プロ野球~ベテランVS若い選手~本当に育成には一軍経験が必要?

Sponsored Link

よく、「若い選手を育てる為には、もっと一軍の試合に出さないと」
と言われますが、わたしはちょっと違う気がしています。


二軍で大した成績を残せていない選手を、
一軍で使ってはいけないと思います。

あくまで、「二軍で成績が飛び抜けた選手」を一軍で使ってほしい。

そういう選手なら、一軍で思うような活躍が出来なくても、
ファンは辛抱して待っていると思います。

実際、そういう選手は、一軍では、
シーズン通しては大した成績を残せなくても、

時々、キラリと輝くものを見せてくれるものです。

だからこそ、ファンも、完全に開花するのを夢見て、辛抱できるんですよね。


実際は・・・


でも、プロ野球を見ていると、

二軍で大した成績しか残せていない選手を、一軍で我慢して使い、
ベテランで素晴らしい選手は、控え要因で使う。


といったことをしている球団が多いです。

ベテラン=将来がない、若い選手=将来がある

といった、短絡的な考え方です。


二軍で大した成績しか残せていない選手とは


現状、二軍で大した成績しか残せていない選手は、
大きく分けて2つに分類されると思われます。

一つは、素質がない

そもそも選手に素質がないのかもしれません。
素質がないとは、即ち、スカウトの人の力不足ということです。
素質がない選手をいくら育成しても効率が悪いですよね。

もう一つは、育成不足

素質はあるが、まだ育成が必要な場合。
これは、2軍の指導者の手腕にかかるところが大きいかと。


指導者に問題はないか?


素人考えかもしれないのですが、よく思うのが、
現役時代に大した成績しか残せていないコーチが、
何を教えられるのかと。

例えば、

素質は凄かったが、怪我をして成績が残せなかった人が
コーチになった場合


指導は理にかなっているから、指導者としてはいいかも。

ただ、言うとおりやっていたら、近い将来、怪我をしてしまうかもしれない。

体は健康だったが、成績を残せなかった人が
コーチになった場合


こういうコーチが、素質ある選手を指導したらマズイかも。

理論に定評があるとか言われていても、
自分では実践できなかったということですもんね。
そもそも、その理論は合っている?

そんなコーチいないって思いますか?
プロ野球界も他の社会と同じで、やはりコネが重要です。

実際、誰かが監督になる場合、
特殊な事情がない限り、自分の腹心をヘッドコーチに、
その他のコーチ陣も自分の可愛がっている人達で構成しますよね。


純粋に素晴らしいプレーが見たいんだ!


世間では、メジャーの影響か、
ベテランを使い続けていると、すぐ、「若い選手を使え」と言われます。

イチローの扱いがメジャーの考え方を物語っていますよね。

最盛期に比べたら、走攻守、特に打撃において見劣りはしますが、
現在のスペックでも、十分にメジャーのレギュラークラスなのに、
大したオファーは来ませんでした。

ああ、純粋に素晴らしいプレーが見たいんだ!!


って叫びたい気持ちです。
でも全てにおいて、「アメリカの方が上」という考え方に
支配されている今の日本では、メジャーと違うことは出来ないですね。


プロ野球の目的は、
「素晴らしいプレーをして、ファンを魅了し、金を稼ぐ」
ことだと思うので、

・素晴らしいプレーが出来なくなったベテラン
・素質がないと思われる若い選手


は使わないでほしいです。
悲しいですが、それがプロ野球です。

そして、

・今現在、素晴らしいプレーを見せてくれる実績のあるベテラン
・時々キラリとしたプレーを見せてくれる素質ある若い選手


この2種類の選手を、
年齢に偏見を持たず、適切に使い分けてほしいです。

これは、監督の意思だけではなく、球団の意思も作用していることなので、
簡単にはいかないでしょうけど。

でも、それがうまくできれば

チームは現在~将来に渡って強くなり、
ファンも喜んで、球場に行き、グッズを買い、
球団も儲かって、万事うまくいくと思うのですが。





  • LINEで送る
Sponsored Link

Sponsored Link

関連記事

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

カテゴリー

ブログランキング

↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑ 押して頂けると嬉しいです(*^_^*)

このページの先頭へ