山下真司の嫁は?息子が自殺していた!原因は羽賀研二?


1984年に「スクールウォーズ」でブレイク後も、数多くの作品に出演されるほか、バラエティでも活躍されていた、山下真司(やました しんじ)さんですが、プライベートでは、奥さんの連れ子が自殺するという不幸に見舞われています。そして、その原因は・・・

「山下真司の若い頃は太陽にほえろ!スクールウォーズほか出演ドラマ映画は?」からの続き

Sponsored Link

嫁は?息子は?

山下さんは、1988年に、7歳年上の一般女性と結婚されています。

実は、その女性は再婚で、19歳の連れ子(森部達也さん)がおり、その連れ子の森部さんは、その後、山下さんの付き人となると、1992年には、ビデオ映画「湾岸ミッドナイト」で俳優デビュー。

1995年には、テレビドラマ「あした家族になぁれ」で、山下さんと親子共演も果たし、

お互い、

「真司さん」
「達也」

と、下の名前で呼び合うほか、

インタビューで、森部さんは、山下さんについて、

「何でも相談できる」

と、明かされるなど、良好な関係を築かれていたのですが・・・

息子(連れ子)が自殺

その後、森部さんは俳優活動はやめ、宝石関連の会社に就職されていたのですが、

2008年3月10日、森部さんが勤務する宝石関連会社から、

(森部さんと)連絡が取れない

と、奥さん(森部さんのお母さん)に連絡があり、

奥さんが東京都世田谷区の森部さんのアパートを訪れると、なんと、ネクタイで首をくくり、亡くなっているのを発見。

その後、検視の結果、森部さんは3月8日に、「突発性心臓発作」で亡くなっていたことが判明し、室内には遺書もあったことから、警察に自殺と断定されたのでした。

Sponsored Link

自殺原因は羽賀研二?

遺書の内容は公表されておらず、なぜ、森部さんが自ら命を断ってしまったのかは分かりませんでしたが、

実は、森部さんの実のお父さん(山下さんの奥さんの前夫)は、大手電子機器メーカー「ミツミ」の創業者の森部一氏で、お父さんが1991年に亡くなると、4男だった森部さんは莫大な財産の一部を相続。

その財産を元手に、以前から親交があった、恐喝未遂罪などで起訴された羽賀研二(本名当真幹夫)被告から勧められて、ウェルネス社(医療コンサルタント会社)の未公開株を大量に購入し、億単位の損害を被っていたそうで、この損害が自殺の原因なのかもしれません。

ちなみに、森部さんが、羽賀被告より先に、2000万円分のウェルネス社の未公開株を購入されると、その後、羽賀被告も購入。

そして、ウェルネス社の雲行きが怪しくなった後も、羽賀被告が8000万円を追加出資したことから、森部さんも、羽賀さんに乗せられるように、億単位に上る金額を追加出資したそうですが、その後、ウェルネス社は破綻。
森部さんは多額の損失を被ってしまったのでした。

また、森部さんは、目黒区に所有していた、3億6000万円ともいわれるマンションを、半値近い破格の金額で、
羽賀被告に売却していたことも明らかとなっているのですが、

山下さんは、森部さんの自殺と羽賀さんとの関係について、

無関係だと思います。そういうふうに考えないようにしています。

と、絞り出すように答られています。

(山下さんは、森部さんが、未公開株で、大損したことについては知らされていなかったそうです)

さて、いかがでしたでしょうか?

義理の息子とはいえ、可愛がっていた息子に、肝心なことは何も打ち明けられず、自殺されてしまった山下さんの気持ちは、いかばかりだったことでしょう。

2016年に、「泣き虫先生の7年戦争 スクール☆ウォーズ Blu-ray BOX」
の発売が決まると、山下さんは、「Blu-ray BOX」発売にあたり、

「信は力なり」を信じて、愛を与え合えば、家庭だって、会社だって、世の中すべてうまくいくのだろうに、なかなかそういかないのが現実だからね。

だからこそ、皆で、「スクール・ウォーズ」を観てもらいたいね(笑)

と、熱く語っておられましたが、

ほんと、おっしゃる通り。

是非この機会に、山下さんの熱血教師ぶり、ご覧ください!!

「山下真司の若い頃は太陽にほえろ!スクールウォーズほか出演ドラマ映画は?」

Sponsored Link

関連記事

サブコンテンツ

このページの先頭へ