本勲の9年連続に次ぐ史上2位)
  • シーズン100安打以上21回(21年連続)※NPB記録(1960-1980年)
  • 打率ベストテン入り17回(16年連続含む)※NPB記録(1960年、1962-1977年)
  • 全イニング出場首位打者(1969年)※史上初(他にイチロー(1995年)、松井秀喜(2001年)、西岡剛(2010年)、長谷川勇也(2013年)、秋山翔吾(2017年)が達成)
  • 同一球場で1000安打(後楽園球場)
  • 通算得点1967 ※NPB記録
  • 通算打点2170 ※NPB記録
  • 通算犠飛100 ※セ・リーグ記録、左打者記録
  • 通算長打率.634 ※4000打数以上で歴代1位
  • シーズン最高OPS 1.293 ※NPB記録
  • シーズン最高RC27 14.9825(1974年)
  • シーズン最高RCWIN 10.68(1973年)
  • シーズン最高XRWIN 9.70(1973年)
  • シーズン100得点以上10回 ※NPB記録(1963-1966年、1968-1969年、1972-1974年、1977年)
  • シーズン100打点以上14回(7年連続含む)※14回はNPB記録(1963-1969年、1971-1974年、1976-1978年)※7年連続は、2010年にアレックス・ラミレスに抜かれるまでNPB記録だった。
  • リーグ最多得点15回(13年連続含む)※連続記録、獲得回数ともにNPB記録
  • リーグ最多長打13回(13年連続)※連続記録、獲得回数ともにNPB記録(1962-1974年)
  • リーグ最多塁打12回(7年連続含む)※連続記録、獲得回数ともにNPB記録。3年以上連続を2回は史上唯一
  • 最高長打率14回(11年連続含む)※連続記録、獲得回数ともにNPB記録。2年以上連続を2回は史上唯一
  • 通算出場試合2831 ※同一球団での通算出場試合数としては歴代1位、歴代3位、セ・リーグ歴代2位(2013年に谷繁元信に更新されるまでセ・リーグ記録だった)
  • 通算打席11866 ※セ・リーグ記録、歴代2位
  • サイクル安打(1963年4月25日 対阪神タイガース6回戦 後楽園球場)※史上22人目
  • 通算四球2390 ※NPB記録
  • 通算故意四球427 ※NPB記録
  • シーズン故意四球45 ※NPB記録(1974年)
  • 通算死球114 ※歴代15位タイ、左打者では稲葉篤紀に抜かれるまで歴代1位だった。現在は阿部慎之助、稲葉、青木宣親、松中信彦についで歴代5位
  • シーズン最多四球158個 ※NPB記録(1974年)
  • シーズン最多四死球166個 ※NPB記録(1974年)
  • 連続試合四球18 ※NPB記録(1970年)
  • シーズン100四球以上16回(16年連続)※NPB記録(1964-1978年)
  • リーグ最多四球18回(18年連続)※NPB記録(1962-1979年)
  • シーズン守備機会1607 ※一塁手としてのセ・リーグ記録(1963年)
  • シーズン刺殺1521 ※一塁手としてのセ・リーグ記録(1963年)
  • シーズン守備機会連続無失策991 ※一塁手としてのセ・リーグ記録(1980年4月25日-10月10日)
  • 5504試合連続退場なし ※NPB記録(1959-1988年、1995-2008年)
  • シーズン打率3割30本塁打100打点12回(7年連続含む)※NPB記録(1963-1969年、1973-1974年、1976-1978年)
  • 日本シリーズ通算出場回数14 ※歴代1位
  • 日本シリーズ通算出場試合77 ※歴代1位
  • 日本シリーズ通算得点58 ※歴代1位
  • 日本シリーズ通算本塁打29 ※歴代1位
  • 日本シリーズ通算犠飛5 ※歴代1位
  • 日本シリーズ通算四球83 ※歴代1位
  • 日本シリーズ通算安打68 ※歴代4位
  • 日本シリーズ通算二塁打6 ※歴代18位タイ
  • 日本シリーズ通算塁打161 ※歴代2位
  • 日本シリーズ通算打点63 ※歴代2位
  • 日本シリーズ本塁打4 ※歴代1位タイ(1963年)
  • 日本シリーズ四球9 ※歴代1位(1967年、1976年の2度)
  • オールスターゲーム出場20回 (1960-1964年、1966-1980年)
  • オールスターゲーム出場試合58 ※歴代1位
  • オールスターゲーム通算打数188 ※歴代1位
  • オールスターゲーム通算犠飛3 ※歴代1位
  • オールスターゲーム通算四球33 ※歴代1位
  • オールスターゲーム通算得点25 ※歴代3位
  • オールスターゲーム通算安打40 ※歴代6位
  • オールスターゲーム通算二塁打8 ※歴代6位タイ
  • オールスターゲーム通算本塁打13 ※歴代2位タイ
  • オールスターゲーム通算塁打87 ※歴代3位
  • オールスターゲーム通算打点31 ※歴代2位

と、凄まじい記録の数々を残しており、プロ野球最多の記録を保持しています。

野球殿堂、MVP9回、ベストナイン18年連続18回ほか表彰も多数

そんな王さんは、

  • 最優秀選手(MVP)9回 ※最多記録(1964-1965年、1967年、1969-1970年、1973-1974年、1976-1977年)
  • ベストナイン18回(18年連続)※18年連続は最長記録(1962-1979年)
  • ダイヤモンドグラブ賞9回(9年連続)※9年連続は一塁手部門歴代最長(1972-1980年)※1972年から表彰、9度受賞は駒田徳広に次ぐ一塁手歴代2位
  • 野球殿堂競技者表彰(1994年)
  • 正力松太郎賞4回(1977年、1999年、2003年、2006年)※1977年は選手として表彰
  • オールスターゲームMVP3回(1963年 第2戦、1977年 第3戦、1979年 第1戦)
  • 国民栄誉賞(1977年)※第1号受賞者(王さんを称える為に当時の政府・福田赳夫内閣に創設された賞)、外国籍(中華民国籍)での唯一の受賞者
  • 文化功労者(2010年)

と、賞も数多く受賞しています。

Sponsored Link

背番号

ちなみに、王さんの背番号は、巨人に入団した1959年から現役を引退する1980年までと、巨人の監督に就任した1984年から巨人の監督を退任する1988年まで、ずっと「1」で、1989年3月16日には、巨人の永久欠番(認定)となっています。

そして、1995年、ダイエーホークスの監督に就任した際には、「89」を着けています。

(「野球」「破竹の勢い」にかけているそうです)

「王貞治は現役引退と引き換えに助監督に就任させられていた?」に続く

Sponsored Link