本田博太郎!近松心中物語!妻は?息子は?グループ魂とは?


シリアスな役からコミカルな役、現代劇から時代劇、そして、北京原人まで演じられる、ベテラン俳優の本田博太郎(ほんだ ひろたろう)さん。その演技の幅は広く、どんな役でもこなせてしまい、圧倒的な存在感を放っておられます。書道家としての顔も持ち、毛筆題字も数多く手がけられています。


役者になることを夢見て、
高校卒業後、すぐに上京された本田さん。

様々なアルバイトをしながら、生計をたてられていたそうですが、
俳優として、なかなか芽が出ず、
アルバイト生活は10年も続いたのだそうです。

Sponsored Link

近松心中物語!

1979年、本田さんが29歳の時、
蜷川幸雄さん演出の舞台「近松心中物語」で、
主演の平幹二郎さんが、突然、腰を痛めて降板され、
本田さんが主演に大抜擢されます!

その日までは、平さんの演技を、
ずっと舞台袖から見ていた本田さん。

翌日からは、ご自分が主役という、
大チャンスを掴まれたのです!

そして、公演を成し遂げられ、
舞台は絶賛の嵐!

本田さんは、
瞬く間にスターの仲間入りを果たされたのでした。

その後、同じく、蜷川幸雄さん演出の、
「ロミオとジュリエット」で、
ゴールデン・アロー賞(演劇新人賞)を受賞されるという、
快挙も成し遂げられました。

実は、本田さんは、
「近松心中物語」を最後の舞台に、
俳優をやめて、郷里に帰ろうと思っておられたのだとか!

運命の導きで大きなチャンスを掴まれ、
その波に乗った本田さん。
そんな本田さんについて調べてみました!

妻は?

奥さんについて、調べてみましたが、
詳しいことは分かりませんでした。

奥さんの情報を明かされておりませんので、
一般の方のようです。

本田さんが「近松心中物語」でブレイクされた1979年には、
すでに3人のお子さんがいらっしゃったことや、

本田さんがインタビューで語っておられたことなどを
総合して判断すると、
1972~3年頃にご結婚されたのではないかと思われます。

高校卒業後、すぐに上京され、様々なアルバイトをしながら、
役者としての下積みをされていた本田さんを、
支えてこられたのでしょう。

本田さんはインタビューで、
連れ添ってくれた奥さんに、奥さん孝行をしたいこと、

そして、奥さんのおかげで肉体的に健康であることを
語っておられました。

ネット上で愛妻家とうわさされていることが、
本当だとわかりますね!

息子は?

さて、本田さんには、
3人のお子さんがいらっしゃいます。

そのうちの一人は、
俳優の本田大輔(ほんだ だいすけ)さんです。

1978年生まれで、
1998年に、映画「がんばっていきまっしょい」
でデビューされました。

2005年には、映画「イントゥ・ザ・サン」で、
ハリウッドにも進出されたそうです。

お父さんの博太郎さんと同じで、
とても存在感のある演技が魅力です♪

雰囲気もとても良く似ておられますね。
息子さんのこれからの活躍も楽しみです。

Sponsored Link

グループ魂とは?

「グループ魂」とは、松尾スズキさんが主催する、
「劇団大人計画」の俳優たちで結成された、バンド名です。

メンバーに、演技派俳優の阿部サダヲさんや、
人気脚本家の宮藤官九郎さんがおられるのですが、

なんと、本田さんの活躍ぶりに敬意を表して、
歌を作ったというのです!

タイトルは、
「本田博太郎~magical mystery UPAAAAAAAAA!!!!!~」

ここで一部抜粋した歌詞を少し紹介します。

「犯人なのか、犯人じゃないのか
犯人に見えて犯人じゃないのか
そう思わせといて、やっぱり犯人なのか
あー分からねえ 複雑すぎるぜ あんたの演技
本田博太郎」

「刑事なのか、刑事じゃないのか
刑事でありつつ黒幕なのか
そう思わせといて、やっぱり犯人なのか
あー難しい 難解すぎるぜ あんたの表情
本田博太郎」

「2時間見ても分からねえ 再放送でも分からねえ
あんたの気持ちが分からねえ あんたが一番ミステリー」

「原人なのか 現代人なのか
原人に見えて 現代人なのか
そう思わせといて やっぱり犯人なのか
あーイライラする 必要なのか 特殊メイク
本田博太郎」

と、本田さんがドラマで演じられた、
役柄を歌っているようです(^^)

作詞されたのが宮藤官九郎さんということで、
さすが、クドカン、ユーモアが冴え渡っていますね!

そのうえ、この歌のPVには、
本田さん本人も出演されているのだとか!

なんだか、本田さんのお茶目な一面が伺えますね(^^)

演技派俳優の名前を、ほしいままにしておられる本田さんですが、
どれほど経験を積んでも、「自分はセミプロ」と思って、
全力で取り組むように心がけておられるのだそうです。

まだまだ発展途上。これからが勝負です。
もっと自分を磨かないとね。

と語っておられた本田さん。

大成功を収めてもなお、天狗にならず、
謙虚で、それでいて、攻めの姿勢に、
本田さんのお人柄が垣間見えた気がしました。

本田さんの快進撃はまだまだ続きます!
今度はどんな役を演じて私達を魅了してくれるのでしょうか?

本田さんのこれからが、ほんと楽しみです!
ご活躍を期待しています!!

Sponsored Link

関連記事

サブコンテンツ

このページの先頭へ