「生い立ち」タグの記事一覧(20 / 40Page)

なべおさみは小5にして鉄屑集めでお金を稼ぐことに夢中になっていた!

映画館帰りの電車の中で、サラリーマンが朝鮮戦争による「金へん・糸へん景気」の会話をしているのを聞き、鉄屑がお金になることを知ったなべおさみさんは、まだ、小学校5年生だったにもかかわらず、早速、近所に住む鉄屑屋さんに金属類を買ってもらう約束を・・・

なべおさみは小5にして「金偏糸偏景気」の噂から鉄屑集めを思いついていた!

先生に褒められたご褒美に、東京で映画を観ることをお父さんに許されると、実際には、映画ではなく「日劇」の舞台を観ることになるも、その色彩豊かなステージに魅了されたという、なべおさみさんは、やがて、映画に夢中になり、役者に憧れるようになるのです・・・

なべおさみの幼少期は小柄も負けん気が強い頭の良い少年だった!

息子・なべやかんさんに「明治大学替え玉受験」をさせたイメージがいまだ色濃く残る、なべおさみさんですが、若い頃は、俳優、タレント、コメディアンとして、幅広く活躍されていました。今回は、そんななべさんの足跡を少年時代から追っていきます。

なべやかんの少年時代は勉強が苦手でカンニングの常習犯だった!

父親がタレントのなべおさみさん、母親が元女優の笹るみ子さんという、両親共に芸能人のもとに誕生し、誰もがうらやむ環境で過ごしたであろう、なべやかんさんですが、実際のところは、家庭では父親が怖くてたまらず、学校では勉強が嫌いでカンニングの常習犯・・・

なべやかんは小5から怪獣フィギュアをコレクションしていた!

タレントのほか、パワーリフティング元日本代表で、プロレスラーとしても活躍されている、なべやかんさん。今回は、そんななべさんの芸名の由来ほか、趣味の怪獣フィギュアコレクションについてご紹介します。

梅沢富美男が中学生の頃は野球少年だった!

小学5年生の時、再会した兄・武生さんに救けられ、極貧生活から抜け出した、梅沢富美男(うめざわ とみお)さんは、当初は、野球に夢中になる、ごく一般的な野球少年だったそうですが、やがて、再び役者への道を歩み始めます。

梅沢富美男は小3の時に極貧になりアルバイトをしていた!

大衆演劇界のスターだった両親のもと、お芝居に恵まれた環境で何不自由なくすくすく育つと、幼い頃から演技の才能を開花し、天才子役と称された、梅沢富美男(うめざわ とみお)さんですが、小学校3年生の時、人生が一変します。

浜村淳は幼少期に時代劇のロケを見て映画に夢中になっていた!

子どもの頃に「宝塚歌劇団」の京都公演「ピノチオ」を観て、役者が全員女性だということを知り、たちまち「宝塚歌劇団」の虜(とりこ)になった、浜村淳(はまむら じゅん)さんですが、同時に映画にも魅了されていたそうです。

倉本聰は中学生の頃から創作活動を始めていた!

東京大空襲に遭い、一家で岡山に疎開した、倉本聰(くらもと そう)さんですが、疎開先での生活は存外楽しく、のびのびと暮らしたそうで、終戦後、東京に戻ると、いよいよ演劇の楽しさに目覚めます。

倉本聰は少年時代に東京大空襲から生き残っていた!

都内ながら野鳥のさえずりが聞こえる善福寺の豊かな自然の中、学校の勉強のことはとやかく言わず、野山で遊ぶことを良しとするお父さんの教育方針のもと、自由にのびのびと育った、倉本聰(くらもと そう)さんですが、やがて、戦争ムードが色濃くなると、山・・・

サブコンテンツ

このページの先頭へ