穂積隆信の死因は?嫁は自殺!娘は病死!再婚は?積木くずし最終章で新事実?

Sponsored Link

1982年、著書「積木くずし」が300万部を売り上げる大ベストセラーとなり、一躍時の人となった、穂積隆信(ほづみ たかのぶ)さんですが、その後の人生も「積木くずし」一色だったようです。

「穂積隆信の若い頃は?声優?妻が3億持ち逃げ!積木くずしは娘の由香里!」からの続き

再婚するも・・・前妻は自殺!娘は病死!

その後、穂積さんは、1993年に、
7歳年下の美容師、玲子さんと再婚されると、

同年には、思い出したかのように、
著書「積木くずし崩壊そして・・・」を出版され、


積木くずし崩壊そして…

以降、細々と俳優業を続けておられたのですが、

なんと、2001年、娘の由香里さんから、

お母さんが死んだ・・・首を切ったみたい。血だらけなの。

お父さんは来ないで。マスコミに知られたら大変だから。
私がちゃんとやるから。

と、美千子さんの自殺を知らせる電話が。

(美千子さんは、奪った3億円で、共謀した自称会計士と共に、
 赤坂でクラブを経営するも、全て使い果たし、生活保護を受けていたそうで、
 預金通帳には2万円しか残っていなかったそうです)

こうして、穂積さんは、由香里さんを呼び寄せ、
妻の玲子さんと3人で同居を開始されたのですが、

2003年には、もともと腎臓を患い病弱だった由香里さんが、
「多臓器不全」のため他界。

実は、穂積さんは、「積木くずし」を書いたことを常々後悔し、
日々、自分を責め続けていたそうですが、
そんな穂積さんを支えたのが、由香里さんだったそうで、

火葬場では、棺に「積木くずし」の著書を3冊入れ、
由香里さんと永遠のお別れをされたのでした。

「積木くずし 最終章」で新真実?

そして、翌年、翌々年と、穂積さんは、

由香里の死そして愛―積木くずし終章」(2004)
積木くずし―親と子の二百日戦争」(2005)

と、「積木くずし」関連の著書を出版され、
これで、ようやく「積木くずし」も終結と思われたのですが・・・


「由香里の死 そして愛」の出版パーティーより。
(2004年9月23日 東京港区の新高輪プリンスホテル)

2012年には、またしても「積木くずし 最終章」を出版。


積木くずし 最終章

実は、穂積さんは、この「積木くずし 最終章」で、
自身が驚くべき事実を知ったことを書いておられるのです。

それは、穂積さんが2010年に、由香里さんの遺品を整理していると、
自殺した元妻の美千子さんが娘の由香里さんに宛てた遺書を発見されたそうで、

(遺書には、読み終えた後、燃やすように書かれてあったそうですが、
 由香里さんは燃やさずに残していたのでした)

  • そこには、なんと、由香里さんは穂積さんとの子ではなく、
    美千子さんの不倫相手である、自称会計士の男との間にできた子だったこと
  • そして、穂積さんとの新婚時代、多額の借金を作ってしまったことで、
    借金をネタにこの男にゆすられ、やむを得ず男と関係を持ち、
    由香里さんができてしまったこと
  • さらには、「積木くずし」が大ヒットして大金を得たことで、
    この事実をネタに男から脅迫され、穂積さんを裏切らざるを得なかったこと
  • そして、本当は今でも穂積さんを愛していること

などが書かれてあったというのです。

そして、穂積さんは、
このような告白本を出版された理由について、

積木くずしは30年以上前の話です。当時、大ベストセラーになって、
娘がそれに反抗して覚せい剤にまで手を染めてしまい、
そのことに対して最近すまない気持ちが湧きあがってきまして・・・

実は、あの最初の「積木くずし」を書いてから最近までは、

「やっぱり自分は正しかったんだ。
娘の由香里が更生できなかったのは本人が悪かったんだ」

と親の正しさを正当化していました。

それが段々年を経て、いろんなことがあって・・・

娘の由香里は亡くなる前に介護士の資格を取って、
お年寄りのために頑張ろうとしていたんですね。

彼女は親を恨むことを乗り越え頑張っていた矢先に、
病により人生の幕を閉じた・・・

それに比べて僕はどう変わっていったんだろうと・・・

由香里の母はお金を使い込んだ罪を感じ自殺しました。
その元妻を僕はどこかで恨んでいて許せなかったんです。

それが今回、元妻の遺書ともいえる日記が出てきて、
元妻が自殺した原因が分かったときに、
逆に申し訳ないと思うようになったんです。

なんていうか自分自身の罪深さを感じて・・・

とにかく今は、二人に僕の罪を素直に謝って死んでいきたいなと思い、
今回の本を書きました。

と、語られたのでした。

その後は?

そんな穂積さんのその後ですが、

穂積さんによると、現在の妻・玲子さんが、
2010年に「脳梗塞」で倒れて、「高次脳機能障害」となってしまい、
ご主人である穂積さんのことも認識できず、介護施設に入院されている状態。

以来、穂積さんは、週に3日、介護施設に通われているそうで、

年を取ると最後まで介護できるのかとの不安はありますが、
一緒にいると安心できます。

今は高次脳機能障害を抱えていて、幻想を見るらしいのですが、
その合間にすごく冴えたことを言ったりします。

表現の仕方が文学的になったりしていて、
一緒にものを考えることができて楽しいです。

今はお陰さまで無事に元気にやっています。

と、たったひとりのご家族を大切に過ごされているご様子でした。

さて、いかがでしたでしょうか。

娘は非行に走り、妻は不倫のうえ財産を奪ってその後自殺。
そして、間もなく娘も病死し、再婚相手も「高次脳機能障害」で、
自分を認識してくれない状態。

そのうえ、現在も多額の借金を背負わされ・・・

これだけ聞いていると悲惨極まりない話ですが、

穂積さんと由香里さんの顔が、
本当の親子のようにそっくりなことから、


左は若い頃の穂積さん、右は19歳当時の由香里さん。

「積木くずし 最終章」のストーリーは、
穂積さんがでっち上げたフィクションで、

死人に口なしと、亡くなった前妻や娘をネタに、
お金儲けをしているのでは、との噂もちらほら。

(ドキュメンタリーとして制作されたテレビドラマでは、
 穂積さんご本人が出演されていることからも)

真実は、穂積さんのみ知るところですが、
この噂が事実なら、「積木くずし」どころの怖さではないですね。

数多くのテレビドラマや映画で脇役をこなされた穂積さんですが、
「積木くずし」の主人公は、他ならぬ穂積さんだった!!
なんて・・・

死因は?

そんな穂積さんですが、2018年の8月頃、
体調を崩し、病院へ行かれたところ、

黄疸の症状が出ていることから、
「胆のうがん」との診断をされ、入院。

穂積さん自身、もう長くはないと悟られたようで、

(最後は)静かに死にたい。

と、おっしゃっていたそうですが、

それから間もない、2018年10月19日、
87歳で他界されています。

ちなみに、生前、穂積さんは、

医学の発展のため、(遺体は)献体してほしい。

と、おっしゃっていたそうで、
遺体は大学病院で検体に回されたそうです。

「穂積隆信の若い頃は?声優?妻が3億持ち逃げ!積木くずしは娘の由香里!」

Sponsored Link

Sponsored Link

関連記事

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