寿美花代が認知症でおかしい?ろれつも?犯人の現在は?

Sponsored Link

1964年、突然、高島家を襲った惨劇に、現在も苦しめられている、寿美花代(すみ はなよ)さん。また、夫、高島忠夫さんの長年に渡る介護の末、ご自身もうつ病になりかけたことを明かされています。




「~長男は家政婦に殺害されていた~」の続き

殺害当日


犯行の当日、家政婦の少女は、
午前1時過ぎにお風呂に入り、

その後、自室に戻ると、
隣の部屋から道夫くんのぐずる声が聞こえたそうで、

部屋に行ったところ、
道夫くんが目を覚ましており、
足を掴んできたそうです。

(道夫くんは看護師と寝ていたそうですが、おそらく、
 看護師は熟睡中で、気が付かなかったものと思われます。)

少女は、この姿をかわいいと感じ、
道夫くんを抱きあげ、庭先へ出てあやすと、

その後、足が汚れたため、足を洗おうと、
道夫くんを抱いたままお風呂場に行き、
服を着たまま、道夫くんを湯船につけたのですが、

ふと、湯船の中で、
はしゃいでいる道夫くんを見て、

この子さえいなければ、
X子(看護師)が大切にされることもなくなり、
自分も以前のように高島夫妻にかわいがられる。

と、思ったそうで、

そのまま、道夫くんを湯船に沈め、
殺害したのでした。

そして、風呂から出た後、
物取りの犯行に見せかけるため、

室内を荒らされたように、
装ったのでした。

判決は?犯人の現在は?


少女は、当時、未成年ながら、
成人同様に殺人罪で起訴されると、

1965年6月、東京地裁において、
懲役3年から5年という、
不定期刑を言い渡されます。

ただ、少女は模範囚だったため、
3年後の1968年に仮出所し、
1970年には結婚。

(相手の男性は、すべてを知ったうえで、
 結婚したといわれています。)

その後、いくつかのメディアに対し、

高島さんに詫びる気持ちは生涯変わりません。

命日には、道夫ちゃんの写真の前に、
お花とかお菓子を添えて、深くお詫びしています。

これだけは一生欠かしません。
道夫ちゃん、高島さん、奥さま、本当にごめんなさい。

と、語っていたそうです。

そんな少女も、
2017年現在、すでに72歳。

子どもや孫に囲まれて暮らしているのか、
詳しいことは分かりませんでした。

後悔と苦しみの日々


一方で、寿美さんは、
2013年、事件を振り返り、

事件後には、赤ちゃんの泣き声や、

「ママー、苦しいよ」

という、いたずら電話に、
苦しめられたことを告白され、

私が一緒に寝てやらんかったから…
忠夫さんにそっくりでね…
なんで殺されなあかんかったのか…

と、後悔にさいなまれているとのこと。

また、事件以来、
いまだにお風呂につかることができず、
シャワーしか浴びれないそうで、

事件から49年(2013年時点)経っても、
なお、苦しめられていることを明かされています。

そして、事件の余波は、
寿美さんの三男である、高嶋政伸さんにも及んでおり、

政伸さんが、20代の頃、
とある女性が、

「犯人は、私、私」

と、あっけらかんに、
話しかけてきたことがあったのだとか。

政伸さんは、

「普通のおばさんだった」

と、おっしゃっており、

その女性が、本当に犯人だったのか、
ただの嫌がらせだったのかは不明ですが、

少なくとも、事件後、高島家が、
ずっと苦しんできたのには違いありませんね。

認知症?おかしい?ろれつも?


ところで、寿美さんを「おかしい」「認知症」で、
多くの方が検索されているようです。

というのも、寿美さんが、2013年、
お昼の番組「笑っていいとも!」(2014年3月放送終了)に、
出演された際には、終始、ハイテンションなご様子で、

昔、相当量のお酒を飲んだ後に、
車の運転をしたことを、笑いながら明かされ、
多くの視聴者から、ヒンシュクを買っています。

また、同時期に出演された、
トーク番組「ごきげんよう」では、

反応や表情が乏しく、
ぼんやりとした感じで、

その姿に違和感を感じた視聴者から、

「認知症ではないか」

と噂されているほか、
ろれつが回っていないとも言われています。


「笑っていいとも!」より。

ただ、2013年当時、寿美さんは、既に81歳なので、
普通の老化現象といえるかもしれませんね。

(ハイテンションで、飛んでいるのは、
 昔からなので(笑))

さて、いかがでしたでしょうか?

2013年には、ご主人の高島忠夫さんの、
介護の日々を追ったドキュメンタリー、
「忠夫さん、死ぬまで一緒やで
  ~寿美花代・献身愛で闘う夫の病~」

に、出演された寿美さん。

1998年に忠夫さんが重度のうつ病を発症し、
その後、パーキンソン病、不整脈を発症したことで、

寿美さんは、長年、
忠夫さんの介護を続けてこられ、

ご自身もうつ病になりかけたことが、
あったそうですが、

まずは、自分を守らなければ、
夫を救えないと思い直し、

それからは、自分の時間も大事にして、
好きな音楽を聴いたり、オシャレをして、
楽しむようにしておられるのだとか。

すでに80代も後半に差し掛かろうとしているとは、
思えないほどの若々しさの秘訣は、
そんなところにあるのかもしれませんね。

忠夫さんの介護はこれからも続きますが、
これからも、息を抜くところは抜いて、
その明るい笑顔を見せ続けてほしいですね。

応援しています!!



  • LINEで送る
Sponsored Link

Sponsored Link

関連記事

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

カテゴリー

ブログランキング

↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑ 押して頂けると嬉しいです(*^_^*)

このページの先頭へ