中尾彬は少年時代に絵の才能発揮も長谷川一夫に弟子入り志願していた!


テレビドラマはもちろん、バラエティ番組や情報番組にも数多く出演し、マフラーをねじねじするスタイルでお馴染みの、中尾彬(なかお あきら)さんですが、実は、幼い頃から絵の才能を発揮しており、絵の道に進もうとしていた頃もあったといいます。

Sponsored Link

年齢は?出身は?身長は?本名は?

中尾さんは、1942年8月11日生まれ、
千葉県木更津市のご出身、

身長175センチ、

血液型はO型、

学歴は、
木更津市立第二小学校
⇒木更津市立第二中学校
⇒千葉県立木更津第一高等学校(現・木更津高校))
⇒武蔵野美術大学油絵学科(現・造形学部油絵学科)中退


高校時代の中尾さん。

趣味は、
万年筆集め、料理、読書、食べ歩き、相撲観戦、沖縄三味線、

特技は、
書、絵画(油絵、日本画)、陶芸、写真、落款製作、漆塗、

ちなみに、「中尾彬」は本名です。

ねじねじ

中尾さんといえば、「彬(中尾)巻き」と呼ばれる、マフラーをぐるぐるに巻いた、「ねじねじマフラー」がトレードマークですが、もともとは、1990年代前半、海外ロケの移動中に飛行機の中でイライラしながらマフラーをよじっていると、取れなくなってしまい、そのままにしているところを、共演者の神田正輝さんから、

オシャレだな(レストランのシェフみたいで)

と、ほめられたことがきっかけで、折からのネクタイ嫌いも相まって、あえて、ねじるようになったそうで、

今では、春夏秋冬、冠婚葬祭と、使い分け、葬儀の際は黒のマフラーを着用、夏の間は、「ねじねじ」がプリントされたTシャツを着用するなど、「ねじねじ」の所有本数は300本にものぼり、「ねじねじ」は、すっかり中尾さんの一部となっているようです。

(奥さんの池波志乃さんがこの巻き方を「ねじねじ」と呼んでいることから、最近ではこの呼名が定着しています♪)


ねじねじマフラーをした中尾さんと池波志乃さん。

ねじねじ万年筆?

また、中尾さんの趣味の一つに万年筆集めがあり、その数は50本で、なんと総額500万円以上もするそうですが(一番高い万年筆は1本56万円)、

中尾さんが、2007年に大病を患い、退院された際、島田紳助さんに、キャップのクリップ部分が、中尾さんのトレードマークである「ねじねじ」になっていて、ペン先に中尾さんの顔が描かれている万年筆を贈られたそうで、中尾さんは、この万年筆を、お金に変えがたい宝物として大切にされているとのことでした。


ねじねじ万年筆♪

中学生のとき長谷川一夫に弟子入りを志願していた

さて、中尾さんは、酒屋を営むお父さんのもと、5人兄弟の長男として誕生すると、小学生の時には、木を削った自作の筆で描いた絵が、絵画コンクールの「文部大臣賞」を2年連続で受賞するなど、早くから絵の才能を発揮されていたそうですが、

1950年、中学生の時、家の近所で、映画の撮影が行われているのを見て感動し、この映画で主演を務めていた、昭和の映画スター・長谷川一夫さんに、

大きくなったら俳優になりたい

と、いきなり、弟子入り志願。

ただ、長谷川さんには、

高校を出たら、またここに来なさい

と、やんわり断られてしまったそうです。

(中尾さんは、後に、長谷川さんのこの言葉の意味について、当時は、「単に時間の猶予を与えられたのだ」と思っていたが、現在では「高校の勉強は最低限勉強しておくべきものだから、しっかり勉強しなさい」という意味だったのだと、考えているそうです)

中・高校時代はスポーツ万能だった

そんな中尾さんは、中学生の時は、勉強はしなくても成績は良く、スポーツも得意だったそうで、高校進学後は、バレーボール部に入部し、キャプテンを務められていたそうです。

ただ、好きな女の子が陸上部だったことから、その後、陸上部へ転部。すると、陸上部部員として出場した走り幅跳びでも千葉県大会4位となり、国体にも出場するなど、スポーツ万能な少年だったそうです。

(ただ、あまりにもハードな練習だったため、血尿が出たそうです)

絵の才能を発揮するも「日活第5期ニューフェイス」に応募し合格

その後、中尾さんは、1960年、18歳の時、油絵「石の花」が千葉県美術展に入選し、翌年の1961年には、絵の道へ進むため、武蔵野美術大学油絵学科に入学。

ただ、それでも、俳優への夢が捨てきれなかったのか、1962年、20歳の時、「日活第5期ニューフェイス」のオーディションを受けると、応募者4000人の中から、見事合格。

こうして、中尾さんは、1962年、「日活」に入社されたのでした。

(同期には高橋英樹さんや松原智恵子さん、一期下には藤竜也さん、二期下には渡哲也さんと、錚々(そうそう)たるメンバーがそろっていたそうです)

Sponsored Link

「日活」を退社し絵画修業のためフランスに留学していた

そんな中尾さんは、後年、

(石原)裕次郎さんや小林旭さんみたいにスターを見ているから、昔の役者は“今に見ていろ!自分も”という強い気持ちがあった

と、語っており、

当時は、やる気満々で、同年、「夢がいっぱい暴れん坊」で映画デビューを果たされたのですが・・・

やはり、絵の道も捨てきれなかったようで、1963年、1年も経たずに「日活」を退社すると、武蔵野美術大学も中退し、絵の修業のため、フランスへ留学されたのでした。

「中尾彬の若い頃は「暴れん坊将軍」の悪代官役でブレイクしていた!」に続く

Sponsored Link

関連記事

サブコンテンツ

このページの先頭へ