ピーター!池畑慎之介☆性別は?デスノートでレム!

Sponsored Link

少年の頃、その中性的な美貌で「ピーター・パン」と呼ばれた、池畑慎之介(いけはた しんのすけ)さん。歌手・タレント活動の時は「ピーター」、俳優の時は「池畑慎之介☆」と2つの名前を使い分けられています。




プロフィール!


池畑さんは、1952年8月8日生まれ、
大阪府大阪市中央区宗右衛門町のご出身です。

身長166センチ、

血液型はA型、

本名は、
池畑 慎之介(いけはた しんのすけ)、

学歴は、
桃山学院高等学校中退、

趣味は、ゴルフ、

特技は、洋舞(モダンダンス・タンゴ・フラメンコ・社交ダンスなど)
和舞(地唄舞=吉村流第四世家元・人間国宝故吉村雄輝氏長男で元名取、日舞)
歌(シャンソン・バラード・演歌など)

だそうです♪


子供時代


池畑さんは、上方舞吉村流四世家元で、
人間国宝にもなった吉村雄輝さんの長男として生まれ、
3歳の時に初舞台を踏まれます。


上方舞吉村流四世家元、吉村雄輝さん

長男のため、跡継ぎとして、幼いころから、
厳しい稽古に明け暮れていましたが、
5歳の時にご両親が離婚。

池畑さんは、お父さんの厳しい稽古を避け、
お母さんの実家である、
鹿児島市に移り住まれたのでした。

鹿児島市では、お母さんを喜ばせるため猛勉強し、
進学校のラ・サール中学校に入学されるのですが、

(ちなみに、2017年のラ・サール中の偏差値は73!)

寮生活の息苦しさに耐えきれず、
公立中学校に編入。

しかし、ここでも息苦しさを感じられ、
池畑さんは、とうとう家出し、
東京へと向かわれたのでした。


ゴーゴーボーイでピーター


上京後は、原宿の表参道のクラブで、
ゴーゴーボーイを募集しているのを知り、
年齢をごまかして応募。

(ゴーゴーボーイとは、主にゲイクラブで、
 観客を盛り上げるダンサー)

見事採用されて、ゴーゴーボーイとして、
働き始めたのですが、それもつかの間、
お客さんにお父さんの知り合いがいたことで、

池畑さんは、お父さんの暮らす、
大阪に連れ戻されてしまうのでした。

こうしてお父さんと暮らし始め、
大阪の高校に進学されるのですが、

またしても、高校1年生の時、
家出をして上京。

再上京後は、六本木のクラブで、
ゴーゴーボーイとして働き始め、

中性的な美貌から、
「ピーター・パン」と呼ばれるように。

これが、池畑さんの芸名、
「ピーター」の由来となったのでした。


俳優デビュー


そんな池畑さんは、
再上京から約3ヶ月後の1969年、

働いていたクラブで知り合った、
作家の水上勉さんのパーティに招待されます。

すると、そのパーティに参加されていた、
舞台美術家の朝倉摂さんに、

「主役の美少年にぴったり」

と、スカウトされ、
「薔薇の葬列」で映画デビュー。


「薔薇の葬列」より。

さらに、同年10月には、
ファーストシングル「夜と朝のあいだに」で、
歌手デビューを果たすと、たちまちヒット。

その年の「第11回日本レコード大賞最優秀新人賞」
を受賞されています。

こうして、池畑さんは、女性を中心に人気を博し、
一躍アイドルスターとなられたのでした。



以降、池畑さんは、歌手活動と、
映画を中心とした俳優活動をされていましたが、

2006年からは、バラエティ番組にも、
積極的に出演されるようになり、
若い世代にも知名度が浸透。

また、池畑さんは、芸能界でも顔が広く、
2002年頃から、自宅や別荘で、
参加者人数90名という大規模なパーティを、
定期的に開催しておられ、

その際、すべて、池畑さんの手料理で、
もてなされているとのことでした!

性別は?


ところで、気になる、
池畑さんの「性別」ですが、

池畑さんは戸籍上は男性であるものの、
相手によって性別を使い分けることができる、
いわばバイセクシャルだそうです。

ちなみに、池畑さんの初恋の人は、
幼なじみの女優、仁科亜季子さんとのことで、

池畑さんは、仁科さんとの結婚を、
真剣に考えていたこともあったそうですが、

結婚相手は、絶対に一般人と決めていたため、
後に、仁科さんが芸能界に入ったことから、
プロポーズをあきらめたのだそうです。


仁科さんと池畑さん。

一方、仁科さんは、池畑さんのことを、
とても男らしく、お兄さんのような、
憧れの存在だったと語っておられ、

その後、池畑さんが、
男性の恋人と同棲されていた頃には、

彼のことを一途に思い詰めたあまり、
自殺を考えたこともあったとか。

池畑さんの、男性的な面と女性的な面の、
両面を示すエピソードですね。


デスノートでレム!


そんな池畑さんは、2006年、
アニメ映画「DEATH NOTE the Last name」で、
死神「レム」の声を演じられています。

「レム」は、弥海砂(あまね みさ)に、
好意を持つ死神で、

常に、ミサを守り、
ミサのために行動するのですが、


「DEATH NOTE」より。レムと弥海砂。

この映画の監督、金子修介さんは、
池畑さんをレムの声に抜擢された理由を、

レムは中性の感じだが母性を持ち、
イメージは男性なので彼しかいない。

と、明かされており、

確かに、芸能界広しといえど、
この役にぴったりの人は、
池畑さんを置いて他にはいませんね♪

さて、いかがでしたでしょうか?

由緒正しい家柄に生まれるも、跡を継がず、
自らの手で人生を切り開いてこられた池畑さん。

幼い頃からレールの敷かれた人生に違和感を覚え、
自由に生きてこられた池畑さんは、その容姿だけではなく、
生き様も、本当に「ピーター・パン」のよう♪

これからも、年齢を感じさせない、
明るく人懐っこい笑顔が魅力的の、
ピーター(パン)でいてほしいですね!

応援しています!!



  • LINEで送る
Sponsored Link

Sponsored Link

関連記事

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

カテゴリー

ブログランキング

↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑ 押して頂けると嬉しいです(*^_^*)

このページの先頭へ