雪村いづみの現在は?年齢は?三人娘?想い出のワルツでデビュー!


1953年、テレサ・ブリュワーのカバー曲「想い出のワルツ」でレコードデビューされると、たちまちヒットを記録し人気歌手の仲間入りを果たされた、雪村いづみ(ゆきむら いづみ)さん。その後も、「青いカナリヤ」「オウ・マイ・パパ」などのヒット曲を連発し、ポップス、ジャズ、カントリーなど様々なジャンルを歌うことができる実力派シンガーとして活躍されています。

Sponsored Link

年齢は?出身は?本名は?

雪村さんは、1937年3月20日生まれ、
東京府東京市目黒区大岡山(現在の東京都目黒区大岡山)のご出身、

身長162センチ、
体重43キロ、

血液型はB型、

本名は、
朝比奈 知子 (あさひな ともこ)、

愛称は、
本名から「トン子」「トンちゃん」

学歴は、
川村女学院中退、

趣味は、
ビーズアクセサリー作り、囲碁、

特技は、
絵画(油絵)、

だそうです。

裕福な家庭に育つも・・・

雪村さんのお父さんは、終戦後、通信社に勤められていたのですが、

その一方で、音楽を深く愛し、ギターやウクレレは、セミプロ級の腕前を持っておられたことや、進駐軍の関係者が家に出入りし、生の英語が飛び交うような家庭だったため、

雪村さんは、日常的に、音楽や英語に触れる環境で育たれたのでした。

父親が自殺し生活が困窮

しかし、1946年、雪村さんが9歳の時、お父さんが自殺し、雪村さんの生活は一転。

お母さんは洋裁店を開いて生計を立てようとするも、経営はうまくいかず、生活は困窮。雪村さんは、高校に通うことすら、できなくなってしまったのでした。

(高校受験には合格するも、学費が払えず、入学を断念したとも言われています)

歌手に目覚める

そんな雪村さんは、1952年、15歳の時、麻布の知り合いの家で、お手伝いさんを募集していることを知り、家計を支えるため、雇ってもらおうと訪ねられたそうですが、か細く小柄だったことで断られてしまいます。

がっかりした雪村さんは、新橋にある、「フロリダ」というダンスホールまで、とぼとぼと歩いて行かれ、お母さんの知り合いである、このダンスホールのマネージャーにアイスクリームをご馳走になっていると、突然、

あ、『ビコーズ・オブ・ユー』なら唄える!英語の歌が唄えるかもしれない。

と、ひらめいたそうで、

このダンスホールで歌わせてもらおうと、お願いされたのだとか。

すると、マネージャーは、すぐにOKしてくれたそうで、雪村さんはぶっつけ本番で歌うことに。

雪村さんは、

それで大きいマイクを前に一生懸命歌ったら、ダンスしていた人たちがみんな踊りを止めて、ステージに寄ってきてくれて、拍手してくれちゃったの!

で、「明日からおいで」って言われたのよ。だから、私はメイドさんになり損なった日に歌手になっているの。

と、当時を振り返っておられます。

(雪村さんが、なぜ、このダンスホールを訪ねられたのかは分かりませんでしたが、音楽好きのご両親の影響で、日頃から出入りされていたのかもしれませんね)

デビュー曲「想い出のワルツ」がヒット!

こうして歌手活動を開始された雪村さんは、同年5月、日劇ミュージックホールのレビュー「サンマー・スキャンダル」で、煙草売りの少女役に合格。

7月には歌手として初舞台を踏まれると、8月下旬には、芸能プロダクション「木倉音楽事務所」の社長、木倉博恭さんに見出され、同プロダクションに入所。

秋には、日劇「秋のおどり」や進駐軍クラブにも出演し、人気を博します。

(※1952年、渡辺プロダクションの社員だった木倉さんに見出され、一緒に「木倉音楽事務所」を設立したという話もあるようです)

