滝沢秀一!芸人!マシンガンズ!かごめかごめ!妻は?


お笑いコンビ「マシンガンズ」の滝沢秀一(たきざわ しゅういち)さん。芸人として活動する一方で、2013年には執筆した小説で文学賞を受賞され、作家デビューを果たされました。

Sponsored Link

年齢は?出身は?身長は?本名は?

滝沢さんは1976年9月14日生まれ、
東京都のご出身です。

身長169センチ、
体重62キロ、

血液型はAB型、

趣味は野球観戦(中日ドラゴンズファン)、
特技は器械体操(床、鉄棒)、

資格は書道の特待生、

好きな作家は、
村上龍、中上健次、

出身大学は、
東京成徳大学人文学部英米文化学科、

卒論のテーマは、
「エドガーアランポー」だそうです。

「マシンガンズ」結成

滝沢さんは、お笑いのカルチャースクールで、相方の西堀亮さんと知り合われ、1998年に、お笑いコンビ「マシンガンズ」を結成されました。

長い間、売れない時代が続きましたが、2006~2007年頃、キレ芸や、ひたすらツッコミまくる芸風を確立してブレイクし、

2008年、2009年には、「M-1グランプリ」の準決勝に進出。

さらに、2012年と2014年には、漫才コンテスト「THE MANZAI」「認定漫才師50組」に認定されるなど、その実力が評価されています。

かごめかごめ

そんな滝沢さんは、文筆業でも才能を開花されており、2013年には、小説「鬼虐め」で作家デビューすると、「E☆エブリスタ電子書籍大賞」の双葉社賞を受賞されています。

この小説は、2014年に改題・加筆修正され、小説「かごめかごめ」として、出版されています。


かごめかごめ

ざっとあらすじをご紹介すると、

主人公は、ある女性をストーカーしているのですが、同じ女性をストーカーする男の存在に気づきます。

主人公は男を殺し、自分の部屋に一時的に保管するのですが、それ以来、女性が捨てたゴミから主人公に向けたメッセージが出てくるなど、主人公の身辺に不可解なことが起こり始めます。

何者かに見張られているという疑念が湧き上がり、支配しているつもりが、いつの間にか追い詰められ・・・

と、ゾッとする内容ですが、なかなか面白そうです♪

ゴミ収集のバイトがきっかけとなる

滝沢さんは、芸人の仕事だけでは食べていけなかったことから、ゴミの収集のバイトをされていたそうです。

すると、ゴミの出し方で、その建物にどんな住人が住んでいるのかが、だいたい分かってくるというのです!

例えば、ゴミの出し方が汚いから、男性が多く住むアパートだな、など。

そしてある時、請求書などの個人情報が、そのまま捨てられていることがあったようで、もし、これをストーカーが見たら・・・と怖くなり、ストーリーを思いつかれたのだとか。

携帯で執筆

こうして滝沢さんは、執筆に取りかかるのですが、

なんと、ゴミ収集の仕事の休み時間や、芸人としての仕事の移動時間に、携帯を使って執筆されていたのだとか。

そして、2ヶ月ほどで書き上げられたのだそうです。

滝沢さんは、小説が出版された喜びを、

ようやく本になったぁというのが正直な感想です。書き始めたのは昨年(2013年)の年始め。電子書籍大賞に応募し、運良く賞を頂いた。

そこから書籍化に向け担当編集者と打ち合わせを重ね、手元に本が来たときには感動しました。

苦労して書いたので、一人でも多くの人に読んで頂きたいです!芸人らしからぬ真面目な回答ですみません!

と、語っておられました。

滝沢さんが小説を書き始めたのは、大学生の頃だそうで、長い間コツコツと書き溜められ、2006年頃から年に1、2本、文学賞に応募されていたのだとか。

作家デビューが長い間の夢だったそうで、今回の受賞はこういった地道な努力の賜物だったのですね♪

Sponsored Link

妻は?子どもは?

さて、気になる、滝沢さんのプライベートですが、

滝沢さんは、2008年に一般女性と結婚されているようです。

奥さんは、滝沢さんよりも6歳年上で、歯科院の受付をされていたのだとか。

滝沢さんは、

売れてないときから支えてくれた人。時々(ネタの)「バカヤロー」って言ってます。

と、喜びを語っておられました。

そして、2013年には男の子が誕生。

名前は「武之(たけし)」くんというそうで、滝沢さんが尊敬する、ビートたけしさんにあやかって、名付けられたのだとか。

ちなみに、滝沢さんは、奥さんとお子さんを養うため、毎月22万円を家に入れることを、ご自身に義務付けているそうですが、この費用は、本の印税から出されているのだそうです。

やはり、印税収入は大きい!

と思ってしまったのですが、売れっ子芸人には、大した金額ではないのかもしれませんね。

いずれにせよ、次回作にも期待が寄せられます♪

芸人として、作家として、今後も、滝沢さんからは目が離せません!!

Sponsored Link

関連記事

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