2020年3月30日からスタートのNHK連続テレビ小説「エール」で、初のドラマ出演が決定していたほか、同年12月には主演映画「キネマの神様」の公開が予定されるも、
2020年3月29日の夜、静かに息を引き取った、志村けん(しむら けん)さん。今回は、そんな志村さんを偲ぶ追悼番組についてご紹介します。

「志村けんのコロナ感染経路疑惑を北新地と銀座のママが否定!」からの続き

Sponsored Link

「志村けんさん追悼特別番組 46年間笑いをありがとう」

2020年4月1日、志村さんの追悼番組「志村けんさん追悼特別番組 46年間笑いをありがとう」が生放送されました。

番組は、志村さんと親交が深かった、加藤茶さん、仲本工事さん、高木ブーさん、研ナオコさん、いしのようこさんが出演し、「ザ・ドリフターズ」時代のコントのほか、「志村けんのバカ殿様」「志村けんのだいじょうぶだぁ」でのコントの映像を通して、志村さんを偲ぶという内容だったのですが、

時代劇のコントを見ていた加藤さんが、

ものすごい面白いですね。こんなに笑っていいんですかね

と、爆笑すると、

仲本さんも、

面白いね。すごいね。リズムが速いし、一つ一つに全部アクションがついている

と、絶賛。

また、研ナオコさんは、志村さんが、収録中、カメラに映っていないところで変な顔をしてきたことを明かし、

笑かしちゃう雰囲気に。アレにのっちゃう

と、語られたのでした。

加藤茶の弔事が泣ける

そして、番組の最後には、加藤茶さんから、

志村、ひどすぎるぞお前。一番若いお前が俺たち差し置いて天国に行っちゃうなんてな。まだオレたちと一緒にやらなきゃならないことがたくさんあっただろうに。それを勝手にひとりで先にいっちゃうなんて。

お前はバカだよ。天国の長さん(いかりや長介さん)も、まさかお前が最初に来るなんて思ってなかっただろうな。びっくりしたと思うよ。長さんの次は高木ブーだと思ってたもんな。

でも久しぶりに2人っきりでいろんな話ができるから長さんも喜ぶんじゃねえかな。ま、いずれそう遠くないうちにオレたちもそっちに行くと思うから、それまで長さんと酒でも酌み交わしながら、ドリフの新しいネタでも考えといてくれよ。

5人がそっちに全員集合したら、そっちのお客さんを大爆笑させようぜ。約束だぞ。じゃ、それまでゆっくりと休んでくれ。大好きな志村へ。(全文)

と、弔事が贈られたのですが、

加藤さんの弔事を受けて、コメントを求められた仲本さんは、

まったく同じですね

と、しんみり。

ただ、高木さんが、話し出すまで、少し間があったことから、

加藤さんが、

今、完全に寝ていたよ

と、ツッコミを入れると、

オレ決めたの。決めました。46年だっけ。ドリフターズとして志村と一緒にやってたの。志村は死なないの。ずっと生きてる

と、高木さんならではの表現で、志村さんを偲ばれたのでした。

瞬間最高視聴率27%を記録

ところで、この「志村けんさん追悼特別番組 46年間笑いをありがとう」は、追悼番組でありながら、和気あいあいとした雰囲気で進行したこともあってか、世帯視聴率は関東地区で21.9%、瞬間最高視聴率は27.3%を記録。

この近年まれに見る現象について、ワイドショー関係者は、

若者を中心にテレビ離れが進んでいるなか、4,000万人(番組を1分以上視聴した到達人数(推計))の視聴は驚異的な数字です。地元・東村山市の駅前に置かれた献花台には老若男女がひっきりなしに訪れ、(志村さんが)いかに多くの国民から愛されているかがうかがえます。

と、語っておられました。

Sponsored Link

コロナ禍での笑い提供に視聴者から感謝の声が殺到

そして、コロナ禍で不安な日々が続く中、この追悼番組を見た視聴者からは、

心配性なので、コロナ疲れしてきたところなのですが、志村さん追悼番組で久しぶりに笑えたしその反動で泣いて涙活もしたので少し心が軽くなったような気がします

本当に番組見ていた時はコロナも忘れたし、不安な仕事の現況を忘れたよ

追悼番組でゲラゲラ笑って、コロナ疲れから救われたかも 志村さんありがとう

志村さんの追悼番組、沢山のコントが流れてて、近年のコロナ疲れが吹き飛んでます! 最後の最後まで、本当にありがとう!!

と、志村さんへ感謝の声が殺到したのでした。

「志村けんと相葉雅紀の親子のような深い絆が泣ける!」に続く

Sponsored Link