井上梅次監督!嵐を呼ぶ男で石原裕次郎をスターに!娘は井上絵美!

Sponsored Link

1947年、新東宝に助監督として入社され、1952年、「恋の応援団長」で監督デビューされた、井上梅次(いのうえ うめつぐ)さん。その後1957年には、「嵐を呼ぶ男」で、デビュー間もない石原裕次郎さんをスターダムへと押し上げられると、以降、娯楽映画を中心に、数多くの映画やテレビドラマで監督を務められています。




プロフィール!


井上さんは、
1923年5月31日生まれ、
京都府京都市下京区のご出身、

最終学歴は、
慶應義塾大学経済学部、

だそうです♪


助監督から監督へ


井上さんは、大学在学中の1943年に応召され、
関東軍経理学校生(陸軍の軍学校)となられるのですが、

終戦後の1945年に復学すると、
1946年、東宝争議(東宝で発生した労働争議)により、
東宝から発足した新東宝組合製作の映画、
「緑は異なもの」にアルバイトの助監督として参加。

翌年の1947年には、
新東宝(東宝争議により東宝から新しく設立)に、
助監督として入社し、佐伯清、千葉泰樹、阿部豊監督に師事。

1952年、「恋の応援団長」で、
監督デビューを果たされています。


「恋の応援団長」の映画制作現場より。
(左から)小林桂樹さん、井上監督、関千恵子さん。



「嵐を呼ぶ男」で石原裕次郎をスターに


井上さんは、以降、1954年まで、
新東宝で、主にコメディや歌謡映画の監督をされるのですが、

1955年に日活から引き抜かれ、
1957年、売り出し中だった石原裕次郎さんを主人公とした、
映画「勝利者」「鷲と鷹」「嵐を呼ぶ男」
などで監督を務められると、映画は大ヒットを記録!

井上さんは、裕次郎さんを、
スターダムに押し上げられると同時に、
「日活アクション」の人気に貢献されたのでした。


香港でも活躍


その後、井上さんは、
1960年にフリーとなられると、

日活以外の、宝塚(配給は東宝)、
大映、松竹、東映の4社で活躍され、

1963年~1968年には、
「香港ショーブラザー社」で映画製作、


「香港ノクターン(1966)」のティーチ・イン風景。
左から2人目が井上監督。


1977年からは、
コマ劇場「金色夜叉」
帝国劇場「パノラマ島綺譚」
など、舞台の脚本や演出を担当、

さらに、テレビでも、

1976年「白い秘密」
1977年「江戸川乱歩の美女」シリーズ
1978年「大空港」
1980年「ハングマン」
1984年「京都マル秘指令 ザ新選組」

ほか、数多くの単発、連続ドラマで、
監督を務められています。


死去


ただ、1987年に、
映画「暗号名 黒猫を追え!」で、
監督・脚本をされた後は記録がなく、
どうされていたのか不明で、

2010年、
「脳出血」のため、86歳で他界。

告別式には、三國連太郎さん、宍戸錠さん、
浅丘ルリ子さん、近藤真彦さんら、約600名が出席。

近藤さんは、1983年に、
「嵐を呼ぶ男」のリメイクで、
主演を務められたことから、

息子というより、
孫をいたわるように教えていただきました。

監督に細かく教わったことを、
忘れないで伝えたいと思います。

と、コメントされています。

妻は?


ところで、井上さんの、
気になるプライベートですが、

井上さんは、1958年10月、
元宝塚歌劇団娘役で女優の、
月丘夢路(つきおか ゆめじ)さんと、
結婚されています。


披露宴での月丘さんと井上さん♪

お二人の馴れ初めなど、
詳しいことは分かりませんでしたが、

月丘さんは、ジャニーズ事務所の社長、
ジャニー喜多川さんと親交があり、

舞台などで、ジャニーズ事務所のタレントと、
よく共演されていたそうで、

その縁からか、井上さんも、1980年代、
近藤真彦さん主演の「嵐を呼ぶ男」のリメイクをはじめ、

ジャニーズタレント主演の映画で、
監督を務められています。

また、井上さんは、
「ルナ」という喫茶店を経営されていたのですが、

「ルナ」はスペイン語で「月」という意味なので、
もしかしたら、奥さんの名前から、
取られたのかもしれませんね♪

(ちなみに、月丘さんは、2017年5月3日、
 肺炎により94歳で他界されています)


娘は井上絵美


そんな井上さんと月丘さんの間には、
井上絵美さんという、娘さんがいらっしゃいます。

絵美さんは、料理研究家をされており、
フランスで、フランス料理、フランス菓子を学ばれると、
帰国後は東京・青山に、料理教室「エミーズ」を設立。

そのほか、食器やエプロンなどのキッチン雑貨や、
調味料をプロデュースされるなど、
お料理関係を中心に幅広く活動されているようです。


井上絵美さん

さて、いかがでしたでしょうか?

その生涯で、110本を超える映画と、
150本を超えるテレビドラマを監督され、
ピンク映画系を除けば、最も多くの映画を、
監督された井上さん。

お客さんが日頃の憂さを忘れ、楽しめる、
『娯楽映画』を追求されていたとのことで、

その徹底したサービス精神は、
「江戸川乱歩の美女」シリーズなど、
テレビドラマでも発揮されています。

ちょっと疲れた夜は、井上さんの映画やドラマを、
DVDで観てみられてはいかがでしょうか♪



  • LINEで送る
Sponsored Link

Sponsored Link

関連記事

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

カテゴリー

ブログランキング

↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑ 押して頂けると嬉しいです(*^_^*)

このページの先頭へ