夏八木勲の若い頃は?デビューは?戦国自衛隊では千葉真一並の筋肉!


1966年、「骨までしゃぶる」で映画デビューされると、以降、300本以上のテレビドラマや映画に出演された、夏八木勲(なつやぎ いさお)さん。そんな夏八木さんのルーツを調べてみました。

Sponsored Link

年齢は?出身は?身長は?本名は?旧芸名は?

夏八木さんは、1939年12月25日生まれ、
東京府東京市(現在の東京都)足立区北千住のご出身、

身長176センチ、

血液型はA型、

学歴は、
東京都立墨田工業高等学校
⇒慶應義塾大学文学部仏文科中退

特技は、
乗馬、合気道、空手、

ちなみに、夏八木勲は本名で、
愛称は、なっちゃん、パパですが、

1978~1984年の間は、
「夏木 勲(なつき いさお)」名義で活動されていました。

「文学座」養成所~「俳優座」養成所

夏八木さんは、外交官を目指して慶応大学仏文科に入学されるのですが、
授業にはあまり出席せず、よく、友人の久保田秀雄さんの家に泊まっては、
2人して町道場や本部道場で、柔道、合気道などの稽古に励んでいたそうで、

これでは当然のことながら、外交官試験には失敗。

(久保田さんは、後に海産物を扱う会社をロサンゼルスで設立し、
 全米65カ所もの販売代理店からの日系寿司バーへの、
 スモークサーモン販売網を築きあげられています。)

そんなある時、久保田さんの奥さんから、俳優になることを勧められ、
大学在学中に劇団「文学座」の研究所に入所されると、

ここで1年の研修期間を終えるのですが、それだけでは十分ではなく、
1963年には、大学を中退して「俳優座」の養成所を受験し見事合格されると、
1966年には、3年の研修を経て「俳優座」を卒業されたそうで、

夏八木さんは、「俳優座」での3年間について、

俳優座の養成所は三年間あって、それが大きかったと思います。
一年じゃあ、短すぎる。

三年間も四十人くらいの若者が、
芋を洗うみたいにゴロゴロしているわけですから、

その中で自然と自分のキャラクターみたいなものを、
意識せざるをえなくなっていったんじゃないですかね。
バラバラの奴らはバラバラのままでいいんだ、と。

「あいつはいい声を出して芝居も上手いけど、
あいつに似ることはない。俺は俺でいいんだ」

ということを三年間かけて気づいていったんです。
僕なんかは一番年上だったから、余計にそういう意識はありましたね。

三年の時間という「篩(ふるい)」の中で残ったのが、
そいつの個性なんだと思います。

と、語っておられます。

「俳優座」の同期には、他に、原田芳雄さん、林隆三さん、地井武男さん、
 村井國夫さん、前田吟さん、小野武彦さん、高橋長英さん、太地喜和子さん、
 栗原小巻さんがおられ、後に「花の十五期生」と呼ばれました)


(左から)夏八木さん、村井國夫さん、小野武彦さん、地井武男さん、
前田吟さん、高橋長英さん。

「骨までしゃぶる」で映画デビュー

そして、「俳優座」卒業後は、「東映」京都と契約し、
加藤泰監督の傑作映画「骨までしゃぶる」で映画デビューされると、


「骨までしゃぶる」より。夏八木さんと桜町弘子さん。

そのたった5ヶ月後には、当時、フジテレビに在籍していた、
五社英雄監督と知り合い、まだ脚本のできていない段階から誘われて、
野性的な賞金稼ぎを主人公にした西部劇タッチのアクション時代劇
「牙狼之介」の主演に抜擢。


「牙狼之介」より。夏八木さんと桜町弘子さん。

翌年の1967年の2作目「牙狼之介 地獄斬り」でも主演を務められると、
劇中、刃引きはしてあるものの、真剣と同じ重量の鉄身で殺陣を披露されたのでした。


「牙狼之介 地獄斬り」より。西村晃さん(左)と夏八木さん。

ちなみに、五社監督は、まだテレビが軽視されていた1963年当時から、
テレビシリーズ「三匹の侍」で、刀が合わさったり、人が斬られたりする時の、
効果音を開発するほか、独自のアクション表現を追求されるなど、
低迷する映画界にあって貴重な存在で、

