久米宏の現在は?嫁と本出版?子供は?ラジオなんですけど!


人気絶頂だった1985年に「ザ・ベストテン」を自ら降板されると、同年「ニュースステーション」のメインキャスターを務め、新境地を開拓された、久米宏(くめ ひろし)さんですが、実は過去にはスキャンダルが報じられたことがありました。それは一体・・・

「久米宏が横山やすしと?ベストテン降板理由はニュースステーション?」

Sponsored Link

嫁は?

久米さんの気になるプライベートですが、久米さんは、1969年、当時、スタイリストだった、麗子さんと結婚されています。

実は、麗子さんは、20代の頃にはファッションモデルもされていたようですが、お二人が知り合われたのは、お仕事ではなく、大学生の時とのこと。

そして、結婚後は、久米さんのお母さんと3人で暮らされていたのですが・・・
(久米さんのお父さんは結婚の翌年1970年に他界されたそうです)

不倫発覚で融資凍結?

1981年には、久米さんの不倫が報道されます。

実は、久米さんは、当時29歳だったキャスタードライバー(久米さんが司会をしていたラジオ番組の移動中継車のドライバーで、背がすらりと高く、目の大きな派手な顔立ちの美人)と6年に渡って不倫関係にあったそうですが、

1981年、この不倫相手が、久米さんの赤坂の事務所を訪れ、奥さんとの離婚を迫ったそうで、久米さんが離婚に応じないと分かると、なんと、睡眠薬を飲み、トイレで左手首を切って自殺を図ったのです。

ただ、驚いた久米さんがすぐに救急車を呼び、傷が浅かったこともあり、不倫相手は3日ほどで退院し、無事だったのですが、この出来事により、不倫が明るみに出てしまい、取材陣が殺到。

この騒動で、久米さんは、しばらく謹慎を余儀なくされると、自宅にまで大挙押し寄せる取材陣に怯え、自宅の中で震える日々を送ることになり、

(この事件で久米さんは取材陣ともめ、以降、インタビューなどにほとんど応じなくなったそうです)

さらには、当時、久米さんは神奈川県川崎市に住んでいて、フリーに転身したのをきっかけに自由が丘に転居しようと地元の銀行に融資を申し込んでいたのですが、銀行は一度は許可していた融資を、この騒動で久米さんの仕事がなくなったとみて凍結。すでに家の購入も決まっていた久米さんは、相当、銀行ともめたのでした。

(その後、銀行の融資がどうなったのか、詳しいことは分かりませんでしたが、自由が丘に住まれてはいたようなので(現在は恵比寿)、何とかお金の融通は出来たのでしょう。)

ただ、その後は、「ニュースステーション」が始まり、硬派なキャスターとしてのイメージが定着したことで、次第にこのスキャンダルは世間から忘れられ、

奥さんの麗子さんとは、(離婚したという噂が流れるも)1999年に久米さんのお母さんが他界された後も、夫婦二人で暮らされ、2001年には、共著「ミステリアスな結婚」を出版されていることから、意外と、雨降って地固まり、仲良くされているのかもしれませんね。

ちなみに、麗子さんは、「子宮内膜症」「子宮筋腫」を患って子宮摘出手術を受けられたようで、久米さんと麗子さんの間にはお子さんはいらっしゃいません。


ミステリアスな結婚 (講談社文庫)

ラジオなんですけど

ところで、久米さんは、2004年に「ニュースステーション」の放送が終了すると、2006年からは、ラジオ番組「久米宏 ラジオなんですけど」のパーソナリティーを担当されているのですが、

この番組は、久米さんが、タブーなしでトークに挑み、メディア・カルチャーへの批判を繰り返すという、まさに、久米さんワールド全開。

さすがに、お年のため、ちょっと滑舌が悪くなっていて、聴き取りづらさも否めませんが、東京オリンピックに反対し続けるなど、昔以上に、久米節が炸裂しているとのこと。

ちなみに、ギャラは、「久米宏」という冠がついていることで、通常より5割増の1本70万~80万円とのことで、現在も「久米ブランド」は健在ですね。

Sponsored Link

現在は?

さて、2017年には、週刊誌に、終活をしていることが報じられた久米さんですが、

長男である久米さんは、2017年3月頃、都心の由緒あるお寺で、久米さんと奥さんが入る予定となっている、いわば、生前墓を購入し、一族のお墓の墓石を移動されたそうで、

子どもがいない久米さんご夫婦は、永代供養での購入となり、墓石の移動代などを含めると約2000万円とのこと。

いつまでも若々しい久米さんなので、終活なんてまだ早いと思ってしまいますが、もう70代も半ば。そんなことを考えなくてはいけない年齢なのですね・・・

とはいえ、お元気なうちは、どうか、まだまだ「久米節」を聞かせてほしいものです♪

Sponsored Link

関連記事

サブコンテンツ

このページの先頭へ