そして、翌年の1953年4月、テレサ・ブリュワーのカバー曲「想い出のワルツ」でレコードデビューされると、たちまち20万枚の大ヒットを記録したのでした。


「想い出のワルツ」

以降、雪村さんは、

1953年「はるかなる山の呼び声」
1954年「青いカナリヤ」
1954年「オウ・マイ・パパ」
1955年「マンボ・イタリアノ」
1955年「チャチャチャは素晴らしい」

と、次々とヒットを飛ばし、一躍人気歌手となられると、当時の人気少女歌手であった、江利チエミさん、美空ひばりさんとともに「三人娘」と呼ばれ、その人気を不動のものにされたのでした。

「三人娘」として

また、歌手活動の傍ら、1953年には、「青春三羽烏」で映画デビューされると、

1954年「娘十六ジャズ祭り」
     「東京シンデレラ娘」

1955年「ジャズ娘乾杯」
     「歌まつり満月狸合戦」

など、音楽映画で立て続けに主演を務められ、

「ジャズ娘乾杯」では、「3人娘」のうちのひとり、江利さんと、


「ジャズ娘乾杯」より。(左から)寿美花代さん、
雪村さん、江利チエミさん、朝丘雪路さん。

「歌まつり満月狸合戦」では、同じく「3人娘」のひとり、美空さんと、それぞれ初共演を果たされています。

そして、1955年には、映画「ジャンケン娘」で、江利さん、美空さんとともに、3人で主演を務められると、映画は大ヒットを記録。


「ジャンケン娘」より。(左から)美空ひばりさん、
江利チエミさん、雪村さん。

続く、

1956年「ロマンス娘」
1957年「大当り三色娘」

そして、7年ぶりとなった1964年にも、「ひばり・チエミ・いづみ 三人よれば」
にも3人そろって出演され、話題を呼んだのでした。


「ひばり・チエミ・いづみ 三人よれば」より。

アメリカで話題に

その後、雪村さんは、理由は分かりませんでしたが、1959年にアメリカを訪れると、ダイナ・ショアの人気番組「The Dinah Shore Chevy Show」に出演し、芸能各紙から絶賛されます。

また、翌年の1960年には、全米縦断公演「ホリデイ・イン・ジャパン」のため、再渡米されると、初演直後から話題を呼び、

「ドルを稼げるはじめての日本人歌手」

と評されたのでした。

また、1961年には、一流写真家のロバート・キャパさんが撮影を担当し、日本人の芸能人として、初めて、「LIFE」誌の表紙を飾られています。


「LIFE」1961年5月8日号

Sponsored Link

80歳の現在も現役!

そして、帰国後の1964年には、ミュージカル映画「君も出世ができる」に出演されると、映画への出演はいったん途絶え、ミュージカルへと活動の場をシフトしていかれます。

ただ、歌手活動は、依然と精力的に継続され、1970年、「第一回東京国際歌謡音楽祭」では、最優秀歌唱賞を受賞。

さらに1972年には、「第1回東京音楽祭」でグランプリを受賞するなど、その実力を見せつけられています。

また、近年は、2006年、32年ぶりとなる映画、「そうかも知れない」に出演。

2014年には、佐野元春さんとのコラボレーションアルバム、「トーキョー・シック」をリリースされるなど、現在も、意欲的に音楽活動を継続中です。


佐野元春さんと雪村さん。

さて、いかがでしたでしょうか?

2013年でデビュー60周年を迎え、2017年には、80歳となる雪村さんですが、

佐野元春さんとのコラボは、ご自分からファンレターを書いて実現したということで、歌への衰えぬ情熱には驚かされるばかり。

それに、愛称の「トンちゃん」の名が示すとおり、とてもかわいらしい方のようですね♪

そんな雪村さんからは、今後も目が離せません!!

Sponsored Link

関連記事

サブコンテンツ

このページの先頭へ