石井ふく子の年齢は?父親は?若い頃は?ありがとうで水前寺清子と!


1947年に「大江戸の鬼」で女優デビューされるも、1949年には引退し、「日本電建」に就職された、石井ふく子(いしい ふくこ)さん。当時、「日本電建」は、TBSのスポンサーだったため、石井さんは収録現場に立ち、制作のアイディアを出されていたのですが、そのうち、TBSにその腕を認められてプロデューサーにスカウト。その後3年間は「日本電建」とTBSの二足のわらじで活動され、1961年からは正式にTBSに入社。以降、数多くのホームドラマをプロデュースされています。

Sponsored Link

年齢は?出身は?本名は?

石井さんは、1926年9月1日生まれ(2017年で91歳)、
東京府東京市下谷区(現在の東京都台東区下谷)のご出身、

血液型はA型、

学歴は、
東京女子経済専門学校、
(現在の新渡戸文化中学校・高等学校)

ちなみに、石井ふく子は本名です。

父親は?

石井さんのお母さんは、「分川本の君鶴」と呼ばれた、売れっ子の芸者、三升延さんで、
未婚のまま石井さんを出産されており、

石井さんは、働くお母さんの代わりに、おばあさんに育てられ、お母さんとおばあさんの3人で暮らされたそうです。


三升延さんと石井さん(5歳頃)

そして、石井さんが高校生くらいの時、お母さんは、劇団「新派」の俳優、伊志井寛(いしい かん)さんと結婚。

ただ、伊志井さんは、入籍される際、連れ子である石井さんの入籍を拒否したため、お母さんは、いったん、石井さんを祖母の籍に入れ、後に、石井さんを養子として迎えるという、複雑な手続きをされています。

石井さんは、伊志井さんとは、家族のように一緒に暮らされていたものの、血縁上においても、戸籍上においても、
他人であったようです。


石井さんと伊志井寛さん(ひな祭り)

長谷川一夫宅に居候~「新東宝」の女優としてデビュー

やがて、戦争が始まり、石井さん一家は山形に疎開。

石井さんが19歳のときには、戦争は終わるのですが、一家が帰京すると、元の家は空襲で焼け落ちてしまっており、住む家に困っていたところ、義父である伊志井さんが、友人で俳優の長谷川一夫さんに新宿で偶然再会。

すると、事情を知った長谷川さんに、自宅に来るように勧められ、長谷川さんの家に一家で居候することになります。

そして、ようやく生活が落ち着き、石井さんが就職先を探し始め、なかなか見つからずにいると、

長谷川さんから、

新東宝でニューフェイスを募集している、給料ももらえるから受けてみなさい、推薦しておく。

と言われ、「新東宝」を受験すると、合格。

石井さんは、1947年、長谷川さん主演の「大江戸の鬼」で、スクリーンデビューを果されたのでした。

「日本電建」に入社

ただ、石井さんは、華やかな映画の世界に馴染めず、たった2年で「新東宝」を退職。

1950年には、新聞広告を見て応募した、「日本電建」という会社に入社し、宣伝部に配属されるのですが、

この会社はTBSのスポンサーだったことから、TBSのラジオドラマの収録に立ち会うことがあり、(この当時はテレビはなく、ラジオしかありませんでした。)

現場におもしろさを感じていた石井さんは、よくスタジオに顔を出すようになったそうで、次第に、

次は何をやりましょうか

と、アイディアを求められるようになったのでした。

TBSのプロデューサーに

その後、テレビが開局すると、石井さんはTBSから、日曜劇場のプロデューサーになるよう勧められるのですが、
石井さんは、まだ「日本電建」の社員だったため断られると、TBSの社長が、直接「日本電建」の社長に掛け合われ、

「日本電建」の社長から、

君の才能はテレビで伸びるかもしれない、会社とテレビの仕事、掛け持ちでやってみろ。

と、言われたそうで、

石井さんは、月曜日から金曜日は会社の仕事、土曜日と日曜日はテレビの仕事、と休みなしで仕事を掛け持ちすることに。

そして、3年後の1961年には、「日本電建」を退職し、正式にTBSの社員となられると、

以降、

1965年~1980年「女と味噌汁」
1968年~1972年「肝っ玉かあさん」
1970年~1975年「ありがとう」
      1970年「カミさんと私」


「肝っ玉かあさん」より。(左から)京塚昌子さん、
山口崇さん、長山藍子さん。

1974年~1993年「おんなの家」
1976年~1984年「ぼくの妹に」
      1975年「はじめまして」
      1977年「家族」


「おんなの家」より。(左から)和泉雅子さん、
山岡久乃さん、杉村春子さん、奈良岡朋子さん。

1978年~1979年「道」
1979年~1980年「愛」
1980年~1981年「心」
      1981年「出会い」

など、数々のホームドラマを制作。

中でも、「渡る世間は鬼ばかり」は、1990年~2011年まで続く長寿番組となり、国民的な人気を博したのでした。


「渡る世間は鬼ばかり」より。(左から)野村真美さん、
藤田朋子さん、宇津井健さん、泉ピン子さん、中田喜子さん、長山藍子さん。

Sponsored Link

「ありがとう」

ところで、石井さんは、1970年~1975年まで、テレビドラマ「ありがとう」のプロデューサーを務められているのですが、

主人公を誰にしようかと思案していた、石井さんの目に留まったのが、当時、飛ぶ鳥を落とす勢いだった、歌手の水前寺清子さん。

ただ、超多忙だった水前寺さんとは、ゆっくり話す暇がない石井さんは、水前寺さんがお手洗いから出てきたところを

ドラマに出てくれないか

と、口説かれたのですが、

その口説き文句というのが、なんと、当時大スターだった水前寺さんに向かって、

あなたは美人じゃないところがいい

と、7回もの連呼。

すると、水前寺さんも、

おもしろい方だな

と思われたそうで、ドラマ出演を引き受けられたのだとか(笑)

ちなみに、この水前寺さんと山岡久乃さんが母娘を演じたホームドラマは、視聴率56.3%を記録しており、いまだに民放ドラマの歴代最高視聴率を誇っています。


「ありがとう」より。(左から)水前寺清子さん、
石坂浩二さん、井上順さん。

さて、いかがでしたでしょうか?

義理の父、伊志井寛さんが亡くなった時には、伊志井さんの実子に遺産の分配を求めるも、継子である石井さんには相続権が存在しなかったことを、著書「想い出かくれんぼ」に記されている石井さん。

数多くのホームドラマを手がけられたのは、このような複雑な生い立ちが、少なからず影響を与えたのでしょうね。

いまだ現役バリバリの石井さんですが、すでに、90歳をまわる高齢なので、お体には十分に気をつけながら、
活動を続けてほしいですね。

応援しています!!

Sponsored Link

関連記事

サブコンテンツ

このページの先頭へ