夏八木さんは、「牙狼之介」のほかにも、
「御用金」(1969)、「鬼龍院花子の生涯」(1982)と、
五社監督の作品に出演されています。


「鬼龍院花子の生涯」より。(左から)仲代達矢さん、室田日出男さん、益岡徹さん、
夏目雅子さん、岩下志麻さん、夏八木さん(当時は夏木さん)、タンクローさん、松野健一さん。

「東映」を退社

以降、夏八木さんは、

1967年「あゝ同期の桜」
     「十一人の侍」

1968年「忍びの卍」


「あゝ同期の桜」より。鶴田浩二さん(左)と夏八木さん(右)。

と、立て続けに映画に出演し、
俳優としてのキャリアを積まれるのですが、

当時、京都はローカルな場所で、東京に比べて映画館も少なく、
そのうえ、封切りも東京に比べて一ヶ月ほど遅かったほか、

東京にいた養成所の仲間たちが小さい劇団を独自に作って、
活動を始めたことを聞いても、見に行くこともできなかったことから、
そんな京都での生活にフラストレーションがたまっていたそうで、

そんな時に、加藤泰監督から映画「懲役十八年」に出ないかと誘われるも、
「もう、東京に帰ります」と断ってしまい、デビューから数年もたたない、
1968年に「東映」を退社。

ただ、夏八木さんは、晩年、インタビューで、

新人といっても、僕は二十七歳。
とうが立って、可愛げもない・・・そんな男なのに、東映は売り出してくれた。

しかも、加藤監督から直接いただいたお話だったのに・・・
(「懲役十八年」のこと)

当時のことを思うと・・・
本当に無礼だったなと悔恨の情が今でもどんどん出てきます。

と、声をつまらせて泣きながら、振り返っておられます。

「戦国自衛隊」では千葉真一に劣らぬ筋肉

こうして、東京へ戻られた夏八木さんは、
三島由紀夫さん主宰の劇団「浪蔓劇場」に参加され、

以降、アクション映画、刑事ドラマ、時代劇、やくざ映画など幅広く出演されると、

1978年には、「野性の証明」
1979年には、「白昼の死角」「戦国自衛隊」
1980年には、「復活の日」


「白昼の死角」より。(左から)中尾彬さん、夏八木さん、竜崎勝さん。

と、角川映画にも出演されているのですが、

「戦国自衛隊」では、共演者の千葉真一さんに負けない筋肉美を披露しつつ、
野性味あふれる演技で強烈なインパクトを残されています。

というのも、千葉さんによると、夏八木さんと千葉さんは、
1967年のテレビドラマ「あゝ同期の桜」での共演で知り合われると、
ほどなくして、食事をしたりお酒を飲むなど、親しい仲になったそうで、

静岡県御殿場で行われた、1年に及んだ「戦国自衛隊」のロケでは、
出演者らが皆バスで10キロ離れた宿に帰って入浴し、明日に備えているなか、

夏八木さんと千葉さん2人だけは、ロケ現場から走って帰り、
身体を鍛える毎日を送られていたのだとか。

そして、夏八木さんは、「戦国自衛隊」のロケがきっかけで、
千葉さんが主宰する「ジャパンアクションクラブ(JAC)」に入部され、
そこでは、千葉さんと一緒に汗を流されたそうで、

千葉さんのやってるトレーニングを、いちいち、
「これはどうやるんだ」と聞いては、とても熱心に身体を鍛えられたのでした。


「戦国自衛隊」出演時の夏八木さん(左)と千葉真一さん。

Sponsored Link

声優としても

また、夏八木さんは、洋画でクリント・イーストウッドや
シルヴェスター・スタローンの吹き替えをされるほか、

アニメ「銀河鉄道999 エターナル・ファンタジー」では、
ナレーターを務められるなど、声優としても活動。

1995年には、テレビドラマ「金田一少年の事件簿『オペラ座館殺人事件』」
黒沢和馬役を演じたことがきっかけとなり、アニメ版「オペラ座館・新たなる殺人」
でも、剣持警部の初代声優を務められています。

「夏八木勲の死因は?遺作は?家族妻子は?鎌倉自宅から電車通勤?」に続く

Sponsored Link

関連記事

サブコンテンツ

このページの先頭へ