ふせえりの旦那は三木聡!娘は?若い頃はビシバシステム?ドラマ映画は?

Sponsored Link

1984年、「シティボーイズ」にスカウトされて、「シティボーイズ」の舞台に参加された、ふせえりさん。その後は、笑いのユニット「ラジカル・ガジベリビンバ・システム」を経て、1994年には、コントユニット「ビシバシステム」として活躍されていたのですが、結婚・出産を機に活動を休止されると、再開後は女優業に専念し、個性派女優としての地位を確立されています。




年齢は?出身は?本名は?


ふせさんは、1962年9月22日生まれ、
東京都大田区のご出身、

身長157センチ、

本名(旧芸名)は、
布施絵理(読み同じ)、

学歴は、
戸板女子短期大学被服科卒業、

趣味は、
日曜大工、ピアノ、

だそうです。


にっかつロマンポルノでデビュー


ふせさんは、中学時代から演劇部に所属し、
照明など裏方をされていたそうですが、

その後、女優を志されると、
1981年、にっかつロマンポルノ
「団鬼六・女美容師縄地獄」の端役でデビュー。

翌年の1982年には、
「俳優小劇場」の養成所に入所され、
本格的に演技を学ばれます。

ただ、すぐに退所されたのか、1983年には、劇団「言遊舎」や、
劇団「アートボックス」で新劇をされていたようです。


大竹まことや竹中直人と?


そして、1984年、
劇場でアルバイトの受付をされていた時に、

「シティボーイズ」大竹まことさん、きたろうさん、斉木しげるさん)
にスカウトされて、「シティボーイズ」の舞台「おおいばりの宮沢くん」
に出演されると、以降、「シティボーイズ」の舞台に立つようになるのですが、

稽古はとても厳しかったそうで、

「笑われているだけ。笑わせろ」

と、言われたことを、後に明かされています。

また、その後は、「シティボーイズ」、宮沢章夫さん、
竹中直人さんらによって結成された笑いのユニット、
「ラジカル・ガジベリビンバ・システム」に参加され、

1992年に解散するまで、
「スチャダラ」「亜熱帯の人々」ほか数多くの公演に出演。

その一方で、女優としても活動し、
その個性的な演技で引っ張りだことなられています。



お笑いコンビ「ビシバシステム」として活躍


そんなふせさんは、1994年には、
お笑いコンビ「ビシバシステム」の西田康人(現・緋田康人)さんが、
俳優業に専念するために脱退したことにより、
新メンバーとして加入すると、

相方の住田隆さんと、
新生「ビシバシステム」として活動を開始。

舞台だけにとどまらず、

「タモリのSuperボキャブラ天国」
「竹中直人の恋のバカンス」
「モザイクな夜V3」
「水曜どうでしょう」
「金魚のフン」
「デカメロン」


などのバラエティ番組にも多数出演されると、

真面目ながらもシュールな芸風が、
若い世代を中心に人気を博したのでした。




旦那は三木聡!娘は?


そんなふせさんの、
気になるプライベートですが、

ふせさんは、「シティボーイズ」の構成作家をされていた、
三木聡さんと1997年に結婚されています。


三木聡さん

お二人は、「シティボーイズ」の舞台で、
知り合い、交際に発展したそうですが、

ふせさんは、三木さんに会った時は、
出来るだけおもしろい話をするよう心がけていたそうで、
そんなところが良かったのかもしれませんね♪

そして、2001年に娘さんを出産されると、
主婦業と子育てのため芸能活動をセーブ。

「ビシバシステム」もこの頃に、
事実上活動停止となっています。

(女優活動は、2006年頃から徐々に再開されています)


出演ドラマ映画


それではここで、
ふせさんの出演作品をご紹介しましょう。

映画では、

1990年「3-4X10月」
1996年「友子の場合」
1998年「新生 トイレの花子さん」
2000年「まぬけの殻」
2002年「トリック劇場版」


「3-4X10月」より。(左から)ふせさん、
井口薫仁(ガダルカナル・タカ)さん、芦川誠さん。


2004年「花とアリス」
2005年「亀は意外と速く泳ぐ」
     「イン・ザ・プール」
2006年「タイヨウのうた」
     「ダメジン」


「亀は意外と速く泳ぐ」より。
(左から)岩松了さん、上野樹里さん、ふせさん。


2007年「悪夢探偵」
     「図鑑に載ってない虫」
     「Mayu -ココロの星-」
     「転々」
2008年「アキレスと亀 (映画)」
     「釣りバカ日誌19 ようこそ!鈴木建設御一行様」」


「転々」より。
(左から)松重豊さん、岩松了さん、ふせさん。


2009年「インスタント沼」
     「築城せよ!」
2013年「俺俺」
     「武士の献立」
     「麦子さんと」

テレビドラマでは、

1989年「教師びんびん物語II」
1990年「美少女仮面ポワトリン」
1991年「噺家カミサン繁盛記」
1993年「有言実行三姉妹シュシュトリアン」
1999~2004年「温泉へ行こう」


「温泉へ行こう」より。(左から)網浜直子さん、
ふせさん、加藤貴子さん、大田沙也加さん。


2000年「ナースのお仕事」
2002年「怪談百物語」
2003年「演技者。」
2004年「海峡を渡るバイオリン」

2005年「エンジン」
2006年「ダメジン」
2007年「弁護士のくず」
2008年「風のガーデン」
2009年「松本清張生誕100年記念作品・駅路」


「ダメジン」より。
(左から)ふせさん、市川実日子さん、片桐はいりさん。


2010年「マジすか学園」
2011年「スクール!!」
2012年「GTO」
2013年「幽かな彼女」

2014年「孤独のグルメ Season4」」
2015年「民王」
2016年「松本清張スペシャル・一年半待て」
2017年「全力失踪」
2018年「ラブリラン」


「民王」より。
(左から)ふせさん、相武紗季さん、高橋一生さん。



「ラブリラン」より。中村アンさんとふせさん。

ほか、数多くの作品に出演されています。

ちなみに、ご主人の三木さんが、
監督を務められた作品には、

映画
「亀は意外と速く泳ぐ」(2005年)
「転々」(2007年)
「インスタント沼」(2009年)


「インスタント沼」初日舞台挨拶より。(左から)三木聡さん、
風間杜夫さん、麻生久美子さん、松坂慶子さん、ふせさん。


テレビドラマ
「時効警察」(2006年)
「帰ってきた時効警察」(2007年)
「熱海の捜査官」(2010年)


「帰ってきた時効警察」より。(前列左から)ふせさん、オダギリジョーさん、
(後列左から)早織さん、緋田康人さん、光石研さん、豊原功補さん、麻生久美子さん。


と、全作品に出演されています。

さて、近年は、個性派女優として、
目覚ましい活躍を見せているふせさんですが、

ふせさんの人生のテーマは、
「人生は面白愉し!」ということで、

実は、ご家族のルールには、

「何があっても面白い事を言えばオッケー」

というのがあるほど、
常に笑いを追求されているそうで、

そんな地道な努力(なのか?)が、
現在の活躍に結びついているようですね♪

今後も、まだまだ、
ふせさんからは、目が離せません!!



  • LINEで送る
Sponsored Link

Sponsored Link

関連記事

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

カテゴリー

ブログランキング

↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑ 押して頂けると嬉しいです(*^_^*)

このページの先頭へ