日本を代表する演技派女優、大竹しのぶ(おおたけ しのぶ)さん。「魔性の女」や「恋多き女」と言われることが多い彼女ですが、プライベートはどんな感じなのでしょうか?


そんな大竹さんの、
気になるうわさを中心に調べてみました!

Sponsored Link

結婚歴は?

大竹さんは2回結婚されています。
1度目は、元TBSのプロデューサーで、
服部清治さんという方です。

1982年にご結婚されていますが、
1987年にご病気で亡くなったそうです。

そして2度目は、明石家さんまさん。

大ヒットドラマ「男女7人夏物語」の共演で知り合い、
1988年に結婚されましたが、
1992年に離婚されています。

「男女7人夏物語」より。(後列左から)奥田瑛二さん、明石家さんまさん、片岡鶴太郎さん、
(前列左から)小川みどりさん、池上季実子さん、大竹さん、賀来千香子さん。

離婚の原因は、二人の価値観の違いを、
埋めることができなかったことのようです。

主婦業と育児に専念していた大竹さんですが、
やっぱり女優をあきらめることができなかったそう。

主婦って大変な仕事なんだけど、女優に比べると喜びが少なかった。
次第に「お芝居がしたい」とむずむずしてきた。

と、おっしゃっています。

娘のIMALUさんが1歳半くらいになると、
「また、お芝居がしたいな」という気持ちがわいてきて、
さんまさんに打ち明けたそうです。
さんまさんも了解してくれたのですが、

家庭では女優を捨てて欲しい。

とさんまさんは、願っていたそうです。

なので、大竹さんも、
主婦業や育児をがんばっていたのですが、

次第に、後ろめたい気持ちで女優をするのが、
耐えられなくなっていったといいます。

一生女優でいたい。

大竹さんは、はっきりと、
自分の気持ちが分かったのでしょうね。

長男は?

大竹さんには、IMALUさんの他に、
もう一人お子さんがおられます。

亡くなった元旦那さんとの間にできたお子さんで、
二千翔(にちか)さんというそうです。

さんまさんと再婚されたときも、
二千翔(にちか)さんを連れての再婚で、

離婚されたときも、二千翔(にちか)さんとIMALUさんを、
大竹さんが引き取ったそうです。

さんまさんとの仲もすごく良好とのことで、
大竹さんとご結婚されている間は、
実の我が子のようにかわいがっておられたそうです。

さんまさんってやっぱりテレビでのイメージどおり、
明るくて、心の大きな方なんですね。

ちなみに、二千翔さんは、
大竹さんとIMALUさんのマネージメントをされていたようです。

その後、IMALUさんは、歌手としての活動を広げるため、
別の事務所に移籍されています。

さんまと仲良し?

大竹さんは、離婚後も、
さんまさんとの仲は良好のようです♪

家族4人で、
お食事に行ったりもされているようです。

お互い嫌いになって別れたわけではないし、
しっかりと話し合った末の離婚と思われますので、
変なわだかまりがないのでしょうね。

夫婦として一緒に生活するのは無理だったけど、
お互いのことは認め合っているのかもしれません。

演技力は?

さて、大竹さんの演技の評価は、
どのようなものでしょうか?

大竹さんは、テレビドラマよりも、
舞台のほうが、演技の才能を発揮できる方のようです。

ステージでの立ち振る舞いとか、声の出し方、リアクションが、
すごく大きいですよね。

そして、大竹さんの場合は、
天性のものがすごく大きいようで、
圧倒的な演技力で、
観客が惹きつけてしまうのだとか。

生まれながらに女優なんですね♪

Sponsored Link

性格は?

そんな大竹さんは、
どのような性格なのでしょうか?

おっとりした話し方はすべて演技。
とにかく頭の回転が速く、立て板に水、のように会話をする。
機転が利き洞察力がすごい。
これと思った男は絶対に手に入れる激しい性格の持ち主。

と、発掘当時のマネージャーは言っていたそうです。

それが全てではないでしょうが、
なんとなく納得(^^;)

これが、「魔性の女」「恋多き女」と、
言われるゆえんなのでしょう。

波乱に満ちた大竹さんの半生は、
大竹さん自身の性格によるものなのかもしれませんね。

それでも、ますます演技に磨きがかかり、
輝いているように見える大竹さん。
すべての辛いことも、
飲み込んでしまえるくらいのパワーを感じます。

これからもそのパワーで、
女優道を突き進んでほしいですね!!

Sponsored Link